アイレップ、米国CDP協会にゴールドパートナーとして加盟|株式会社アイレップ
プレスリリース News
カテゴリー:プレスリリース

アイレップ、米国CDP協会にゴールドパートナーとして加盟

アイレップ、米国CDP協会にゴールドパートナーとして加盟

プレスリリース

2019年10月7日
株式会社アイレップ

株式会社アイレップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高梨秀一、以下アイレップ)は、カスタマー・データ・プラットフォーム(以下CDP)を活用した統合的なデジタルマーケティングの支援体制の拡充を目的に、米国CDP協会にゴールドパートナーとして加盟いたしましたのでお知らせいたします。

米国CDP協会は、企業のマーケティング担当者や技術開発者に向けて顧客データ管理に関する知識を広めることを目指し、2016年に設立された団体です。教材の発行や業界ニュースの配信、ベストプラクティスガイド、ベンチマークの作成など活動内容は多岐にわたります。

近年では、顧客と企業のタッチポイントが急激に増えたことにより、企業にとってはあらゆる顧客接点から得られるデータを活用し個人それぞれの顧客体験に合わせたコミュニケーション設計が必要とされています。そのためには、さまざまなツールと連携しながら情報の収集・蓄積を行い、固有の顧客IDと紐づけながら、マーケティング活動に利用することが有効です。これを実現するデータ管理プラットフォームとして、いまCDPが注目を集め活用され始めています。

こうした背景を踏まえ、米国CDP協会への加盟に至りました。当社はこれまで、データを活用した広告配信のソリューションやデータ基盤構築サービスを提供してまいりました。同協会への加入により、CDPを活用したさらなる先進技術や海外事例を交えた提案とサービスを提供していきます。

今後もアイレップは、クライアント企業における統合的なデジタルマーケティングの推進や、課題解決、ビジネス拡大に寄与してまいります。

以上

※ カスタマー・データ・プラットフォーム(CDP)は、顧客情報(個人の顧客名、電子メール、電話番号など)を含む1stパーティーデータ、Webサイト上での行動データ、広告データなどのすべてを統合し、管理するためのプラットフォームです。

株式会社アイレップについて

アイレップは、広告主のマーケティング成果を最大化する統合デジタルマーケティングエージェンシーです。国内圧倒的ナンバーワンの SEM 領域に、データを起点とした新たな広告事業・ソリューション事業、そしてクリエイティブ事業を加え、高度なプランニングを展開することで、「ユーザーへの最適な情報流通により、国内外のクライアント企業の成果を最大化へと導く統合マーケティングエージェンシー」の立場を確固たるものにしていきます。

※アイレップは博報堂DYグループの企業です。
会社概要
<社名>
株式会社アイレップ
<所在地>
東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー21F
<URL>
https://www.irep.co.jp/
<代表者>
高梨秀一
<設立年月>
1997年11月
<資本金>
5億5,064万円 (2019年3月末現在)
<事業内容>
  • 広告代理事業
  • ソリューション事業
  • クリエイティブ事業
  • その他
この記事をSNSで
共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
記事転載・引用などに
関するお問い合わせ先
TEL:03-5475-2720
FAX:03-5475-2725
報道関係:pr@irep.co.jp
弊社サービス内容関係:contact@irep.co.jp