教育制度Education

アイレップには、「助け合い、底上げの精神」があるため、日々、社内のあらゆるところで成功事例の共有や勉強会などが催されています。また、その他に会社として、マーケティング実務のスキル、ビジネスパーソンとしての基礎スキル、(特にマネジャーを対象とした)マネジメントスキルの習得・向上のための教育プログラムや表彰制度を多数用意しています。以下に、その一部を紹介します。

トレーニング&ナレッジ蓄積の専門部署

実務経験年数の長い社員を中心に、社員育成とナレッジ蓄積にミッションを特化した部署があります。新しく入った社員や、職種転換などをした社員は、まずこの部署に配属され、集中的に教育を受け、アイレップ標準の知識とスキルを身につけます。

IREP Business College

  • ビジネスパーソンとしての基礎スキル習得
  • マネジメントスキルの向上

を目的として、社外研修制度を利用して、実施してもらうプログラムです。

基本講座

  • 基本講座
  • ビジネスマナー
  • タイムマネジメント
  • 経営数字(初級/中級)
  • アクティブトーキング
  • ポジティブリスニング(基礎/実践)
  • ロジカルシンキング(基礎/実践)
  • ビジネスライティング(基礎/特訓)
  • はじめてのプロジェクト管理
  • マネジャー向け
  • マネジメント力養成
  • 部下育成
  • 管理職基本研修
  • 部下を持つ管理職のためのコーチング
  • 目標の立て方のコツ
  • 成果を出す会議のコツ
  • 管理職のための人事評価の基本

管理職(マネジャー)特別研修

アイレップのメンバーは会社内だけではなく、社会においても屈指の人材であることが求められます。そのため、デジタルマーケティング領域の専門スキルだけではなく、プロのビジネスパーソンとして通用するスキル・行動スタイルを身につける必要があります。特に管理職(マネジャー)は組織のパフォーマンスを最大化させるという役割を担うため、新任マネジャーはもちろん、次世代リーダーを目指すミドルマネジャーについても、能力開発の機会として社内研修を実施します。

新任MGR研修(期間:2日間)

新任マネジャーが組織マネジメントを行うにあたり、マネジャーの責務である「メンバーと共に組織力を高め、より高い成果を出すこと」について理解を深める研修です。

ハラスメント研修(期間:1日間)

職場におけるハラスメントは労働者の能力発揮を妨げ、企業の社会的評価を著しく低下させる管理リスクであるとアイレップでは考えています。管理職として、近年、複雑化しているハラスメントについて正しく理解し、具体的な対策を学ぶ研修です。

次世代リーダー研修(期間:6か月間)

アイレップの「次世代を担うに相応しい」選抜されたミドルマネジャーがリーダーとして求められる力(理想をつくる/事業をつくる/人をつくる/数字をつくる)を概念だけではなく、再現性のあるスキルとして確実に身につけていくための研修です。研修期間中は講師がビジネスコーチとして受講者をサポートします。

メンター制度

入社後、社員が業務外の簡単な相談・不安に対するケアを気軽に行える環境を整え、スムーズに職場に溶け込めるようにサポートすることを目的に用意した制度です。具体的には、メンティ(新入社員)1名に対し、1名のメンター(先輩社員)がフォローを行います。メンターはラインの上長とは別に設定されるため、上司部下という関係とは離れ、気兼ねなく相談ができる存在です。メンティは、業務内外において発生するさまざまな疑問や悩みを、月1回の定例面談等を活用し、メンターに相談することができます。