LINE広告 LINE Advertisement

こだわりプラットフォームの特性を理解した運用戦略

メディアとの密なコミュニケーションや実績を参考に、綿密な運用戦略を構築します。運用設計やクリエイティブだけではなく、配信時間の調整やCTRを維持するための施策などを駆使することで、広告効果の最大化を実現します。これは、プラットフォームの特性を理解しているアイレップだからこそご提供できるサービスです。また、LINEアカウントADについても、LINEというメディア特性に沿ったコミュニケーション設計・クリエイティブ制作が可能です。

  • Click Through Rate(クリック率)

解決のポイントLINEの特性を生かした新規ユーザー獲得による顧客の事業拡大

LINEはほかのメディアではリーチできない独自のユーザーを多数保有しているという特徴があります。そのLINEで、アイレップが持つ独自の運用戦略を駆使したプロモーションを展開することで、新規ユーザー獲得を推進し、顧客の事業拡大に貢献します。

成功の法則プラットフォームの特性を生かした「4つの勝ちパターン」

LINE広告の運用効率最適化のための「4つの勝ちパターン」

  1. 実績にもとづいたストラクチャ設計
  2. クリエイティブ制作ノウハウ
  3. 動画戦略
  4. 配信時間などの独自ロジック

独自性・優位性Data Provider Partnerに認定されたDMP「AudienceOne」活用

グループ会社であるDACが保有する国内最大級のデータマネジメントプラットフォーム AudienceOneは、LINE社がLINE Ads Platform(以降、LAP)の販売・開発のパートナーを認定する「Marketing Partner Program」において、Data Provider Partnerに認定されたことで、従来不可能とされていた外部データの活用が可能になりました。ユーザーの外部サイト閲覧状況から、趣味嗜好、属性などを推計し、広告配信へ使用することが可能なほか、プライベートDMPとして活用することで、CRMデータを使ったリテンション施策、LAP流入ユーザーの詳細分析を実現します。

  • Customer Relationship Management(顧客関係管理)

アカウント運用最適化サービス「Social Dig Connection」

アイレップが開発したアカウント運用最適化サービス「Social Dig Connection」は、ターゲット分析からユーザーへ送信するメッセージ作成、その後のアカウントを活用したコミュニケーションの最適化までを包括的に対応します。これにより、LINEアカウントADを活用したマーケティング効果最大化を支援します。

解決のプロセス実績にもとづいた段階的な運用戦略

調査フェーズ
  • 迅速なユーザーデータ蓄積
  • 成功クリエイティブの発見
施行フェーズ
  • 蓄積したデータを使った配信ボリュームの最大化
  • 仮説に基づいたクリエイティブ施策
運用フェーズ
  • 獲得効率のさらなる最適化
  • 新規クリエイティブ訴求軸の発見・開発

責任者メッセージ

LINE Ads PlatformやLINE公式アカウントはアイレップの最注力分野のひとつです。私たちが培った運用力と、LINE社との強力なパートナーシップを持つDACの強みを掛け合わせて、顧客の成果改善に取り組んでいます。