プレスリリース News
カテゴリー:プレスリリース

アイレップ、最新の検索エンジンマーケティングを一挙に語る「2010年 リスティング広告&SEO最新戦略セミナー」を開催(無料/定員制)

そろそろ2010年の検索エンジンマーケティング戦略を考えてみませんか?

今年7月末、米Microsoftと米Yahoo!は検索事業における提携合意を発表しました。それにより、Yahoo!ポータルが採用する検索エンジンはMicrosoftが6月にリリースした新検索エンジン・Bing(ビング)に、今後切り替えられることとなります。

また、米Yahoo!の検索広告プラットフォーム(Panama)もMS社が開発したadCenterプラットフォームに切り替わることが報じられています。

このような米国での大きな変化が、将来的に日本のSEMにも波及するものと想定されるため、企業担当者はSEOやリスティング広告などへの取組み方(検索エンジンマーケティング戦略)の再構築が求められると考えられます。

更に、Google・Yahoo!ともに急速に検索技術やサービスを進化させており、テクノロジーを活用した広告サービスも多様化・高度化が益々の進展を見せています。

今回のセミナーでは、新しい技術やサービスの登場によるユーザの検索行動の変化について調査データなども紹介しながら、2010年の検索エンジンマーケティング戦略を考えるための最新動向や将来予測などを語ります。

「2010年 リスティング広告&SEO最新戦略セミナー」概要 (無料/定員制)

講演内容

  • 検索エンジンマーケティング最新動向
  • Microsoft Bingが提唱する新概念「意思決定エンジン」とは?
  • 変化するユーザの情報探索行動と検索
  • Yahoo!のBing採用でSEOはどう変わる?
  • 正しいリンク価値の評価法
  • 検索ワードからみるユーザモチベーション
  • 海外最新調査データからみる SEMの新たな機会
  • Microsoft adCenterが持つ優位性とは?
  • 最新リスティング広告運用最適化戦略
  • モバイルリスティング広告活用のポイント
  • 進化する Google&Yahoo!の広告サービス
  • 今後の検索技術の進化とマーケティング

※上記内容を中心にお話し、弊社サービスの紹介は基本的に行いません。
※最新情報をお届けするために、上記内容は一部変更となる場合があります。

講演者

  • 株式会社アイレップ 取締役 CSO SEM総合研究所 所長 渡辺隆広
    日本のSEO黎明期である1997年よりSEOサービスを開始。2002年に会社設立(株式会社イー・プロモート)後、2005年4月より株式会社アイレップにてSEM総合研究所 所長を務める。アイレップのSEOサービスを監修する他、日米欧の検索業界の市場調査、サーチマーケティング関連のソリューション開発、検索エンジン企業等への事業展開アドバイスなども行う。SEO分野での第一人者として多くの執筆・講演活動で活躍中。主な著書に「検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書」(翔泳社刊)など。また、専門誌・サイトで多数の連載記事を担当し、その高い専門性で人気を博している。

  • 株式会社アイレップ 代表取締役社長 COO 紺野俊介
    EDSジャパン勤務を経て、株式会社アイレップ入社。SEM分野のトップコンサルタントとして、これまで数多くの大手クライアントのSEMを成功に導く。 現在は株式会社アイレップ代表取締役社長COOとして、アイレップのSEM事業を率いるとともに、SEM関連の書籍・コラム執筆や、セミナー講演を積極的 に務めている。主な著書に「検索連動型広告を成功に導くSEM戦略」(インプレスジャパン刊)、「SMO(ソーシャルメディア最適化)実践テクニック」(ソフトバンククリエイティブ刊)等。

日程・会場

■東京

  • 日時 : 2009年10月27日(火)14:00-16:00(13:30受付開始)
  • 会場 : ダイヤモンド社石山記念ホール
         (東京都渋谷区渋谷 1-1-8 青山ダイヤモンドビル 9F) 地図
  • 定員 : 60名(応募数多数の場合は抽選とさせていただきます)

セミナー申込要領

  • 参加費 :無料
  • お申込 :専用フォームよりお申し込みください
  • 締切 : 2009年10月21日(水)17:00

※なお、ネット広告代理店、SEOサービス会社、Web制作会社等、同業他社の方の参加はお断り致します。

以上

この記事をSNSで
共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
記事転載・引用などに
関するお問い合わせ先
TEL:03-5475-2720
FAX:03-5475-2725
報道関係:pr@irep.co.jp
弊社サービス内容関係:contact@irep.co.jp