高齢者福祉施設企画設計のプラスPMと入居者募集コンサルのアイレップが業務提携-施設の計画から入居者募集までをソリューションで提供-|株式会社アイレップ
プレスリリース News
カテゴリー:プレスリリース

高齢者福祉施設企画設計のプラスPMと入居者募集コンサルのアイレップが業務提携-施設の計画から入居者募集までをソリューションで提供-

2004年10月26日

 株式会社プラスPM(代表:木村 讓二、本社:大阪府吹田市)と日本有料老人ホーム紹介センターを運営する株式会社アイレップ(代表:高山 雅行、本社:東京都新宿区)は「高齢者福祉施設の計画から入居者の募集までのソリューションの提供」を目的として高齢者施設開発支援業務に関して業務提携を致しました。

 厚生労働省が発表している「介護保険事業状況報告の概要」(平成16年6月暫定版)によると今年の6月末現在で施設介護サービス受給者数(現物給付4月サービス分、償還給付5月支出決定分)が75.8万人となっており、5月末の発表数(75.1万人)に対して、7千人の増加であり、今後より一層高齢者福祉施設の建設が必要となってきています。

 しかし、高齢者福祉施設の建設を計画する事業者にとって、未成熟な市場ということもあり、事業計画及び提供サービス内容等のノウハウがないのが現状です。

 そこで、プラスPMとアイレップは、高齢者福祉施設開発支援業務を通して、新たに施設を開設する事業者の支援を目的として共同でサービスを開始いたします。

 今年の11月27日、12月11日には東京・大阪において「有料老人ホーム事業参入のポイントとその事例」と題してセミナーを開催してまいります。

セミナー概要へ

 今回の業務提携について、プラスPM社長の木村とアイレップ社長の高山は以下のように述べています。

プラスPM 木村

 『これからの老人ホーム経営は、ハード、ソフト面ともマーケティングが重要になる。入居希望者と多くの接点がある日本有料老人ホーム紹介センターの相談員の意見を取り入れた建築計画をすること。また、Webを主体にした新たな販売チャネルを活用することで、長期安定した経営ができる老人ホームの建設支援ができるようになったのは、心強い限りです。』

アイレップ 高山

 『弊社の日本有料老人ホーム紹介センターの相談員は、有料老人ホーム業界において最も中立な立場で顧客(入居希望者)に対し情報を提供し、入居者の生の声(ニーズ)と接している立場にいます。
今回のプラスPM社との提携により、有料老人ホーム事業の計画段階から相談員の視点で関わることで、入居者志向の質の高い有料老人ホームの提供に繋がると考えています。』

株式会社プラスPMについて

大阪と東京で一級建築士事務所として事業展開。主たる業務は、老人ホームや高齢者マンションのマーケティングから事業企画、建築設計、コンストラクションマネジメント、運営支援までを行い、関西圏ではトップクラスの実績を残しています。

株式会社アイレップについて

株式会社アイレップは「日本有料老人ホーム紹介センター」を運営しており、紹介業務提携をしている有料老人ホームが首都圏最大級の220ヶ所を越え、それを活用してホーム運営事業者と入居希望者双方の情報ギャップの是正に取り組んでいます。2004年より有料老人ホームの入居者募集のプロモーション・コンサルティングサービスも開始し、実績を出しています。

本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社プラスPM 企画営業部 担当:浅海
所在地:〒564-0063 大阪府吹田市江坂町2-2-9 清洲江坂ビル
連絡先: TEL (本社)06-6338-7720 (東京支店) 03-3519-7280
http://www.plusweb.co.jp
infom@plusweb.co.jp

株式会社アイレップ 事業開発部 担当:土屋
所在地:〒160-0022 東京都新宿区新宿4-3-25 オリックス新宿ビル9F
連絡先:TEL 03-5312-2071 FAX 03-5312-2582
http://www.i-care.jp
pr@irep.co.jp

※本広報資料はご自由に転送・引用していただけます。

この記事をSNSで
共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
記事転載・引用などに
関するお問い合わせ先
TEL:03-5475-2720
FAX:03-5475-2725
報道関係:pr@irep.co.jp
弊社サービス内容関係:contact@irep.co.jp