TEAM JAZZ

EC advertising banner

アパレル&EC広告ご担当者様必見!バナー事例大全

IENAやJOURNAL STANDARDなど数多くのブランドで新しいライフスタイルを発信し続けている株式会社ベイクルーズ様(以下、ベイクルーズ)。今回は、既存顧客の売上拡大と新規顧客の獲得を目的にPDCAサイクルを回しながら効果的な広告バナーのクリエイティブ = 「勝ち筋」を発掘している事例を紹介します。

株式会社ベイクルーズ

Challenge

バナー改善のPDCAサイクルを効率的にまわすには、クリエイティブの構成要素を適切に分解し、複数の組み合わせで出稿した結果を分析することで、効果的なクリエイティブを発掘していくことが重要です。 ベイクルーズとアイレップでは、数週間から数ヶ月のスパンでロードマップを策定し、短期サイクルでの仮説検証を繰り返すことで、一定の成果を担保しながら勝ち筋を見極めてきました。

Strategy

アイテムやメッセージングなど多数の軸で細分化した訴求要素、配信媒体、配信枠、バナーサイズなど無数の組み合わせを並行して出稿することで勝ち筋の発掘を行います。発掘された勝ち筋の深堀り案としてブランド名違いで複数展開し配信することで、確度高く成果を上げられる運用も実現しています。 また、勝ち要素の深堀り案とは違った視点からのチャレンジ案も随時盛り込むことにより、未発見の勝ち要素を導き出すことを可能にしています。

Creative

アパレル分野では特にその年の流行や季節性を強く意識した被写体やコピーの選定が重要になります。 配信結果から見えた傾向を一部ご紹介します。 ・正方形の配信枠では人物を用いたクリエイティブよりもアイテム単体の方がCTRが高い ・ブランドからリリースされたマスクなど時流をキャッチしたアイテム掲載がCVs好調 ・コピーでは取り扱いのある「複数のブランド名を入れた」説明文が媒体評価・CTCVR共に好調

サービスに関するお問い合わせはこちらまで