コンテンツマーケティングContent Marketing

こだわりユーザーとテクノロジーの理解により最適なコンテンツマーケティングを実施

アイレップのコンテンツマーケティングサービスでは、ユーザーの購買行動プロセスにおける各段階に応じて、適切なマーケティング手法を選択することを重視し、フルファネルでサービス提供を行います。また、博報堂DYグループとして保有する国内最大級のシンクタンクとアイレップ独自分析ツールを活用し、各購買行動プロセスにおけるユーザーのペルソナを明確化し、カスタマージャーニーを作成します。各購買行動プロセスにおいてユーザーへ態度変容を促すコンテンツを設計し、適切な場所で配信することを重視しています。

解決のポイントユーザーとの関係性構築を目的としたコンテンツマーケティング

クライアント企業のwebサイト、ソーシャルアカウントの定量的な分析を実施した上でコンテンツマーケティング施策を展開し、同質化戦略を行いたいというご相談をいただきます。勿論それは合理的な手法と言えますが、それが必ずいつも正しいのでしょうか。

あるメッセージをある対象ユーザーに伝える際に、その対象ユーザーの嗜好や状況、タイミング、関係値などの把握が非常に重要です。しかし、いくつかのケースにおいて該当ユーザーの理解が十分に実施されていない場合があります。その為、ユーザー像を把握できないままコンテンツによるコミュニケーションを取り、ユーザーの反応率が低下しているクライアント企業が散見されます。

アイレップのコンテンツマーケティングでは、その様な課題を解決する為に、購買ファネルの各段階にいるユーザー像をより実像に近い状態まで理解し、最適なコミュニケーションを設計します。

成功の法則ユーザーインサイトの発見とPDCAサイクルを回すことによる成果改善

  1. 実データに基づいたインサイト(購買意欲や消費行動を促す潜在的なきっかけ)の発見
  2. 適切な配信頻度/必要な配信量/広告種類の策定
  3. 配信データの解析による運用精度の向上
  • Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)のサイクル(業務改善サイクル)

独自性・優位性ペルソナの想定行動を明確に捉えたコミュニケーション設計

アイレップの強みは、ペルソナと想定行動を明確に捉えたサービス設計です。キーワードや市場データの分析を基に、より具体的で詳細な見込顧客のペルソナを可視化し、カスタマージャーニーを作成します。そして、ニーズ喚起から態度変容を促すコミュニケーション設計を行います。的確なペルソナを把握し実現する、適切なコミュニケーション手法を用いた最適なコンテンツ配信に独自性を見出しています。

解決のプロセスユーザー理解を起点にPDCAサイクルを回し、目標達成をコミットするサービスを提供

ペルソナ制作
  • 検索キーワード
  • DMPデータ
  • 生活者像の把握
コンテンツ制作
  • シナリオ設計
  • 配信済みコンテンツ分析
配信
  • コンテンツの適切な配信
  • 媒体上のアンケート
  • ラッキング解析
運用最適化
  • 結果データの蓄積・分析
  • 運用精度の向上
  • Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)のサイクル(業務改善サイクル)

責任者メッセージ

デジタルデバイスの普及・通信インフラ整備など、テクノロジーの進歩にともないデジタルマーケティングの対応領域は広がっています。その中で、アイレップのコンテンツマーケティングではテクノロジーへの理解とあわせ、マーケティングの中心に位置するユーザー理解を推進しています。

アイレップは、グループの力を活かしたマーケットデータや独自ツールを駆使し、ユーザーを深く理解できる数少ないエージェンシーのひとつです。それらの分析にもとづいた戦略でビジネスの成果・目標を策定しコンテンツを制作します。その様な視点から、アイレップのコンテンツマーケティングは、クライアント企業のマーケティング目標に対してコミットできるサービスであると考えています。

2020年に向けて日本国内で通信インフラが更に整備されることが予想され、デジタル領域において実現可能な事の広がりに期待ができます。テクノロジーへの理解や事例蓄積も実施している私たちである為、新領域の取組みにリーダーシップを発揮して推進することが可能です。アイレップは、客観的データに基づく戦略と実行力で、クライアント企業とユーザーが自然と出会い、ユーザーに商品・サービスを深く理解してもらえるようなコンテンツマーケティングを実現します。