プレスリリース News
カテゴリー:プレスリリース

「サイト内検索キーワード分析サービス」開始のお知らせ

報道関係者各位
プレスリリース

2006年12月12日
株式会社アイレップ(コード番号:2132)
代表取締役社長 高山雅行

株式会社アイレップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高山雅行、証券コード:2132、以下アイレップ)は、サイト内検索のデータを分析することで、ユーザの真のモチベーションを明確化し、SEM(検索エンジンマーケティング)施策全体を最適化する「サイト内検索キーワード分析サービス」の提供開始を発表します。

サービス提供の背景

現在、インターネットマーケティングの中でも中核的な存在となった検索エンジンマーケティングですが、その成功の鍵はユーザのモチベーションをいかに的確に理解するかという点にあります。そして、ユーザがどのような情報を得たいのか(=モチベーション)が最も明確に現れるのが、検索の際に用いられるキーワードです。
これまでは検索エンジンで検索に用いられたキーワードを、Web解析ツールやリスティング広告メディアが提供するキーワードツール等で把握し、SEM施策の改善に用いる手法が専ら中心でした。
今後はこれらに加え、企業サイト内に設置する「サイト内検索」の検索キーワードデータを分析することで、より一層的確にユーザモチベーションを把握し、SEM施策の改善に反映、結果的に企業のマーケティング成果を向上させることができると考えられます。 サイト内検索は、サイトのユーザビリティを向上させるだけでなく、そこから得られる検索キーワードデータという非常に重要なマーケティング資産の源となり得ると、SEM専門サービス企業のアイレップは考えます。

サービスの概要

今回、アイレップでは「サイト内検索キーワード分析サービス」の提供を開始することで、ユーザの真のモチベーションをより一層明確化し、SEM施策全体を最適化、顧客企業のマーケティング成果の向上を強力にサポートします。
このサービスは、下記のようなサービスメニューにて構成され、必要に応じてこれらを組み合わせて提供いたします。(価格は随時個別見積りとなります)

  • サイト内検索分析レポートの提供(SEM施策改善提案を含みます)
  • SiteCatalyst等のWeb解析ツールの提供
  • SiteNAVI等のサイト内検索ツールの提供

このコンサルティングサービスでは、サイト内検索だけでなく、Web解析ツールやリスティング広告メディアのキーワードツール等から得られたデータも同時に分析に用いることで、検索キーワードが持つユーザの意図に的確に対応したSEM施策、例えばリスティング広告出稿、SEO(検索エンジン最適化)、LPO(ランディングページ最適化)等の総合的な改善策を提案することで顧客企業のSEMを成功に導きます。

既にSEM事業において、業界トップクラスの実績を持つアイレップでは、今までのSEMサービスに今回の新サービスを付加することで、更に顧客満足度の高いSEMソリューションを展開して参りたいと考えております。

業績に与える影響

本件が当社業績に与える影響については、現時点では軽微であります。

以上

■株式会社アイレップ について

アイレップは「SEMインテグレーター(R)」として、検索連動型広告、SEO、Web解析、LPO(ランディングページ最適化)まで、SEMサービスをワンストップでご提供しております。日本最先端のSEM(サーチエンジンマーケティング)のノウハウ・情報を有するアイレップでは、今後も有益な最新情報を継続的に提供して参ります。

・アイレップのSEMサービスサイト

株式会社アイレップ 概要
オーバーチュア推奨認定代理店/グーグル正規代理店
<設立>1997年11月
<事業内容>
  • 検索エンジンマーケティング事業
    SEOサービス、検索連動型広告、Web解析、LPOサービス
  • インターネット広告代理業
    バナー広告、メール広告、モバイル広告、コンテンツ連動型広告等
  • シニアマーケティング事業( http://www.i-care.jp/ )
    有料老人ホーム紹介、介護業界特化型人材紹介サービス等
報道関係お問い合わせ先
広報担当 毛利
E-MAIL:
サービス内容に関するお問い合わせ先
サービス担当 紺野
E-MAIL:

※本広報資料の転送/引用は、ご自由にご利用下さい。

この記事をSNSで
共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
記事転載・引用などに
関するお問い合わせ先
TEL:03-5475-2720
FAX:03-5475-2725
報道関係:pr@irep.co.jp
弊社サービス内容関係:contact@irep.co.jp