アイレップ公式サイト

ホワイトペーパー

検索エンジン順位変動と動向(2017年6月)

2017年7月10日
株式会社アイレップ

2017年6月の検索エンジン順位変動(モバイル・PC)とその動向をまとめました。
順位変動観測指標の説明についてはこちら

図1
図2
図3
図4
図5

※ 移動平均:当日を含む直近10日間の変動幅平均

業界別変動状況

各業界別順位変動状況については下記を参照

※業界別変動状況はモバイル版のみ掲載

人材  旅行  小売/通販  不動産  メーカー  金融

2017年6月 検索エンジン動向

2017年5月29日
■Google 、日本語のGoogle アシスタントをAndroid スマートフォンに提供開始

2017年5月29日、Google は日本語に対応したGoogle アシスタントをAndroidスマートフォン に提供すると発表しました。Google アシスタントとは、機械学習を活用することにより自然な会話で適切な結果を案内する機能です。5月29日から数週間をかけて順次提供を開始します。
対象は、Android 7.0 Nougat とAndroid 6.0 Marshmallow で、Google Play ストアを搭載する全てのAndroidスマートフォンです。

※Google アシスタントで当社の住所を質問した時の回答例

※Google アシスタントで当社の住所を質問した時の回答例

http://japan.googleblog.com/2017/05/google-assistant.html

2017年6月13日
■米Google 、モバイル ファースト インデックス のローンチは2018年以降になる模様

2017年6月13日、米Google は米国シアトルで開催されたSMX Advanced 2017において、 Google のGary Illyes氏がモバイル ファースト インデックス (以下、MFI)のローンチは早くても2018年になる見込みであると発言しました。
本件に関して、Gary Illyes氏は以下のように説明しています。
① モバイル フレンドリー ではないWebサイトに被害を与えないかたちで、MFI をローンチしたいと考えており、そのため完全な状態でのローンチにはもっと時間が必要である
② MFI のローンチ後、完全なMFI への移行は更に先になる
③ パブリッシャーと密にコミュニケーションをとり、唐突なロールアウトにはしない
④ インデックスするモバイル用ページやリンクはデスクトップPC用ページと比べるとかなり少なく、加えて rel=canonical やアノテーション等のないモバイル用ページが多いといった点が課題となっている
なおモバイル ファースト インデックス の具体的なスケジュールは決まっていない模様です。

http://searchengineland.com/googles-mobile-first-index-likely-not-coming-2018-earliest-277074

2017年6月20日
■米Google 、求人検索の「 Google for Jobs 」を公開

2017年6月20日、米Google は求人検索の「 Google for Jobs 」を米国で公開しました。リッチ検索結果をさらに拡張し、双方向性のある「エンリッチ検索結果」として追加しています。なお日本語での導入について言及はなく未定です。
Google for Jobs は、仕事を探すユーザーと雇用主をマッチングさせる検索機能です。「head of catering jobs in nyc」(ニューヨークのトップのケータリングの仕事」や「entry level jobs in DC」(ワシントンD.C.の未経験者向けの仕事)といった求職の意図が明確なキーワード検索に対して、検索結果上に求人情報を専用のフォーマットで表示します(※実際の検索結果画面などは「米Google 、求人情報の検索機能「 Google for Jobs 」を発表」を参照)。
Google for Jobs に掲載するには、以下の両方の実装が必要となります。具体的な実装方法などはこちらのWebページを参照してください。

① Job Posting構造化データ を使用して、マークアップを行う

② XMLサイトマップ(を含む)をGoogle に送信する

またエンリッチ検索結果とは、ユーザーの目を引くポップアップや、双方向性を備えた検索結果のことを指します。エンリッチ検索はリッチ検索の一種であり、構造化データを使用して実装します。Google for Jobs はエンリッチ検索結果の1つで、他にも「レシピ」「イベント」をサポートしています。

※Google 検索(www.google.com)にてエンリッチ検索結果の「レシピ」(左)と「イベント」(右)の表示例(2017年6月28日時点)

※Google 検索(www.google.co.jp)にてエンリッチ検索結果の「レシピ」(左)と「イベント」(右)の表示例
(2017年6月28日時点)

https://webmasters.googleblog.com/2017/06/connect-to-job-seekers-with-google.html
https://support.google.com/webmasters/answer/7407437

2017年6月の総括

2017年6月の順位変動は、モバイル検索・PC検索ともに下旬に非常に大きな順位変動が発生しました。特にモバイル検索では6月22日に発生した非常に大きな順位変動以降継続的に変動しています。
検索エンジンの動向では、モバイル ファースト インデックス が2018年以降の見込みと伝えられました。ローンチに向けて対応していたWebサイト運営者は、改めてモバイル用ページとデスクトップPC用ページの内容とアノテーションなどの確認を着実に進めることが推奨されます。
また日本語のGoogle アシスタントが提供され、今後はますますユーザーが求める情報の答えになるようなコンテンツを用意することが重要になります。

図8
図9
図10
図11
図12
図13

検索エンジン順位変動と動向(2017年5月)
検索エンジン順位変動と動向(2017年4月)
検索エンジン順位変動と動向(2017年3月)

株式会社アイレップについて

アイレップは広告主のマーケティング成果を最大化するデジタルマーケティングエージェンシーです。国内圧倒的ナンバーワンのSEM領域に、データを起点とした新たな広告事業・ソリューション事業を加えることで、「ユーザーへの最適な情報流通により、国内外のクライアント企業の成果を最大化へと導くエージェンシー」の立場を確固たるものにしていきます。

株式会社アイレップ 概要
<社名>株式会社アイレップ
<所在地>東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー7F
<URL>http://www.irep.co.jp/
<代表者>紺野俊介
<設立年月>1997年11月
<資本金>5億5,064万円 (2016年9月末現在)

<事業内容>

  • 広告代理事業
  • ソリューション事業
  • ツール事業
  • その他(デジタルメディア事業等)

※アイレップは、D.A.コンソーシアムホールティングスの100%子会社です

D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社
D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社
<代表者>矢嶋弘毅
<所在地>東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー33F
<設立年月>2016年10月
<上場市場>東京証券取引所市場第二部(証券コード:6534)

記事転載・引用等に関するお問い合わせ先

●株式会社アイレップ
TEL:03-3596-8050 FAX:03-3596-8145
【報道関係お問合せ先】広報担当 E-MAIL: pr@irep.co.jp
【弊社サービス内容に関するお問合せ先】 E-MAIL: contact@irep.co.jp

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社の Adobe Reader(R)が必要になります。最新の Adobe Readerは Adobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。