Facebook広告運用|インターネット広告代理店アイレップ

Facebook広告 Facebook Advertisement

こだわり配信最適化のロジックに則したユーザーベースの広告配信

アイレップでは、Facebookに蓄積されたユニークなデータデータを活用した配信最適化のロジックに則り、ユーザーごとに最適な広告配信を実行することをテーマとしています。Facebookのアルゴリズムを最大限機能させるアカウント設計と、Facebookに最適化されたクリエイティブ戦略を強みとし、顧客課題の解決を実現します。

解決のポイント認知から獲得、CRMまで、フルファネルでの課題解決

Facebookの高精度なターゲティング技術は、認知/検討/行動/CRMという、フルファネルマーケティングにおける課題解決に活用可能です。ターゲティング精度は広告効果を大きく左右するため、どの運用担当者も確実に押さえておきたいポイントです。しかし、高いターゲティング精度を確保できず、結果的に広告効果が伸び悩んでしまうといった課題を抱えている顧客が散見されます。アイレップでは、Facebook内のユーザー行動や興味関心でのターゲティングはもちろん、外部データと連携させてセグメント化を行い、精度の高い拡張配信や除外設定を最大限活用して配信を行います。そのため、広告をより高精度で適切なユーザーに配信することが可能で、投資対効果の向上にも貢献することができます。

また、アイレップでは多くの実績からナレッジを蓄積しており、ユーザビリティと広告目的の適切な設計、課題/購買ファネルの各段階にいるユーザーに合わせた提案が可能です。その為、高いターゲティング精度とクリエイティブフォーマットを活用し、パフォーマンスの向上を実現することが可能です。

  • Customer Relationship Management(顧客関係管理)

成功の法則アルゴリズムを最大限に生かすアカウント運用とユーザーごとに最適なクリエイティブの配信

Facebookの最適化配信を最大限に活用する為には、効率良く学習を進められるか、がポイントとなります。アイレップは、日々アップデートされるFacebook広告の特性を把握し、それらを踏まえた配信の分析結果から、常にベストなアカウント設計/広告運用の実現を心掛けています。また、精度の高いターゲティングが可能なFacebook広告だからこそ、ユーザーごとに最適なクリエイティブを配信することが重要です。その為、豊富なバリエーションで細分化したクリエイティブでアプローチ方法をコントロールし、訴求×デザイン演出の要素を分析します。その結果、成果のよいクリエイティブのPDCAサイクルの運用を実現しています。

  • Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)のサイクル(業務改善サイクル)

独自性・優位性独自ツールの活用による、さらなる広告成果向上の実現

グループ企業である株式会社トーチライト(Facebook Marketing Partners)のSNS広告運用ツール「Sherpa」を活用することで、Facebook広告の既存機能では利用できないAPIを活用した、最先端のターゲティングやクリエイティブフォーマットが利用可能です。また、Facebook社協力のもと実現したサーチリフト調査や、アイレップ独自ツールであるPer-SONAR®を活用し、ユーザーの検索キーワード分析を生かしたターゲティングにも力を入れています。アイレップによるFacebook広告では、徹底した分析と細かな運用により、成果向上を実現します。

  • Application Programming Interface(プログラムからソフトウェアを操作するためのインターフェイスの仕様)

解決のプロセス配信中の広告の配信結果から、最適な「ターゲティング」「入札」「クリエイティブ」を常に考えご提案します

Facebook広告は細かな設定が可能です。その為、広告の目的や初期設定/効果検証/改善施策の各フェーズに合わせた広告運用が求められます。Facebook広告における最適化アルゴリズムを活用するためのターゲティングと入札は、広告目的と各段階によって変化します。アイレップでは効果検証段階では、ターゲットユーザーのユニークユーザー数/CPC※1/CPA※2/獲得件数などの各指標を分析します。その結果をもとに、改善施策段階でターゲティングの追加/修正/統合/分割や、入札の調整/自動化/ロジックの変更など、成果最大化に向けた調整を実施します。

また、SNSプラットフォームにおいて、クリエイティブは最も重要な要素のひとつです。効果検証段階では、配信している広告クリエイティブがユーザーにとって有益かどうかも、関連度スコア/CVR※3/フリークエンシー/エンゲージメント率などの指標をもとに分析しています。

ターゲティング/入札/クリエイティブの効果検証と改善を繰り返し行い、高速でPDCAサイクル※4を回しながら精度の向上を実現します。

初期設定
  • 配信最適化
  • ターゲティング広告セットの設計
  • クリエイティブ戦略の立案
効果検証
  • ターゲットユーザーの各指標分析
  • IMP/CPAの要素分析
  • 新たなクリエイティブ提案
改善施策
  • ターゲティングの追加/修正/統合/分割
  • 入札の調整自動化/ロジックの変更
  • クリエイティブ要素の分析
  • ※1Cost Per Click(クリック1件あたりに必要となる費用)
  • ※2Cost Per Acquisition(獲得1件あたりに必要となる費用)
  • ※3Conversion Rate(獲得率)
  • ※4Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)のサイクル(業務改善サイクル)

責任者メッセージ

豊富なプロダクトラインナップと優秀な配信ロジックを兼ね備えたFacebook広告では、ブランドキャンペーンとダイレクトマーケティング両面における活用が可能です。アイレップでは、あらゆるシーンにおけるFacebookプラットフォームの活用を推進します。

関連サービス