アイレップ、negocia(ネゴシア)と資本業務提携 ~AI等を活用したテクノロジーの開発力強化~|株式会社アイレップ
プレスリリース News
カテゴリー:プレスリリース

アイレップ、negocia(ネゴシア)と資本業務提携 ~AI等を活用したテクノロジーの開発力強化~

プレスリリース

令和元年9月30日
株式会社アイレップ

株式会社アイレップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高梨秀一、以下アイレップ)は、negocia 株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:柴山大、以下 negocia)を連結子会社化し、データ・テクノロジー領域において、AI 等を活用したソリューションやツールの開発体制を強化いたします。

negocia は、近年急速に拡大するインターネット運用型広告における自動入札管理ツールの開発を手掛けるテクノロジー企業です。スピーディなシステム開発・実装のノウハウだけでなく、アドテクノロジーや広告運用の実務内容に対して深い知見を持つなど、高い専門性を有するエンジニアを中心に構成されています。直近では、その運用ノウハウをもとにルールベース・機械学習を組み合わせた AI を開発し、大手 EC プラットフォームに対応した自動運用ツール開発にも注力しています。一方、アイレップは、デジタル広告や SEO サービスで培ってきた知見・組織能力を活用し、「統合デジタルマーケティング」という考え方を軸に、クライアント企業のマーケティング ROI 向上を実現するフルファネル型のサービス提供を目指しています。

近年、デジタルマーケティングの実践においては、マーケティングテクノロジーやアドテクノロジーと呼ばれる技術により、クライアント企業の保有するデータとさまざまなデータを統合・解析し、広告プランニング・広告表現を自動化・精密化するなど、幅広い領域で、高度化が実現されつつあります。今後、5G による高速化・大容量化が実現することで、これらのテクノロジー活用の重要度は飛躍的に増すものと考えられます。アイレップでは、こういった環境変化を捉え、データ・テクノロジー領域における開発体制の強化を積極的に行ってまいりました。

このたびアイレップは、AI 等を活用したソリューションやツール開発を推進するデータ・テクノロジー領域において、重要な役割を担う negocia をグループ企業に迎え入れます。両社の知見・ノウハウを活かしたサービス提供や組織力の強化を図ることで、データ・テクノロジーの観点からクライアント企業の統合デジタルマーケティングを支援できる体制の拡充を、共に目指してまいります。

なお、negocia の代表取締役である柴山 大氏は、10月1日よりアイレップの執行役員に就任し、アイレップグループのテクノロジー戦略領域の推進を担当いたします。

以上

negocia 株式会社のプレスリリースはこちら

negocia 株式会社について

<社名>
negocia 株式会社 (negocia,Inc.)
<所在地>
東京都中央区新富 1-7-8 イタクラビル 8F
<URL>
https://negocia.jp/
<代表者>
柴山 大
<設立年月>
2017年 3月
<事業内容>
  • Amazon広告運用SaaSの開発
  • ソリューション事業
  • WebプッシュSaaSの開発・販売
  • スタートアップ支援コンサルティング事業

株式会社アイレップについて

アイレップは、広告主のマーケティング成果を最大化する統合デジタルマーケティングエージェンシーです。国内圧倒的ナンバーワンのSEM領域に、データを起点とした新たな広告事業・ソリューション事業、そしてクリエイティブ事業を加え、高度なプランニングを展開することで、「ユーザーへの最適な情報流通により、国内外のクライアント企業の成果を最大化へと導く統合マーケティングエージェンシー」の立場を確固たるものにしていきます。

株式会社アイレップ 概要
<社名>
株式会社アイレップ
<所在地>
東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー21F
<URL>
https://www.irep.co.jp/
<代表者>
高梨秀一
<設立年月>
1997年11月
<資本金>
5億5,064万円 (2019年3月末現在)
<事業内容>
  • 広告代理事業
  • ソリューション事業
  • ツール事業
  • その他(デジタルメディア事業等)

この記事をSNSで
共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
記事転載・引用などに
関するお問い合わせ先
TEL:03-5475-2720
FAX:03-5475-2725
報道関係:pr@irep.co.jp
弊社サービス内容関係:contact@irep.co.jp