TEAM JAZZ

Our Solution

01

科学するテレビCM

テレビCMでこんなお悩みを抱えていませんか?

  • テレビCMをやってはいるものの、実際の売上げに貢献できている実感がない
  • どのくらいの効果があるのか把握できていないまま、テレビCMを続けてしまっている
  • テレビCMはやりたいが、ついつい効果が可視化できるデジタル広告を優先してしまう

アイレップの「科学するテレビCM」では…

  • データという科学的根拠をもとに、売上げ成果につながるクリエイティブを開発します。
  • 独自ツールを用いた分析により、効果的なテレビCM放送枠を見つけ出し、効果的なメディアプランニングおよびバイイングを実現します。

科学するテレビCMの特徴
『クリエイティブを科学する』

プロトタイプ型の制作プロセス

運用型広告のPDCAのノウハウをテレビCM制作にも適用し、様々なテストを行いながら、成果につながる企画や表現を開発します。

目線を捉えた演出要素の作り込み

独自開発したAIヒートマップツールを用いて、伝えたい表現要素に目線が集まるかを分析します。この分析を制作プロセスに盛り込むことで、表現精度をさらに高めることが可能です。

株式会社リクルート様『スタディサプリ』中学講座・大学受験講座 2021年CMより

科学するテレビCMの特徴
『メディアプランを科学する』

過去ノーム値を活用した効果予測

テレビCMを実施すると、指名検索だけでなく、既存デジタル広告のCTRやCVRにも影響を及ぼします。博報堂DYグループの持つノーム値を駆使して、テレビCMの効果を予測します。

※注1:効果予測は、効果を保証するものではありません。
※注2:業種別のノーム値を活用するため、適用できないケースもございます。

『x2(DOUBLE SCORE)』によるテレビCM放映枠のPDCA

「x2(DOUBLE SCORE)」では、広告出稿実績とWebアクセスデータ等を紐づけ、テレビCM一本あたりの放送前後効果を可視化します。その結果、サイトアクセス等の観点から最適な出稿枠を導き出し、スポット作案時の線引きやSAS※でのテレビCM放映枠の検討に活用することができます。

※注3:スマートアドセールス。テレビCMの放送枠を1本から購入できるスポットCM枠申込オンラインシステム

「テレビCMにPDCAを。」指名検索リフト分析でテレビCMの効果を可視化

デジタルの手法でマスに挑戦する!運用型テレビCM「科学するテレビCM」

ロケも合成も不要。最新のバーチャル撮影技術で、動画広告の最適解を“科学する”

サービスに関するお問い合わせはこちらまで