法人IPアドレスを活用したB2Bマーケティング Case Study
カテゴリー:データ&システム基盤整備

課題

複写機メーカーのマーケティング部門ではイベントやセミナーなどは定期的に開催していたものの、マーケティング部門とセールス部門が連携できていなことから、自社の製品購入の意向が高い良質の見込みリードの獲得が出来ておらず、営業マンから不平不満が高まっていた。

解決策

これらの課題を解決するため、法人IPアドレスを活用して業種・業態を選定したうえでターゲティング配信を実施し、受注見込み確度の高いリードを抽出。また、営業担当者にリードを渡す前に、MAを活用したナーチャリング(顧客育成)施策を実施することで、見込顧客の受注確度(スコアリング)を高めることに成功。

成果

  • 受注確度の高いリードの創出
  • 営業マンの初回接触からクロージングまでの工数短縮

Case Study関連するケーススタディ