アイレップ公式サイト

ホワイトペーパー

検索エンジン順位変動と動向(2015年10月)

2015年11月10日
株式会社アイレップ

2015年10月の検索エンジン順位変動(PC・モバイル)とその動向をまとめました。
順位変動観測指標の説明についてはこちら

図1
図2
図3
図4
図5

※ 移動平均:当日を含む直近10日間の変動幅平均

PC・モバイルの変動状況のまとめ

2015年10月のPCとモバイルの順位変動状況は、10月10日から14日までの5日間、PC検索と比較してモバイル検索の変動が平均27%大きくなっていました。しかし、それ以外の期間ではモバイル検索の方が平均8%大きな変動幅を記録しました。

業界別変動状況

各業界別順位変動状況については下記を参照

※業界別変動状況はPC版のみ掲載

人材  旅行  小売/通販  不動産  メーカー  金融

2015年10月 検索エンジン動向

2015年9月30日
■米Google 、App Indexing API をランキング要素に採用

2015年9月30日、米Google のMariya Moeva氏が、App Indexing API の利用の有無をランキング要素に追加したとSMX East 2015で発表しました。
これまでも同APIを利用することで「オートコンプリートへの反映」「Now on tapへの反映」等、露出機会を増やす効果がありました。今後は「ランキング要素に追加」されたことで検索結果における露出機会増加の効果が加わります。
ランキング要素追加の理由は「APIを利用することで、Google はアプリから様々なエンゲージメントデータを収集し、アプリがユーザーに役立つものかを判断できるようになるため」としています。

http://searchengineland.com/google-adds-additional-ranking-boost-for-using-app-indexing-api-232018

2015年10月5日
■Google 、検索アルゴリズムに新たなスパム対策フィルタを導入

2015年10月5日、Google はスパム対策アルゴリズムの適用について公式ブログで発表しました。
ハッキングによってスパムページを埋め込む手法が横行している検索キーワードに対して、一部の検索結果のみ表示するフィルタリングを行います。
影響範囲は言語によって異なるものの、関連する検索キーワードの約5%とのことです。
※本件は、「検索エンジン順位変動と動向(2015年9月)」中の「ブランド・アパレル系キーワードでの検索結果数が急減、Google のスパム対策に起因」で記載した事項の詳細

図6

※ Google (www.google.co.jp)にて「ブランド名」や「アパレル系」で検索した際の検索結果表示例
(前回からの推移)

http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2015/10/an-update-on-how-we-tackle-hacked-spam.html

2015年10月10日
■Google 、iOSアプリ用App Indexing を一般公開

2015年10月10日、Google は iOSアプリ用App Indexing をすべての iOSアプリ で利用可能になったと発表しました。
SafariのGoogle 検索結果においても、App Indexing が機能しアプリ内に直接遷移することか可能になります(11月2日時点、実装を確認)。
なお、すでに iOS 7/8 向けのカスタムURLスキームを使用して実装している場合は、iOS 9 向けのユニバーサルリンクへ変更する必要があります。

https://plus.google.com/u/0/+GoogleDevelopers/posts/YufAxDQDHax
https://developers.google.com/app-indexing/ios/app

2015年10月20日
■米Yahoo!、Google との提携を発表

2015年10月20日、米Yahoo!社 は Google との提携を公式に発表しました。
世界各国の Yahoo!検索において、Google のウェブ検索・画像検索・検索向けAdSense を利用することが可能になります。
なお日本・EU諸国・ロシア・中国等は対象外となります。

図7

※ 影響を受ける国・地域

https://investor.yahoo.net/releasedetail.cfm?ReleaseID=937519

2015年10月26日
■米Google 、人工知能「 RankBrain 」を導入していることを明らかに

2015年10月26日、米Google の上級科学研究員Greg Corrado氏が米Bloombergとのインタビューの中で、Google 検索に人工知能を用いた「 RankBrain 」システムを導入していたことを明らかにしました。
RankBrain は、検索キーワードの意図を推論し、検索結果をフィルタリングすることで検索品質を改善します。
数か月前から多くの検索キーワードに対して利用されており、特に検索キーワードの15%を占める「今まで検索されたことのないキーワード」の処理に役立てられているとのことです。
Google は検索結果を表示するために数百ものシグナルを用いていますが、その中でRankBrain は 3番目に重要なシグナルだとCorrado氏は述べています。

http://www.sem-r.com/google-2010/20151027164652.html

2015年10月の総括

検2015年10月の順位変動は、PCとモバイル検索の両方において中旬に非常に大きな順位変動が発生しました。10月22日の順位変動規模は、100位までの変動を総合的にみた場合、6月18日に発生した変動以来の規模になります。なお、この変動に関するGoogle からの発表はなく、日常的なアルゴリズム改善によるものと推測します。
また、検索エンジンの動向では、人工知能を用いたシステム「 RankBrain 」を実装していた事実が明らかになりました。RankBrainは主に検索キーワードのインテント(ユーザーの検索意図)を理解する役割を担っているため、RankBrainのための特別な対策は必要ありません。

図8
図9
図10
図11
図12
図13

検索エンジン順位変動と動向(2015年9月)
検索エンジン順位変動と動向(2015年8月)
検索エンジン順位変動と動向(2015年7月)

株式会社アイレップについて

アイレップは広告主のマーケティングを最適化する「デジタルマーケティングエージェンシー」です。デジタル領域における、リスティング広告、運用型ディスプレイ広告、SEO(検索エンジン最適化)、SMO(ソーシャルメディア最適化)、Web 解析、LPO(ランディングページ最適化)まで、多様化する広告手法やデバイスに対応した質の高い専門サービスをワンストップで提供し、企業価値の向上に努めてまいります。

株式会社アイレップ 概要
<社名>株式会社アイレップ
<所在地>東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー7F
<URL>http://www.irep.co.jp/
<代表者>紺野俊介
<設立年月>1997年11月
<資本金>5億5,039万円 (2015年9月末現在)
<事業内容>
  • デジタルマーケティング領域
    • SEMサービス(PC/モバイル/スマートデバイス)
    • 運用型ディスプレイ広告
    • ソーシャルメディアマーケティング
    • アフィリエイトマーケティング
    • インターネット広告
  • デジタルメディア領域

記事転載・引用等に関するお問い合わせ先

●株式会社アイレップ
TEL:03-3596-8050 FAX:03-3596-8145
【報道関係お問合せ先】広報担当 小泉 E-MAIL: pr@irep.co.jp
【弊社サービス内容に関するお問合せ先】 E-MAIL: contact@irep.co.jp

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社の Adobe Reader(R)が必要になります。最新の Adobe Readerは Adobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。