アイレップ、分析サービス「DASH-UP」を提供開始|株式会社アイレップ
プレスリリース News
カテゴリー:プレスリリース

アイレップ、分析サービス「DASH-UP」を提供開始

プレスリリース

2020年12月08日
株式会社アイレップ

株式会社アイレップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高梨秀一、以下アイレップ)は、企業がマーケティングに活用するあらゆるデータを組み合わせ、個々のユーザーを起点とした行動や意識の傾向を捉える分析サービス「DASH-UP」の提供を開始いたします。

DASH-UP ロゴ

昨今、企業ではWebサイト上のユーザー行動や屋外広告のデータ、自社で保有する顧客情報などを収集・活用し、ひとりひとりの顧客満足度を高めるマーケティングが重要視されています。分析・サイト計測ツールを利用した結果をレポートやグラフにまとめて可視化し、施策に活かす手法が主流となっている一方で、ユーザー体験の質を向上させるための課題の明確化や関係部署間のコミュニケーションが不十分なまま進行し、データを活用しきれていない課題もあります。顧客接点が複雑化するなかで個々のユーザーのニーズを捉えた施策を展開するためには、マーケティングに直結する最適化されたデータの収集はもちろん、その先の分析を見据えた基盤構築が不可欠です。

このような背景から、個々のユーザーを起点としたデータ分析からデータ収集のための基盤設計までを包括的にサポートする「DASH-UP」の提供に至りました。単にデータを取得するだけではなく、CDP※1DMP※2を掛け合わせた統合・分析から、データ基盤の設計・実装まで、ユーザーに応じたマーケティングの高度化を実現します。

DASH-UP」のサービス概要・特長

DASH-UP」は従来の分析サービスだけでは網羅できなかった分析基盤の設計・構築を追加したサービスとして提供されます。これによりクライアント企業は、コンサルティングとシステム開発を分断して各業者に依頼することなく、分析基盤の設計と分析作業までを一貫しておこなうことが可能になります。


「DASH-UP」のサービス概要・特長

顧客データの基盤統合によるオンラインとオフラインを横断した購買傾向の把握やWebサイトとアプリの広告配信結果を顧客データと紐付けて最適化するなど、収集したデータの有効活用を実現します。

当社は今後も、Google が提供するサービスの活用で培った知見をもとに、多種多様なデータを組み合わせた分析と最適なデータ基盤構築を通じて、企業のマーケティング活動に貢献していきます。

以上

※1 カスタマー・データ・プラットフォーム(CDP)は、顧客情報(個人の顧客名、電子メール、電話番号など)を含む1stパーティーデータ、Webサイト上での行動データ、広告データなどのすべてを統合し、管理するためのプラットフォームです。

※2 データ・マネジメント・プラットフォーム(DMP)、散在するマーケティングデータを収集・統合・分析し分類・活用するためのプラットフォームです。

株式会社アイレップについて

アイレップは、広告主のマーケティング成果を最大化する統合デジタルマーケティングエージェンシーです。国内圧倒的ナンバーワンの SEM 領域に、データを起点とした新たな広告事業・ソリューション事業、そしてクリエイティブ事業を加え、高度なプランニングを展開することで、「ユーザーへの最適な情報流通により、国内外のクライアント企業の成果を最大化へと導く統合マーケティングエージェンシー」の立場を確固たるものにしていきます。

※アイレップは博報堂DYグループの企業です。

━━ 会社概要 ━━

【社名】:
株式会社アイレップ
【所在地】:
東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー21F
【URL】:
https://www.irep.co.jp/
【代表者】:
高梨秀一
【設立年月】:
1997年11月
【資本金】:
5億5,064万円(2020年3月末現在)
【事業内容】:

  • 広告代理事業
  • ソリューション事業
  • クリエイティブ事業
  • その他
この記事をSNSで
共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
記事転載・引用などに<br>関するお問い合わせ先記事転載・引用などに<br>関するお問い合わせ先
Contact IREPデジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください