TEAM JAZZ

BAYCREW’S STORE WebCM制作

国内初バーチャルプロダクション技術を導入した EC販促の認知拡大WebCM

ファッション通販サイト「BAYCREW'S STORE(ベイクルーズストア)」を運営する株式会社ベイクルーズ様(以下、ベイクルーズ)のEC販促の認知拡大を目的に、国内で初めて(※1)バーチャルプロダクション技術(※2)を導入したCM制作を実施しました。 あらゆるライフスタイルに「JOY」を届けるベイクルーズ。ベイクルーズストアには様々なコンセプトや世界観を持つブランドがある ことを伝えるため、複数のシーンとそのシーンに合うファッションやアイテムを、「JOY」のイメージとともに演出しました。 サイトの認知と、その特性が伝わるWebCMを手がけています。 (※1 ソニーPCL株式会社が提案するソリューションを使用したCM映像制作としては日本初) (※2  LED WALL + In-Camera VFX)

株式会社ベイクルーズ

Challenge

「人々に感動を与え続ける集団でありたい」という理念を掲げ、様々なブランドを手掛けるベイクルーズ。しかし、各ブランドの認知は一定数取れているものの、ベイクルーズストア自体の認知率改善の余地を感じられていました。 「サイトを知ってもらうこと」「ベイクルーズストアには多彩なブランドがあることを知ってもらうこと」 、その解決策としてクリエイティブのご相談をいただきました。

Strategy

ベイクルーズストアの認知率向上に対し、各ブランドの認知は一定数取れているというポイントから、ベイクルーズの各ブランドをフックにベイクルーズストアの認知向上を図っていくことを狙いとしています。 さらに、男性女性軸それぞれの最適なクリエイティブを見つけていくため、「レコメンド編」「インサイト編」「ブランド編」から訴求軸と演出軸を検証。男女それぞれの勝ちクリエイティブの訴求パターンの検証を行い、成果最大化を目指しました。

Creative

ベイクルーズは、様々なシチュエーションで「JOY」を届ける存在。そこで、ベイクルーズブランドの幅広さを「扉」を使って演出。「扉を開けてあらゆるシーンのJOYを見つける」=「ベイクルーズストアを使うことで様々なファッションやアイテムと出会える」というクリエイティブ表現にしています。 また、制作費やコロナ禍の制約の中でも高いクオリティで各ブランドの世界観を表現するにあたり、バーチャルプロダクション技術を活用。コロナ禍で海外撮影に行けない状況ですが、ブランドの世界観を保持しつつ、複数のロケーションにより、バーチャル映像でも素材感やデザイン性をしっかりと伝えられるようにしています。

サービスに関するお問い合わせはこちらまで