アイレップとDAC、リスティング広告のプランニングを総合的にサポートする「Search Guru™」の販売・取扱いを開始|株式会社アイレップ
プレスリリース News
カテゴリー:プレスリリース

アイレップとDAC、リスティング広告のプランニングを総合的にサポートする「Search Guru™」の販売・取扱いを開始

報道関係者各位
プレスリリース

2009年5月18日
株式会社アイレップ(証券コード:2132)
代表取締役社長COO 紺野俊介

株式会社アイレップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長COO:紺野俊介)は、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢嶋弘毅、以下 DAC)が開発したリスティング広告の総合プランニングサポートシステム「Search Guru™」の販売・取扱いを、5月20日より開始いたします。

販売開始の背景

ネット広告市場においては、リスティング広告の重要性が急速に高まっております。リスティング広告は、「2008年日本の広告費」(株式会社電通発表)によれば、ネット広告媒体費全体の約3割を占め、ネット広告を効率的に展開する上で不可欠なツールとなってまいりました。

この度アイレップで販売取扱いを開始する「Search Guru™」は、これまでディスプレイ広告等を中心とした支援システムであった「AD-Visor®NEXT」の拡張機能として、リスティング広告のプランニングをサポートするためにDACにて開発されたものです。DACでは、ネット広告のプランニング支援システムとして「AD-Visor®NEXT」を開発し、現在約50社の広告会社に提供する実績を持ちます。

Search Guru™ の主な特徴

リスティング広告のプランニングサポートツールである「Search Guru™」は、キーワード作成支援機能と予算シミュレーション機能を備えています。

■キーワード作成支援機能
検索ワードにより表示結果が変わるリスティング広告においては、ユーザの興味・関心と広告内容とを結びつけるキーワードの設定が広告効果を高めるうえで非常に重要となります。「Search Guru™」のキーワード作成支援機能は、以下の3つの機能でユーザのアイディア創出をサポートします。

?@ワードティッカー機能
独自ロジックにより収集したキーワードをランダムにスクロール表示し、豊富なバリエーションから”気づき”の機会を提供します。また、集計期間を絞ってトレンドをとらえたキーワードを発見したり、特定のキーワードから各種検索へジャンプしたり、関連する画像などを同時に表示したりすることにより、キーワードを多面的に理解することを支援します。

?A指定ページ解析
キャンペーンページを解析することにより、そのキャンペーンに則したキーワードを選定したり、ランキング表示します。また、複数のキャンペーンページを組み合わせて分析することにより、キーワードの重複状況を把握することもできます。

?B近接ワード機能
キーワード間の新たな関連性を発見することにより、イメージを増幅することができます。キーワード間の“近接性”を独自のロジックで数値化することにより、日常的にネットの閲覧や検索を行う生活者の連想や感覚に近いキーワード群を視覚的に展開して表示します。

■予算シミュレーション機能
一般的に、リスティング広告の出稿金額の算出を正確に行うには、リスティング広告サービス提供会社に取引口座を開設し、各社が提供するデータを使ってシミュレーションすることが必要となります。
「Search Guru™」は、リスティング広告サービス提供会社のAPI(※)を利用して出稿金額算出することができます。そのため、初めてリスティング広告を利用する広告主・広告会社であっても、キーワードを設定し、簡単に予算シミュレーションを行うことができます。
また、シミュレーションしたいキーワードを設定する際には、上記の「ワードティッカー機能」や「指定ページ解析機能」、「近接ワード機能」の画面に保存したキーワードを簡単に追加することができます。

(※)ソフトウェアを開発する際に使用できる機能のこと。開発者はその機能を自らプログラミングすることなく、同様の機能を実現するソフトウェアが作成できます。

また、アイレップが提供している自動入札ツール「i-bidder」や、リスティング広告自動運用管理ツール「KENSHOO SEARCH™(ケンショー・サーチ)」を活用すれば、リスティング広告のプランニングから広告出稿・管理までを統合的に実施することも可能です。

今後の展開について

アイレップおよびDACは、2007年12月に広告会社向けリスティング広告の専門会社である株式会社レリバンシー・プラスを共同で設立するなど、リスティング広告をはじめとするSEMへの対応体制を連携して強化してまいりました。
今後もアイレップおよびDACは、相互連携を進め、広告主・広告会社の需要に対応したネット広告関連サービスの提供を行ってまいります。

以上

■デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社について

<代表者>代表取締役社長 矢嶋 弘毅
<本社所在地>東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGP タワー33F
<設立年月>1996年12月02日
<資本金>33億87百万円 (2008年11月末現在)
<社員数>467名(連結) (2008年11月末現在)
<事業内容>インターネットメディアレップ事業
<売上高>458億26百万円 (2008年11月期連結実績)
■株式会社アイレップについて
<代表者>高山雅行 紺野俊介
<本社所在地>東京都渋谷区渋谷2丁目1番1号 青山東急ビル
<URL>http://www.irep.co.jp/
<設立年月>1997年11月
<資本金>5億3,514万円(2008年12月末現在)
<事業内容>
本件内容・記事転載・引用等に関するお問い合わせ先
【株式会社アイレップ】
TEL:03-5464-3281 FAX:03-5464-3291
報道関係お問合せ先:広報担当 毛利 E-MAIL:
サービス内容に関するお問合せ先:E-MAIL:
【デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社】
TEL:03-5449-6300
担当:戦略統括本部 広報担当 E-MAIL:
この記事をSNSで
共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
記事転載・引用などに
関するお問い合わせ先
TEL:03-5475-2720
FAX:03-5475-2725
報道関係:pr@irep.co.jp
弊社サービス内容関係:contact@irep.co.jp