データ戦略立案 Data Strategy Planning

こだわり世界最先端のリアルタイム・データドリブンだから、今のマーケットに最適化した戦略提案が可能です

スマートフォンやサイネージなどのテクノロジーの発達により、企業とユーザーとの接点は飛躍的に増加しました。情報と接触する機会が多様化し、分散したことにより、ユーザーの態度は移り変わりやすくなり、真のニーズは見つけにくくなりました。このような流動性の高い市場に、人力の経験則はもはや役に立ちません。大量かつメンテナンスされたデータから、どのような人が、今どこにいて、何を欲しているのかを、具体的かつリアルタイムに把握することが重要です。アイレップでは、このようなデータ統合と分析にもとづく最新のデータドリブンプロモーションを軸にサービス展開しています。

解決のポイントペルソナを見出す

アイレップでは、購買ファネルの各段階において、どんなユーザーが見込み顧客なのか、その見込み顧客が何を求めている状態なのかを判別することができます(弊社12月リリース「Per-SONAR®」参照)。また、どのような環境条件のときにそれらの態度変容が起き始めるのかも見定めることが可能です。分析結果をもとにマーケティング課題を達成するには、顧客とともに各段階で生活者にどのように商品を理解してほしいのか、どのようにアクションしてほしいのかを議論し、ペルソナを明確することが重要だと考えています。

成功の法則各種データと目標の明確化

アイレップでは、ユーザーのペルソナを仮説立てし、立証するためにデータを活用しています。グループ会社であるデジタル・アドバタイジング・コンソーシアムのAudienceOneもその一つです。データの活用によりあらゆる角度からユーザーを分析し、その分析結果にもとづき目標を設定します。その際、ユーザーとのコミュニケーションをコンバージョンだけでなく、購入への態度変容効果や競合検討ユーザーにアプローチできたかなど、複数設定することで、設定した複数の目標を如何に計測するかが重要であり、計測のためにもデータを活用します。

データドリブンマーケティングは、ターゲティングだけでなく分析・計測にもデータを活用することがポイントになります。

独自性・優位性データ対応力

アイレップのマーケティング領域では、マーケティング設計・クリエイティブ制作・メディア選定・広告配信・広告効果測定といったプロセスすべてにおいて、データを活用することが可能な体制を敷いています。また、私たちは数少ないGoogle アナリティクス認定パートナーとしてのサイト解析の知見と、国内最大級のデータマネジメントプラットフォーム AudienceOneなどのDMPでのデータ分析実績を用いて、広告主の課題抽出・設計も行っており、高い評価を頂いています。

私たちの開発領域では、AudienceOneをベースとして、検索やソーシャル、天気などのデータを組み合わせた、マーケティングに貢献するアイレップらしいオリジナルのソリューション開発が強みです。

責任者メッセージ

顧客から信頼を得続けてきたアイレップのデータソリューションとして恥じないサービスつくりを心がけています。データは万能ではありませんが、気づかなかった糸口を見つけることができます。お困りのことをぜひ、私たちにご相談いただければ幸いです。