プレスリリース News
カテゴリー:プレスリリース

アイレップ、米ヤフー&米マイクロソフト提携が起こすSEOと広告の大変化「SEO&リスティング広告の未来セミナー」を開催(無料/定員制)

米Yahoo!と米Microsoftの提携でリスティング広告とSEOはどう変わる?

米Yahoo!と米Microsoftは2010年2月18日、検索/広告分野における両社の提携合意に対し、米国司法省および欧州委員会(EC)から承認されたと発表をしました。これにより、Yahoo!ポータルが採用する検索エンジンは米Microsoftの新検索エンジン・Bing(ビング)への移行が本格化することとなります。

また、米Yahoo!の検索広告プラットフォーム(Panama)も米Microsoftが開発したadCenterプラットフォームに今後、国・地域ごとに順次切り替わります。こちらも Yahoo!のトラフィックを獲得することで検索広告マーケットプレイスとしての価値が高まるため、広告主の利用増加が見込まれます。

更に、「Google Real Time Search」に代表されるTwitter等をライブアップデート表示するリアルタイム検索や、Googleの「Rich Snippets」や「Yahoo!検索プラグイン」による検索結果UIの改良等、検索エンジンサービスの進化が加速しており、期待する成果を達成するためには、SEM戦略の再設計が必要となります。

今回のセミナーでは、これらの新しい検索技術・サービスの登場によるSEMの変化や、米国での変化がもたらす日本のSEMへの影響解説し、SEMを成功させたい企業担当者様におすすめのセミナーです。

「SEO&リスティング広告の未来セミナー」概要 (無料/定員制)

講演内容

  • 米ヤフー&米マイクロソフト提携が起こすSEOと広告の大変化
  • Webの構造化で更に進化するSEO
  • モバイル特有の検索キーワードの傾向とは?
  • デジタル資産最適化の為のSEM戦略
  • ランディングページ最新トレンド
  • 2010年 SEMの8つの重要ポイント
  • Yahoo!のBing採用でSEOはこう変化する
  • リンク獲得からTrust & Reputation 構築へ
  • テクノロジーの進化とリスティング運用最新戦略

※上記内容を中心にお話し、弊社サービスの紹介は基本的に行いません。
※最新情報をお届けするために、上記内容は一部変更となる場合があります。

講演者

  • 株式会社アイレップ 取締役CSO SEM総合研究所 所長 渡辺隆広
    日本のSEO黎明期である1997年よりSEOサービスを開始。2002年に会社設立(株式会社イー・プロモート)後、2005年4月より株式会社アイレップにてSEM総合研究所 所長を務める。アイレップのSEOサービスを監修する他、日米欧の検索業界の市場調査、サーチマーケティング関連のソリューション開発、検索エンジン企業等への事業展開アドバイスなども行う。SEO分野での第一人者として多くの執筆・講演活動で活躍中。主な著書に「検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書」(翔泳社刊)等。また、専門誌・サイトで多数の連載記事を担当し、その高い専門性で人気を博している。

  • 株式会社アイレップ 代表取締役社長 COO 紺野俊介
    EDS Japan(現日本ヒューレット・パッカード)勤務を経て、株式会社アイレップ入社。SEM分野のトップコンサルタントとして、これまで数多くの大手クライアントのSEMを成功に導く。現在は株式会社アイレップ代表取締役社長COOとして、アイレップのSEM事業を率いるとともに、SEM関連の書籍・コラム執筆や、セミナー講演を積極的 に務めている。主な著書に「検索連動型広告を成功に導くSEM戦略」(インプレスジャパン刊)、「SMO(ソーシャルメディア最適化)実践テクニック」(ソフトバンククリエイティブ刊)等。

日程・会場

■東京

  • 日時 : 2010年3月25日(木)13:00-15:00(12:30受付開始)
  • 会場 : 東京国際フォーラム G棟4階G402
        (東京都千代田区丸の内3丁目5番1号) 地図
  • 定員 : 60名(応募数多数の場合は抽選とさせていただきます)

セミナー申込要領

  • 参加費 :無料
  • お申込 :専用フォームよりお申し込みください
  • 締切 : 2010年3月19日(金)17:00

※なお、ネット広告代理店、SEOサービス会社、Web制作会社等、同業他社の方の参加はお断り致します。

以上

この記事をSNSで
共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
記事転載・引用などに
関するお問い合わせ先
TEL:03-5475-2720
FAX:03-5475-2725
報道関係:pr@irep.co.jp
弊社サービス内容関係:contact@irep.co.jp