ブログ Blog
カテゴリー:コラム

Google アナリティクス 360 とSearch Ads 360 連携のメリットをご存じですか?

Google アナリティクス 360 とSearch Ads 360 連携のメリットをご存じですか?

先日ご紹介したブログ『Google アナリティクス 360 での広告活用』にて、Google アナリティクス 360 のデータを基にした広告活用についてご紹介しました。今回は「Search Ads 360 」と連携することで生まれる具体的なメリットを、運用管理と広告配信の観点から、いくつかご紹介したいと思います。

2018年7月にDoubleClick SearchからSearch Ads 360へ名称変更

以前はDoubleClick製品の一つでDoubleClick Searchという製品名称でしたが、2018年7月にGoogle Marketing Platform ブランドに統合された際、Search Ads 360 へ変更となりました。

Search Ads 360 とはどんなプラットフォーム?

Search Ads 360 とは、ディスプレイ広告、検索連動型広告、ソーシャル広告を一元管理し、より効果的に消費者へリーチできるよう構成されたプラットフォームです。 Search Ads 360 は以下のような、マーケティングに注力する企業が抱えるよくある課題を解決します!

  • 同じ指標で広告運用と効果分析したい / 複数の検索チャネルやクロスデバイスで重複ユーザーを排除したパフォーマンスとキャンペーンを管理したい
  • 問題点を自動アラート配信し、深刻化する前に解決したい
  • サイト内ユーザー行動のシグナルを考慮した入札管理を自動最適化したい
※ Google アナリティクス 360 との連携で実現可能

Search Ads 360の主な特徴を、4つのポイントに分けてご紹介します。

自動入札

  • 検索連動型広告、ディスプレイ広告の自動入札機能にアルゴリズム理論を組み込み、目標支出額の割り当てを管理した入札管理及び最適化を実現。また、ユーザーの属性やCRM顧客区分などによって入札単価を変化させ、よりLTVの高いユーザーの獲得を実現
  • 検索連動型広告 / ディスプレイ / 自然検索など、様ざまなチャネルの間接的な貢献度を自動で割り当て、その貢献度を基に検索連動型広告の入札管理及び最適化を実現

キャンペーン管理

  • 各検索チャネルで広告やキーワードを管理する必要がなくなり、チャネル間での広告やキーワードの掲載結果の分析が容易になる
  • 曜日ごとのクリエイティブ変更やステータス変更などのルール条件と自動化アクションに加え、アラートのみメール送信する設定ができる

在庫連動

  • Google Marchant Center と自動連携し既存のデータフィードを活用した在庫連動管理とショッピングキャンペーン管理ができる

データ連携

  • オンライン、オフライン、解析、モバイルデータを統合管理し効果を可視化できる
  • 検索連動型広告をクリックしたキーワードを元に自動でユーザーリストを作成でき、そのリストをGoogle Ads アカウントに共有することができる

Search Ads 360 の4つのポイント

gavel

自動入札

link

キャンペーン管理

settings_input_component

在庫連動

trending_up

データ連携

Google アナリティクス 360 との連携メリット

Search Ads 360 のみでも十分に機能が揃っていることをお伝えしましたが、Google アナリティクス 360 と連携させることで、Search Ads 360 単体の特徴やメリットをさらに活かせます。Google アナリティクス 360 との連携で生まれるメリットを分析・運用管理と広告配信のふたつの側面から解説します。

分析 / 運用管理

  • Search Ads 360 の管理画面上で、直帰率やページビューなど、Floodlight で計測したコンバージョンとGoogle アナリティクス 360 の指標をキーワードレベルで確認することができる
  • utm パラメータを設定せず、検索キャンペーンデータを自動でGoogle アナリティクス 360 に紐づけることができる
  • 最もコンバージョンとエンゲージメントを促進している検索キャンペーン / 広告 / キーワードを可視化することができる
  • 直帰率などの指標をもとにランディングページでの最適化の戦略を立てることができる
(例)「直帰率が過去7日間で20%より高い場合、ランディングページを置換」などのルール条件と自動化アクションをSearch Ads 360 上で設定

広告配信

  • Google アナリティクス 360 のコンバージョンを、Search Ads 360 の自動入札戦略機能の目標に設定すると、直帰率や滞在時間などのシグナルも加味した入札管理及び最適化を実現
  • Google アナリティクス 360 で作成したセグメントに対しリマーケティングで訴求することができる
※ Google Ads アカウントとSearch Ads 360 のリンクが条件
Summary

Search Ads 360 単体のメリット

  • Search Ads 360 は複数の検索チャネルへの入札管理及び最適化を実現
  • 複数の検索チャネルやクロスデバイスを横断したキャンペーン管理が可能となり、分析からアクションまでをシームレスに実現

Google アナリティクス 360 との連携メリット

  • Google アナリティクス 360 の指標を広告配信に活用し、費用対効果を効率的に最大化
  • Google アナリティクス 360 の指標を広告評価に活用し、検索連動型広告の配信データとWebサイト内のユーザー行動データが紐づいた分析を実現

この記事をSNSで
共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

アイレップをもっと詳しく知る

アイレップは、最新のデジタル技術と高度なマーケティング戦略を駆使し、クライアントビジネスにおける具体的なゴールを達成するパフォーマンス型のデジタルマーケティングエージェンシーです。この記事を見てアイレップに興味を持った方は、以下のコンテンツでより詳しく私たちについてご覧いただけます。

Blogその他のブログ記事