Web解析ツール導入|株式会社アイレップ

Web解析ツール導入 Analytics Platform

Web解析ツールを用いたデータ取得環境基盤の構築Google アナリティクス、Adobe Analyticsを中心とした
ツールの選定・環境の見直しから活用方法までトータルでサポート

Web解析ツールを利用する際、最も重要となるのはデータ計測環境を整備し「精緻なデータを正しく収集する」ことです。
Webサイトの環境によってデータの計測方法が異なるため、高度な設計の専門知識が求められます。 アイレップでは、Google アナリティクスやAdobe Analyticsをはじめとした解析ツールの設計・設定や導入後の活用のサポートやカウンセリングを実施し、データ計測環境を構築いたします。

Google アナリティクス 個人から企業まで幅広く利用されるWeb解析ツール

Google アナリティクスはGoogle が提供するWeb解析ツールであり、個人運営のWebサイトから中小規模の企業サイトまで幅広いユーザーに利用されています。特徴的な機能としては、テレビCMやソーシャルメディアの影響を即座に把握できる「リアルタイムレポート」やGoogle が保持するアフィニティカテゴリーを使った「ユーザー属性分析」などが挙げられます。また、eコマースサイトに対応した「eコマースレポート」や指標やディメンションのカスタマイズなど、様ざまなニーズに対応し高い評価を得ています。

Google アナリティクストレーニング Google アナリティクスの基礎習得を目指した研修講座の開催

Google アナリティクスを使った分析手法を、Google アナリティクスの個人認定資格を有する専任コンサルタントが講師となりレクチャーする研修講座です。ツールの基本操作から実用的な分析手法までを習得し、Web解析を基に課題抽出を行える状態を目指します。Google アナリティクスの利用方法を初心者でも体系的に学んでいくことができ、企業内における人材育成や利用推進にご活用いただけます。

詳しいカリキュラムや料金体系に関しては、ダウンロード資料よりご確認いただけます。
以下のリンクよりダウンロードページへお進みください。

Google アナリティクス 360  高い拡張性と利便性を兼ね備えたエンタープライズ版Google アナリティクス

Google アナリティクス 360 とはGoogle アナリティクスのエンタープライズ版であり、高い拡張性と利便性を兼ね備えています。データ制限やサンプリングの影響を受けない精緻なデータの分析はもちろん、外部ツール連携によるマーケティングなどにも活用できます。特に近年ではCampaign Manager などの広告ソリューションとの連携に加え、Salesforceなどの他社製品との接続も特徴的な動きとして注目を集めています。なお、これらを利用する企業様向けに、アイレップでは様ざまなサポートサービスをご用意しており、ツール活用トレーニングやお問い合わせサポートデスクなどをご活用いただけます。※アイレップは、Google アナリティクスに関するプロフェッショナルとして「Google アナリティクス認定パートナー」( Google Analytics Certified Partner [GACP] )及び「Google マーケティングプラットフォーム セールスパートナー」に認定されています。

Google Marketing Platform

Google アナリティクス 360 活用方法

1. Google アナリティクス 360 での広告活用
Google アナリティクス 360 ではGoogle の広告プロダクトであるDisplay & Video 360 、Search Ads 360 、Campaign Manager との データ連携が可能です。これらのツールと連携を行うことにより、ビュースルー計測やディスプレイ広告の配信最適化に解析データが活用できます。 動画広告を使ったキャンペーン実施の際に、広告による認知から獲得へ至るまでのユーザー行動の可視化に利用されるケースが増えています。

2. Google アナリティクス 360 でのデータ活用
オンラインデータの分析にとどまらず、オフラインデータとの統合・分析まで幅を広げられることがGoogle アナリティクス 360 の特徴のひとつです。
オンラインとオフラインを統合したユーザー行動の可視化や機械学習による行動予測、メルマガや広告の配信リスト化など、様ざまな用途に活用できます。




Adobe Analytics 多様な企業に利用される高機能Web解析ツール

Adobe AnalyticsはAdobe社が提供するWeb解析ツールであり、多様な企業で利用されています。オンライン・オフラインはもちろん各種広告メディアなど様ざまなマーケティングチャネルにおいてリアルタイムでの計測と分析が可能です。

Adobe Analyticsの特徴的な機能

1. Adobe Analyticsの分析
Adobe Analyticsには、「ワークスペース」というダッシュボードのような分析レポートを作成できる機能があります。画面上でドラッグ&ドロップすることで簡単にレポート作成や分析が可能です。データのダウンロードやスケジュール設定によるレポート配信ができるので社内外に共有も可能です。
また、「Report Builder」というAdobe Analyticsのデータを直接Excelに自動入力できる機能があります。Excelの機能を使用してグラフやピボットテーブル等のビジュアライズが可能です。どちらの機能も日々のレポート業務に活用できます。(「Report Builder」はご契約プランによって使用できません)

2. Adobe Analyticsの人工知能・機械学習
Adobe AnalyticsではAIによる自動分析のレポートがいくつか備わっています。たとえば異常値検出は過去のデータを基に「機械学習」と「自動処理アルゴリズム」を使用し、異常値の検出を行うことができます。こちらは「ワークスペース」で異常がいつ発生したかタイミングを確認することが可能です。他にも貢献度分析やセグメント比較など、様ざまな用途にAIが活用されています。

Adobe Analytics契約プランとサービス体制

Adobe Analyticsの契約プランは4段階に分かれています。プランによって「Report Builder」や「セグメント比較機能」等の利用範囲に差があります。プランはサーバーコール数を基にして段階が分かれています(サーバーコール数はGoogle アナリティクスでいうヒット数)。アイレップはAdobe Analyticsの新規導入から運用までトータルでサポートしております。ご契約いただいた企業様向けに、サポートサービスをご用意しており、ツール活用トレーニングやお問い合わせサポートデスクなどをご利用いただけます。ご興味があれば都度お見積を行っておりますのでお気軽にお問合せください。

※アイレップは、Adobe Analyticsに関するプロフェッショナルとして「Adobe Experience Cloudの認定ソリューションパートナー」に認定されております。