LPO(ランディングページ最適化) Landing Page Optimization

こだわりCVRを上げ続ける仕組みがあります

LPO※1は、さらなるCVR※2の向上を目指し、継続的な改善を行うことが重要となる施策です。アイレップでは、蓄積された知見とツールの有効活用により、CVRを上げ続ける仕組みを構築しています。データの解釈と類推を繰り返し、ユーザーの動向や興味/関心をもとにPDCAサイクル※3を回し、継続的に改善を図ることで、顧客の成果の最大化につなげます。

  • ※1Landing Page Optimization(ランディングページの最適化)
  • ※2Conversion Rate(獲得率)
  • ※3Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)のサイクル(業務改善サイクル)

解決のポイント成果向上はもちろん、調査/分析やクリエイティブ設計から改善までワンストップで実現

LPOで成果を最大化するためには、調査/分析、企画/設計、実施/検証の3段階を踏まえた継続的な改善が必要となります。アイレップではこれらすべてにワンストップで対応し、顧客の課題を解決します。

  • Landing Page Optimization(ランディングページの最適化)

調査/分析

10年以上におよび蓄積したナレッジやデータにもとづいた、現状把握、課題分析、そしてターゲット分析などが可能です。

企画/設計

現状分析の結果とKPIをもとに、ターゲットユーザーや広告配信のシナリオ設計、クリエイティブ設計を行います。

  • Key Performance Indicator(主要業績評価指標)

実施/検証

課題解決に最適な訴求文言やデザインを考案してランディングページを作成します。これまでの知見やツールのデータにもとづき、改善策を抽出し、改善案を提供し続け、CVRの向上に貢献します。

成功の法則成果の可視化、施策の効率化をツールの有効活用により実現

流入からコンバージョンまでの購買ファネルにおいて各段階で抱える課題に対し、ABテストツール、ヒートマップ、EFOなどで活用し、顧客の成果を改善に導きます。例えば、各ツールを活用することでランディングページ内のユーザー行動を可視化します。そうすることで、コンバージョンに至ったユーザーが何に反応したかを仮説立てることが可能となり、短時間で成果改善を実現することができます。

  • Entry Form Optimization(入力フォーム最適化)
集客(露出の増加・配信面の最適化)→流入(流入の増加・クリエイティブの最適化)→回遊(意思決定の促進:サイト全体、LP)→意向(フォームの離脱低下:エントリーフォーム)→成果

独自性・優位性メディア特性を熟知し、豊富な知見を持つアイレップならではの分析/施策設計

アイレップは、Google、Yahoo!、Facebook、Instagram、LINE、Twitterなどのメディア特性、およびインターネット広告を熟知しています。また、各業種の成果改善実績や知見が蓄積されています。これらの知見を分析と施策設計に活用することで、流入経路に合わせた最適なランディングページの提案が可能です。

流入経路(検索連動型広告、バナー広告、アフィリエイト、自然検索)→受け皿(ランディングページ、Webサイト)

解決のプロセス各種ツールを活用して流入元ごとにランディングページ(以下、LP)を最適化

ユーザーのモチベーション別の流入経路最適化と、各流入経路にあわせた「勝ちLP」の組み合わせを提案します。

調査フェーズ

LPのターゲットごとに訪問するユーザーを振り分ける

ターゲットごとに訪問するユーザーを振り分ける図
施行フェーズ

ページごとにファーストビューのABテストを実施する

ABテストのイメージ図
分析フェーズ

ターゲットごとにヒートマップを用いて興味関心を分析する

ヒートマップのイメージ図

責任者メッセージ

アイレップのLPOはコンテンツやサービスの良さを納得し理解していただくことを重視しています。インターネット広告を熟知した私たちだから可能な分析や施策立案、PDCAサイクルを高速で回す為に、ヒートマップやABテストツールを有効活用し短期間で成果向上できるスキームを確立しています。ユーザーが何に反応しコンバージョンに至っているか、そのルート、接触メディアは何かを総合的に分析し、最適なコンバージョンルートを最短で導き出します。

  • Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)のサイクル(業務改善サイクル)