アイレップ公式サイト

プレスリリース

アイレップ、動画検索マーケティングサービスの第1弾、
YouTube向けのSEM支援サービス「YouTube SEM」を提供開始

報道関係者各位
プレスリリース

2009年11月25日
株式会社アイレップ(コード番号:2132)
代表取締役社長COO 紺野俊介

株式会社アイレップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長COO:紺野俊介)は、動画コンテンツへの集客力及び閲覧数の向上・改善を目的とした、動画検索マーケティング(Video Search Marketing)のサービス提供を開始します。第1弾として、日本最大の利用者数を誇るYouTubeをターゲットとしたSEMを支援する「YouTube SEM」の提供を2009年11月25日より開始いたします。

YouTube SEM サービス開始の背景

日本最大の動画共有サイトとなったYouTubeは、ユーザによる動画投稿だけでなく、企業や団体による動画を活用したプロモーションの場としても利用されるようになりました。既にYouTube公式パートナーとして、政治、教育、アニメ、テレビ、音楽、ゲームなど多岐に渡る業種の企業がチャネルを開設し、製品・サービスのブランディングや顧客とのエンゲージメント/コミュニケーションを促進するための場の1つとして、積極的な活用が行われています。

一方で、YouTube日本版では月間7億5000万回の動画検索が行われており、検索エンジンとして考えると国内第3位相当の規模になるにも関わらず、この検索結果枠からターゲットとするユーザの視聴数を拡大するための施策は限られていました。

今回Google社から提供された「YouTubeプロモート動画」は、検索キーワードに連動して宣伝可能な、YouTube動画のリスティング広告です。YouTubeサイト内だけでなく、広くリーチ可能なGoogle コンテンツネットワークを通じたプロモーションが可能になります。アイレップでは、SEM専業企業として従来のテキストによるリスティング広告で培った経験とノウハウと、動画検索マーケティングの知見を融合することで、企業の動画プロモーションを支援するYouTube SEMの提供を開始します。

YouTube SEM サービス内容

YouTube SEMは、YouTubeプロモート動画によるリスティング広告の運用管理を提供します。標的とする消費者にリーチするためのキーワード設計から、動画公開時に掲載するタイトルや説明文、タグの作成、キーワードの入札管理、定期的なレポーティングまでを提供します。

また、ランキングアルゴリズムによって掲載動画ランクが決定する自然検索結果枠においても、関連するキーワードとの適合性を高めて上位に表示される確率を増すための最適化支援(VSEO:Video Search Engine Optimization)も提供していきます。

YouTubeプロモート動画とVSEOを行うことにより、YouTube利用ユーザへの動画プロモーション効果を最大限に高めることが可能となります。

今後のサービス展開について

アイレップは動画コンテンツの集客・接触機会を増やすための動画検索マーケティングにも取り組んでまいります。今後、GoogleやYahoo!など、通常の検索結果に動画を複合的に表示する検索エンジンに対応するサービスを準備しております。また、FoooooやWoopie等の動画に特化した検索エンジンの最適化に対応するサービスも開発しており、順次、サービスを拡充していく予定です。

以上

■株式会社アイレップ について

アイレップはSEM(検索エンジンマーケティング)専門企業(※1)として日本トップの売上高実績(※2)を持つ、SEMサービスのリーディングカンパニーです。検索連動型広告、SEO、Web解析、LPO(ランディングページ最適化)まで、SEM関連の専門サービスをワンストップでご提供しております。日本最先端のSEMのノウハウ・情報を有するアイレップでは、今後も有益な最新情報を継続的に提供して参ります。
(※1)SEM専業の定義=リスティング広告、SEO等のSEMサービス売上が全体売上の70%以上の事業者
(※2)2009年4-6月の売上高ベース(当社推定)

アイレップのSEMサービスサイト

株式会社アイレップ 概要
オーバーチュア推奨認定代理店/グーグル正規代理店
<社名>株式会社アイレップ
<所在地>東京都渋谷区渋谷2丁目1番1号 青山東急ビル
<URL>http://www.irep.co.jp/
<代表者>高山雅行 紺野俊介
<設立年月>1997年11月
<資本金>5億3,676万円(2009年9月末現在)
<事業内容>

本件内容・記事転載・引用等に関するお問い合わせ先
広報担当 毛利
E-MAIL:

サービス内容に関するお問い合わせ先
E-MAIL:

※本広報資料の転送/引用は、ご自由にご利用下さい。