アイレップ公式サイト

プレスリリース

アイレップとヤフー講演!データ活用戦略とFacebook広告運用の最新事例を一挙解説
~ Webマーケッター必見 ~
「成果を生み出す 最新データ活用事例セミナー」
2月16日(木)アイレップ本社で開催(無料/定員制)

プレスリリース

平成29年1月18日
株式会社アイレップ

株式会社アイレップ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:紺野俊介、以下アイレップ)は、広告・Webマーケティングご担当者様を対象に、「成果を生み出す 最新データ活用事例セミナー」を2月16日(木)、アイレップ本社で開催いたします。講演は、ヤフー株式会社 データ事業推進本部 プロダクトマーケティング部長 鍵山仁氏をゲストスピーカーに迎え、アイレップ 執行役員 データインテリジェンス本部 本部長 木村洋平と、スマートフォンインフィード広告グループを統括する佐藤允が務めます。

お申し込み受付は終了しました。

セミナー開催の背景

昨今のインフラやデバイスのめまぐるしい進展により、ユーザーの行動領域はより一層広く複雑になり、その先にある広告コミュニケーションのあり方そのものが大きく変わってきています。そうしたなか、企業のWeb・マーケティング担当者にとって、複数のデバイスを横断したユーザーの行動をいかに捉え、どうアプローチをするかが、成果を創出するための重要な鍵となってきています。

また、テクノロジーの進化に伴い、企業の広告施策の取り組みにおいて“データ活用”が欠かせなくなってきています。広告効果を高めて成果につなげるためには、急速に増え続けるデータを取得・蓄積し、それを統合的に活用しながらPDCAサイクルを回していくことが重要です。その中でも保有する会員データや購入データを広告配信に活用するマーケティング手法に、企業の関心はますます高まっています。

そこで当セミナーでは、第1部でアイレップが事例化を進めてきたデータ活用を中心に、独自の分析と広告配信への活用手法についてお話しします。第2部では、Yahoo! DMPの最新活用方法や集客・売上アップに効くデータ活用術について解説していきます。第3部では、Facebook社と共同調査を行った、Facebook広告による検索リフト調査結果及びFacebook広告の最新活用事例をご紹介します。

企業のマーケティング担当者様、Web・広告のご担当者様、現状のデータ活用に課題を感じているお客様、これからデータドリブンマーケティングに着手していこうと検討中のご担当者様、必見のセミナーです。

セミナー概要

セミナー申込要領

  • 参加費 : 無料
  • お申込 : 専用フォームよりお申し込みください
  • 締 切 : 2017年2月8日(水)17:00

※ネット広告代理店、SEOサービス会社、Web制作会社等、同業他社の方の参加はお断りいたします

日程・会場

■ 東京会場

  • 日 時 : 2017年2月16日(木) 15:00-17:30(14:30受付開始)
  • 会 場 : 株式会社アイレップ 東京本社
    (東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー7F)
    会場地図はこちら
    http://www.irep.co.jp/company/map.html#anchor01
  • 定 員 : 40名(応募数多数の場合は抽選とさせていただきます)

お申し込み受付は終了しました。

セミナースケジュール

【15:00-15:40】 第1部 「データドリブンマーケティング最新事例紹介」
(講演:株式会社アイレップ 執行役員 データインテリジェンス本部 本部長 木村洋平)

・データドリブンマーケティングを取り巻く昨今の環境変化
・データ活用による潜在層へのアプローチ戦略
・データ連携による配信面横断とクリエイティブの最適化
・CRM情報や現在地情報を活用した広告配信

【15:50 -16:30】 第2部 「Yahoo! DMPによるデータを活用したデータドリブン集客」
(講演:ヤフー株式会社 Yahoo! DMP サービスマネージャー データ事業推進本部 プロダクトマーケティング部 部長 鍵山 仁)

・Yahoo! DMPで自社データとYahoo! JAPANのマルチビッグデータを分析することで見えてくる活用ポイント
・「精緻」な行動予測によるターゲットユーザーの獲得戦略

【16:40 -17:20】 第3部 「Facebook広告におけるオーディエンスの考え方」
(講演:株式会社アイレップ 第二メディアマネジメント本部 グループマネージャー 佐藤允)

・Facebook広告による、デバイスを横断した検索リフト効果調査結果(※)
・Facebook広告を活用しきるための運用術とは

※Facebook社の協力のもと、通常の広告配信及びレポートでは計測・取得できない、
“広告表示による検索へのリフト効果”調査を実施。その結果についてご紹介します。

講演者

株式会社アイレップ 執行役員 データインテリジェンス本部 本部長 木村洋平

早稲田大学大学院修了後、2003年デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社に入社。企画プロデューサーとして、コミュニケーションデザインの設計から施策運営まで担う傍ら、海外ソリューション調達など商品企画に尽力する。2010年にスマートデバイス推進部を立上げ、以後、動画を含むアドネットワーク事業とデータを活用したプランニングやロジック開発を次々に成功に導く。2016年、株式会社アイレップ執行役員就任。データインテリジェンス総指揮として、データプランニング推進とオリジナルデータロジック開発を統括する。

株式会社アイレップ 第2メディアマネジメント本部 グループマネージャー 佐藤允

2005年デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社に入社。ソーシャルメディア黎明期から広告商品開発、仕入れ・販売業務業務を担当する。2011年に株式会社アイメディアドライブへと出向し、アドネットワーク事業を推進。帰任後はソーシャルメディア担当マネージャーとして多数講演し、ソーシャルメディア広告の啓発活動に従事する。2016年に株式会社アイレップ スマートフォンインフィード広告グループ グループマネージャーに就任。ソーシャルメディアへの配信や運用を担う部署を統括する。

ヤフー株式会社 Yahoo! DMP サービスマネージャー
データ事業推進本部  プロダクトマーケティング部 部長 鍵山 仁

コンサルティングファーム、日本マイクロソフト株式会社でのITコンサルティングをベースとした豊富な経験を経て、2014年ヤフー株式会社に入社。Yahoo! DMPを活用した新たなデータコンサルティング事業の立ち上げおよびYahoo! DMPのプロダクト責任者として、ヤフーのデータビジネス拡大の中心的役割を担う。

株式会社アイレップについて

アイレップは広告主のマーケティング成果を最大化するデジタルマーケティングエージェンシーです。国内圧倒的ナンバーワンのSEM領域に、データを起点とした新たな広告事業・ソリューション事業を加えることで、「ユーザーへの最適な情報流通により、国内外のクライアント企業の成果を最大化へと導くエージェンシー」の立場を確固たるものにしていきます。

株式会社アイレップ 概要
<社名>株式会社アイレップ
<所在地>東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー7F
<URL>http://www.irep.co.jp/
<代表者>紺野俊介
<設立年月>1997年11月
<資本金>5億5,064万円 (2016年9月末現在)
<事業内容>
  • 広告代理事業
  • ソリューション事業
  • ツール事業
  • その他(デジタルメディア事業等)
※アイレップは、D.A.コンソーシアムホールティングスの100%子会社です
D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社
D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社
<代表者>矢嶋弘毅
<所在地>東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー33F
<設立年月>2016年10月
<上場市場>東京証券取引所市場第二部(証券コード:6534)

記事転載・引用等に関するお問い合わせ先

●株式会社アイレップ
TEL:03-3596-8050 FAX:03-3596-8145
【報道関係お問合せ先】 広報担当 E-MAIL:
【弊社サービス内容に関するお問合せ先】 E-MAIL: