オン・オフライン統合調査 On-offline Integrated Survey

こだわりオン・オフラインを統合した分析を行います。

アイレップでは、オンラインのデータだけでなく、オフラインを統合して分析を行い、ユーザーの態度変容を最後まで追う取組を国内でも先行して推進しています。

解決のポイントオンラインの広告がどのようにオフラインでの購買行動に寄与しているかわからない

生活においてインターネットとの接点比率が高まるほど、ユーザーの購買意志決定に対してインターネットの情報が与える影響は大きくなっています。しかし、最終的に購入するのが実店舗の場合、インターネット広告が実際にオフラインでの購買につながっているかがわからないという課題がありました。

そこで重要となるのが、オフラインでの購買行動の可視化です。購買行動を可視化できれば、そのデータをインターネット広告の効果測定として活用することが可能となります。そのための手法として利用されるのが、オン・オフライン統合調査です。

成功の法則目的に応じて手段を選択する

オフライン購買の可視化にあたり重要なのは、何を可視化したかを明らかにしたうえでそれにあった適切な手段を選択することであると、アイレップは考えています。来店したユーザーの意志決定にインターネット広告が影響していたかを知りたい、運用上の予算アロケーションに利用したいなど、可視化の目的に応じて手段を選択することが重要です。

独自性・優位性パートナーシップを活用した豊富な最先端事例

アイレップでは運用型広告No.1のパートナーシップを生かし、メディア機能を活用したオン・オフライン統合調査にも積極的に取り組んでいます。特に、Googleプロダクトを利用した来店可視化に関しては、世界初事例および日本初事例を創出しました。