これまでの歩み History

 

いち早くインターネット広告市場に参入

1997年11月
創業者の高山雅行によりアイレップの前身である株式会社アスパイアが設立される。創業当時は、様々な事業を展開していたが、徐々にインターネット広告の代理業に集中しはじめる。当初扱った広告はサーチワードバナー広告で、この業界における主要代理店になる。
2000年6月
事業も軌道にのり「アイ(私の)レップ(代理人)」に徹するという経営理念を定め、これを機に株式会社アスパイアから株式会社アイレップへと社名が変更。それからほどなくして、市場にはリスティング広告が登場。
2002年7月
Google アドワーズ広告の日本第一号代理店となる。
2002年12月
Overture スポンサードサーチの取扱いも始め、2003年3月にOverture 推奨認定代理店となる。これまでのサーチワードバナー広告と比較すると、リスティング広告は、掲載後も検索キーワードの再検討や広告文章の変更など煩雑な運用が不可欠で格段に手間がかかるが、今までの広告手法よりも顧客にとって大きな成果を生み出す可能性を秘めていた。社内での長い議論の末、今後顧客に必要とされるサービスはリスティング広告であると判断し、広告サービスの軸足をそこに移すことを決定。
2003年10月
オーバーチュア社「推奨認定代理店」(現 ヤフー社Yahoo!プロモーション広告「正規代理店」)に認定される。
2004年5月
「サーチエンジンマーケティング総合研究所(SEM総研)」開設。社内のプランニングプロジェクトから発展し、リスティング広告に関する独自の研究および調査を実施。SEMによるROI 向上ノウハウの構築、企業側マーケッターの啓発、業界認知度向上のための情報発信を開始。SEM業界のリーディングカンパニーとしての地位を確立していく。
2005年2月
本社を東京都渋谷区渋谷2丁目1番1号青山東急ビル(現 青山ファーストビル)に移転。
2005年10月
大阪営業所を開設。

リーディングカンパニーから上場企業へ

2006年4月
株式会社博報堂DYメディアパートナーズと資本ならびに業務面で提携。顧客に対する的確なソリューション体制の磨きこみ、およびナショナルクライアント(広告費上位500社)を中心とした顧客層のアプローチを実現。
2006年11月
大阪証券取引所ヘラクレス(現 大阪証券取引所JASDAQ)へ上場。事業拡大のための人材募集、採用、販売管理システム構築、そして運転資金を拡充。
2007年12月
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社と共同で、リスティング広告を中心としたサービスを提供する株式会社レリバンシー・プラスを設立。同社の代表取締役社長には紺野が就任。売上高は2008年9月期決算に100億円を超え、創業以来初の自社株買いならびに配当を実施。従業員数が150人を超える。
2009年1月
アイレップの代表取締役社長に紺野が就任、高山が会長に就任。インターネット広告事業で成長を続けるアイレップの舵取りが、高山から紺野にバトンタッチされる。
2009年6月
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社と資本・業務提携。
2010年5月
福岡営業所を開設。
2010年9月
リーマンショックによる広告費削減の影響を大きく受けて減収減益という厳しい船出となった2009年9月期に対して、2010年9月期は営業利益と経常利益がそろって前年同期比260%のV字回復。
2010年12月
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社の連結子会社となる。

デジタルマーケティング企業への変貌

2011年1月
株式会社レリバンシー・プラスを完全子会社化。
2012年2月
本社を東京都千代田区永田町2丁目11番1号山王パークタワーに移転。
2012年4月
名古屋営業所を開設。
2012年12月
全国の中小/ベンチャー/地域密着型企業に対し、アイレップで培ったノウハウをサービスとして提供する株式会社ロカリオを設立。
2013年5月
インドネシアにPT.DIGITAL MARKETING INDONESIAを設立。世界標準であるGoogleのプラットフォームに最適化された運用のノウハウとメソッドを世界の顧客に提供すべく、海外進出の基盤を構築。
2014年1月
北京艾睿普广告有限公司(北京アイレップ)設立。
2014年7月
広告運用に特化したオペレーションセンター「クオリティマネジメントセンター高知」を開設。定評のある品質の高い広告運用の仕組み化を一層図ることで、顧客の成果最大化を今まで以上に支援、提供できる体制を整備。
2014年9月
東京証券取引所市場第二部へ市場変更。
2014年10月
MOORE ONLINE DEVELOPMENT SOLUTIONS CORPORATION(現DIGITAL MARKETING VIETNUM)を連結子会社化、ベトナムでの営業を開始。
2015年12月
株式会社フルスピードとの合弁会社、株式会社シンクスを設立。
2016年1月
ニュースサイト「しらべぇ」を運営し、Webコンテンツに特化した高い企画・編集力および、独自のWebメディア運営ノウハウ・体制を有する株式会社NEWSYの株式取得。
2016年7月
クリエイティブ制作業務に特化したオペレーションセンター「アイクリエイティブデベロップメントセンター高知」を開設。良質のバナー広告などを大量に企画・制作する体制を整備。

デジタルを基軸にした新たなる挑戦

2016年10月
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社と共同持株会社D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社を設立。両社がそれぞれの事業領域を保ちつつ、より有機的に連携し戦略的にロジスティクスを統一していくことで、さらなる成長を図る体制へ。
2018年1月
金融業界に対する深い理解と成果報酬型を中心とした運用型広告のノウハウ、さらにLTV最大化を目的としたデータマーケティングのナレッジを蓄積する株式会社カラックを連結子会社化。Fintechや仮想通貨など活性化の続く成長産業である金融業界やインターネットビジネスを営む企業を中心とした両社の顧客、ならびに博報堂DYグループの顧客に対し、より一層高い品質でのサービスの提供を図る。
2018年1月
2016年に開設した「アイクリエイティブデベロップメントセンター高知」に続く、クリエイティブ企画・制作を担う国内二拠点目「アイクリエイティブデベロップメントセンター新潟」を開設。
2018年5月
本社を東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー21Fに移転。
2018年6月
代表取締役社長に高梨秀一が就任。
2018年10月
Webコミュニケーションの企画、Webサイト構築、運営まで一貫して行い、さらにマーケティングオートメーションツールの実装を組み合わせ、統合的なインバウンドマーケティングのサービス展開をしている株式会社タービン・インタラクティブを連結子会社化。