アイレップ公式サイト

ホワイトペーパー

検索エンジン順位変動と動向(2017年9月)

2017年10月16日
株式会社アイレップ

2017年9月の検索エンジン順位変動(モバイル・PC)とその動向をまとめました。
順位変動観測指標の説明についてはこちら

2017年9月変動状況:モバイル版20位まで

図1

2017年9月変動状況:モバイル版50位まで

図2

2017年9月変動状況:PC版20位まで

図3

2017年9月変動状況:PC版50位まで

図4

モバイル・PCの変動状況比較(Google 検索20位まで)

図5

※ 移動平均:当日を含む直近10日間の変動幅平均

業界別変動状況

各業界別順位変動状況については下記を参照

※業界別変動状況はモバイル版のみ掲載

人材  旅行  小売/通販  不動産  メーカー  金融

2017年9月 検索エンジン動向

2017年9月10日
■米Google 、構造化データガイドラインを公開

2017年9月10日、米Google は構造化データガイドライン(Structured Data General Guidelines)を公開しました。英語版のみの公開です(10月2日時点)。
本ガイドラインは、すでに開発者向けサイトの別ページで公開されていた内容に修正や加筆する形で公開しています。新たに追加された内容は、構造化データを正しく設定し構造化データテストツールでエラーが表示されない状態にも関わらず、検索結果にリッチスニペットなどが表示されない場合の原因が記載されています。
・ユーザーにとって最も良い結果を提供するために、Google のアルゴリズムが検索履歴・ロケーション・デバイスの種類など多くの要素に基づいて検索結果を最適化した結果、ウェブマスターが意図したものと異なる特定のリッチスニペットを表示する場合。また、リッチスニペットのない通常のタイトルと説明文だけの方が良いと判断した場合
・Webページの主な内容を表すものではなくユーザーを誤解させる可能性がある場合
・構造化データテストツールが認識できない誤りを含んでいる可能性がある場合
・構造化データによって参照されるコンテンツがユーザーから隠されている場合
・Google が示す様々なガイドラインに違反している場合

https://developers.google.com/search/docs/guides/sd-policies

2017年9月24日
■Google 、モバイル専用サイトからレスポンシブサイトへ移行する方法を公開

2017年9月14日、Google はデスクトップPC用ページとモバイル用ページが異なるURLで運用されているWebサイトを、レスポンシブウェブデザインのWebサイトへ移行する方法を公式ブログで公開しました。
公式ブログでは、移行時に考慮すべきポイントとして、モバイル用ページのURLからレスポンシブサイトのURLへの301リダイレクト設定を挙げています。なお、レスポンシブウェブデザインのメリットは以下です。
① メンテナンスが容易になる
② 国際化のためのhreflang、高速化を実現するAMP、検索機能の向上に役立つ構造化データなど、様々な技術や手段を実装しやすくなる

https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/09/how-to-move-from-m-dot-urls-to.html

2017年9月の総括

2017年9月の順位変動は、モバイル・PC検索ともに中旬から下旬にかけて断続的に大きな順位変動が発生しました。また中旬以降にモバイル・PC検索ともに移動平均が上昇しており、当社が定めた閾値を超えない日でも、上旬と比較して変動幅が大きくなっています。
検索エンジンの動向では、新しい情報のトピックはありませんでした。しかし、構造化データガイドラインやレスポンシブサイトへの移行方法など重要な情報が改めてGoogle から発信されています。Webサイトの管理者・制作者は再度確認することを推奨します。

2017年9月変動状況:モバイル版20位まで:人材業界

図6

2017年9月変動状況:モバイル版20位まで:旅行業界

図7

2017年9月変動状況:モバイル版20位まで:小売/通販業界

図8

2017年9月変動状況:モバイル版20位まで:不動産業界

図9

2017年9月変動状況:モバイル版20位まで:メーカー系(自動車・コスメ・家電)

図10

2017年9月変動状況:モバイル版20位まで:金融業界

図11

検索エンジン順位変動と動向(2017年8月)
検索エンジン順位変動と動向(2017年7月)
検索エンジン順位変動と動向(2017年6月)

株式会社アイレップについて

アイレップは広告主のマーケティング成果を最大化するデジタルマーケティングエージェンシーです。国内圧倒的ナンバーワンのSEM領域に、データを起点とした新たな広告事業・ソリューション事業を加えることで、「ユーザーへの最適な情報流通により、国内外のクライアント企業の成果を最大化へと導くエージェンシー」の立場を確固たるものにしていきます。

株式会社アイレップ 概要
<社名>株式会社アイレップ
<所在地>東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー7F
<URL>http://www.irep.co.jp/
<代表者>紺野俊介
<設立年月>1997年11月
<資本金>5億5,064万円 (2017年3月末現在)

<事業内容>

  • 広告代理事業
  • ソリューション事業
  • ツール事業
  • その他(デジタルメディア事業等)

※アイレップは、D.A.コンソーシアムホールティングスの100%子会社です

D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社
D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社
<代表者>島田雅也
<所在地>東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー33F
<設立年月>2016年10月
<上場市場>東京証券取引所市場第二部(証券コード:6534)

記事転載・引用等に関するお問い合わせ先

●株式会社アイレップ
TEL:03-3596-8050 FAX:03-3596-8145
【報道関係お問合せ先】広報担当 E-MAIL: pr@irep.co.jp
【弊社サービス内容に関するお問合せ先】 E-MAIL: contact@irep.co.jp

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社の Adobe Reader(R)が必要になります。最新の Adobe Readerは Adobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。