企業理念Philosophy

存在意義デジタル時代のマーケティングを再定義する

インターネットが一般に普及しはじめてから20年以上が経ち、ユーザーの情報行動は大きく変化しました。デジタル化されたメディアも増え、広告の技術/手法が多様化しました。それらの結果として、インターネット広告市場は飛躍的に成長し、デジタルマーケティング、という新しいマーケティング分野も確立しました。

しかし、それはマーケティングの進化の中でいえば、「過程」でしかありません。クライアント企業が真に求めているのは、デジタルの手段に閉じたマーケティングではなく、この変化した時代に対応した新しいマーケティングです。アイレップは、これまでデジタルマーケティングの専門会社として進化してきましたが、今後は、その枠を壊していきます。デジタルを知り尽くしているアイレップだからこそできる、オンラインとオフラインの新しい統合的な提案があります。

アイレップには、いま、SEMや運用型広告だけではなく、テレビやアウトドアメディア、コンテンツマーケティングに関する相談が増えています。デジタルマーケティングの中だけでは実現できないことや、アプローチが困難なユーザーがいる為です。その様なクライアント企業の課題に、私たちアイレップはデジタルを基盤として応えます。デジタルマーケティングの基盤があった上で、デジタルだけではできないことを掛け合わせていく。そうした「新しい統合マーケティング」が求められています。

  • Search Engine Marketing(検索エンジンマーケティング )

アイレップは、2006年より博報堂DYグループと資本業務提携を行い、関係を深めてきました。その成果が今後一層結実し、ユーザーへ最適な情報流通を提供/加速化させ、クライアント企業のさらなる成果実現へと貢献していきます。

ビジョン

私たちは、以下のような企業(人)を目指します。

  • クライアント企業に寄り添い、課題解決に応える企業(人)
  • クライアント企業とユーザーにバランスの取れたマーケティングコミュニケーションを実施する企業(人)
  • 組織的な知の集結に投資をする企業(人)
  • クライアント企業からの高い評価と、長期的なお付き合いができる企業(人)
  • 独自の哲学や個性を持ち、業界内での知名度や影響力がある企業(人)
  • 働いている社員が、自分たちのやっていることを誇りに思える企業(人)

企業理念正しいことを大きく提案できる代理人としてクライアントの成果実現とユーザーへの価値提供を行う

アイレップの社名は、「アイ(私の)」、「レップ(代理人)」からきています。代理人なので、一番大切にしているのは、「誰の、どのような役に立ち、社会をどのように変えていくか」を探求する姿勢です。社内にはいつもこのような会話が溢れています。

  • あのクライアント企業の真の課題は何か
  • 今後、このようなやり方でユーザーに情報を届けたら便利ではないか
  • 新しく出たあの技術を使えば、クライアント企業により貢献できる可能性がある

現状のベストで思考停止するのではなく、徹頭徹尾、「クライアント企業」、「ユーザー」、「社会」のことを考え、社員一人ひとりが、アイレップはどう貢献できるか、私たちの役割や、やるべきことを考えていく。それがアイレップの考え方です。

私たちのビジネスの起点は社会をよりよいものにしていきたい、という志からなります。その上で、勝つための戦略を練り、商売としての儲けを考えます。

アイレップの起点と最終目標は、金銭と規模拡大ではありません。それでは心が躍らないからです。また、今の時代はクライアント企業とWin-Winの関係になれていない場合、継続的に選ばれることはありません。しかし、同時に、社会にとって正しいことをしていても、小さくとどまっていては意味がありません。

正しいことを大きく提案し、クライアント企業やユーザーと真のパートナーになれるよう、事業の社会貢献度、顧客の満足度、売上・利益の継続的な成長、社員の満足度、このすべてにおいて高いレベルでバランスのとれたエクセレントカンパニーを目指します。

アイレップ魂(SPIRIT)

1

産業を創ろう

我々は新しい産業を創造しようとしている。新しい産業を創ることで多くの顧客満足と雇用をうみだし幸せを1つでも多く創ろう。

2

当事者意識

我々は当事者意識が自分を成長させ仕事をより豊かなものにしてくれることを知っている。他責、雇われ意識が自分を小さくしていくことを知っている。

3

危機を機会に

我々は幾多の危機を機会ととらえ成長を継続してきた。コップ半分の水を見て「半分しかない」と嘆くのではなく「半分ある。さあいっぱいにするにはどうしよう」と考え今すぐ動きだそう。

4

お客様側に立つ

我々はお客様側にたつことを根元的なよりどころにしている。お客様側=御用聞きではない。お客様にとってのお客様側の視点をもちお客様以上にお客様の成功を考えよう。お客様の期待を越えるために今の自分を越えよう。

5

仕組みをつくろう

我々は今のパフォーマンスを自分以外の誰かが再現できるように仕組み化すること、個人ではなくチームで業績をあげることを常に意識する。「仕事」は「仕組みづくり」の同義語である。

6

壊す側に回れ

我々は変化の兆候が見えたら既存の枠組を守る側ではなく壊す側にまわる。これまでの自分を否定し壊す勇気をもとう。変わり続ける者だけが生き残る。

7

失敗を使え

我々は失敗したら同じ失敗を起こさないための仕組みを考える。失敗から真摯に学び次に活かす。より強くなるための糧にする。

8

受け身の否定

我々にとって仕事とは自ら創りだし自ら考え自ら学びとるものである。与えられるのを待つ、指示を待つ、教えられることを待つことは許されない。受け身ではとことん何もできず、何も得られない場である。

9

まずぶつかれ

我々はオープンに激しく議論する、健全な摩擦を是とする。誰の意見かではなく何が合理的かで物事が決まっていくことを当然と考える。ぶつからずに飲んで愚痴り陰口をいう行為を最も恥ずべきことと定義する。

10

奇跡を起こそう

我々は世間から見ると到達したら奇跡といわれるぐらいの高みを目指している。本気で奇跡を起こそう。そして奇跡は今日のひと踏ん張りからはじまる。

風土・文化徹底的にクライアント企業の成果に向き合う文化

アイレップの競争力の源泉は、クライアント企業の成果に徹底的に向き合う文化と、それを支えるさまざまな仕組みにあります。

自社の売上<クライアント企業の売上

アイレップには、自社の売上よりも、クライアント企業の売上を重視する、という先義後利の文化があります。社員の評価においても、コンサルティングの質を重視し、クライアント企業の事業成長率、クライアント企業との長期契約率などを取り入れています。

プラットフォーマーをはじめとした各メディアからの信頼

アイレップは、Google、Yahoo! JAPAN、Facebook、Twitter、LINE、CRITEO、等、すべての主要な媒体社との非常に強いパートナーシップを築き、日々コミュニケーションをとっています。そのことにより、日進月歩で変化、進化する優れた広告商品、広告技術、マーケティングデータをしっかりと理解をした上で、クライアント企業の課題に合わせて提供することが可能となっています。

  • ヤフー株式会社が認定する制度「Yahoo!マーケティングソリューション パートナープログラム」において、最高評価のダイヤモンドに認定されています。アイレップは、正規代理店の評価と審査エクスプレスパスの認定制度がスタートした2013年上半期以降、最高評価の認定および審査エクスプレスパスを10期連続で取得している、国内唯一のエージェンシーとなります。
  • CRITEOが認定する代理店制度「Criteo Certified Partners(スター代理店制度)」において、最高評価、ファイブスター(★★★★★)に認定されています。

仕組化された運用(独自ノウハウ/ナレッジ)

アイレップには、人がやるべきことと、仕組みや機械(システム/AI)でやるべきことをできる限り分ける文化があります。戦略を考え、戦術やアイディアに落とし込む部分は人がやりますが、オペレーション等、ルール化できるものはすぐに仕組化、自動化を推進します。デジタルマーケティングでは、膨大で複雑なデータを取り扱う必要があるため、社内に数十人いる開発チームが、日々、そうしたデータを自動で取得したり、自動で加工したりすることで、フロントのメンバーがクライアント企業とのコミュニケーションや、知恵を振り絞るところに時間を使えるように工夫されています。

また、最近では、広告運用に特化したオペレーションセンター「クオリティマネジメントセンター高知」やクリエイティブ制作業務に特化したオペレーションセンター「アイクリエイティブデベロップメントセンター高知」ならびに「アイクリエイティブデベロップメントセンター新潟」を設立し、定評のある品質の高い広告運用・広告制作を量産できる体制を整備しています。

多様性のある社員

アイレップには、社員同士が意見をぶつけ合わせることで、新しい付加価値をつくる文化があります。私たちとってのファーストプライオリティは、クライアント企業であり、ユーザーであり、社会です。正しいと思うことがあれば、論理的に主張をし、議論をする。そうすることで、新しい発見が生まれてきます。論理は、さまざまな価値観を持った私たち社員にとっての共通言語として大切にされています。

助け合い、底上げの精神

アイレップには、「自分ができたことを、他人も同じようにできるよう仕組化できる人が真に優秀な人である」という文化があります。一人の力を周囲の力にし、周囲の力で、クライアント企業の成果実現を図っていきます。

毎月開催されるマンスリーアワードや半年に一度行われるIREP AWARDだけではなく、日々、社内のあらゆるところで、成功事例の共有や勉強会の実施、作成したツールの展開等がなされています。会社として、クライアント企業へ提供価値を最大化するために教えあう、助け合う文化があります。

挙手主義

アイレップの人事ポリシーとして「挙手主義」があります。自分のやりたい業務やポジションを主張することが可能です。会社戦略・方針と本人のやりたいことが合致して最適化を図ることによりモチベーションを高め、結果としてクライアント企業への向き合い姿勢にもつながると考えています。