Twitter広告運用|インターネット広告代理店アイレップ

Twitter広告 Twitter Advertisement

こだわり多くの実績から蓄積したノウハウを生かし、最適なアプローチを実現

多種多様な会話が繰り広げられるTwitter上には、顧客のあらゆるニーズが溢れています。アイレップは、早期にTwitterというプラットフォームにポテンシャルを見出し、Twitterユーザーとプラットフォームを研究してきました。その結果を生かし、Twitter広告を活用した顧客への最適なアプローチを実現します。

解決のポイント認知から獲得までフルファネルで課題を解決

Twitterは「拡散」というイメージが強いメディアですが、認知から獲得までフルファネルで活用できるプラットフォームです。日々バズコンテンツが生み出され、なにかと話題になるTwitterをマーケティングに活用する企業も多く、広告出稿量も増加しています。一方で、Twitterの文化に馴染んだ広告を出稿できていない、成果が頭打ちなどの課題が顕在化しています。アイレップでは、独自のナレッジを生かし、フルファネルで対応可能な幅広いソリューションを提供します。

成功の法則認知目的と獲得目的を分けない全体視点での運用実施

多くの企業が認知/獲得に目的を分けた広告配信をしています。しかし、目的を分けた配信は、Twitter上の会話に沿わずユーザーからのアクションにつながりにくい傾向があります。広告設計をする際には、認知目的から獲得目的まで全体を通したコミュニケーション施策を実施することがポイントです。全体視点で一貫性のある運用を行うことで反応率の高い広告配信が実現可能です。

独自性・優位性独自の見込み顧客発掘ツールを活用した、運用効率化・広告効果を最大化する配信手法

アイレップでは、「Handle M@p(ハンドルマップ)」や「KeywordScope(キーワードスコープ)」という独自のTwitter広告プランニングツールを開発し、これらを活用した新たな顧客発掘において効率化を実現します。

また、DACが保有する「AudienceOne®」をTwitterに連携させることで、顧客のデータに加え、グループ各パートナーに蓄積されたユーザー行動情報を利用した精度の高いターゲティング広告の配信を実現しています。

解決のプロセスクリエイティブ/ターゲティングにおけるPDCAサイクルを回し、成果改善を実現

  • Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)のサイクル(業務改善サイクル)
準備
  • フォーマットの選定
  • クリエイティブの方向性決定
初期設定
  • キャンペーン作成
  • ターゲティング戦略
  • 広告セット設計
  • 入札戦略
  • クリエイティブ戦略
効果検証/改善施策
  • 獲得効率の良いキャンペーンの検証
  • 予算配分
  • キャンペーンの細分化
  • Sherpaの活用
  • 配信ターゲットの精度向上

責任者メッセージ

Twitterは他メディアと比較しても、広告運用方法の独自性が際立つプラットフォームです。アイレップは、その独自性に則したツールを自社開発し、私たちの強みを生かした広告運用を実施します。

関連サービス