アイレップ、逆境を好機に転換する「マーケティングROIを高めるリスティング広告・SEOセミナー」を開催(無料/定員制)|株式会社アイレップ
プレスリリース News
カテゴリー:プレスリリース

アイレップ、逆境を好機に転換する「マーケティングROIを高めるリスティング広告・SEOセミナー」を開催(無料/定員制)

激動のSEM=検索エンジンマーケティング。企業が取るべき次の戦略とは?

昨年来の世界的な不況により、多くの企業にて広告費用対効果の更なる見直しが求められています。中でも、ターゲティング精度が高く、行動モチベーションが高いユーザを獲得できるSEM(検索エンジンマーケティング)には再び高い注目が集まりつつあります。例えば、電通が2月23日に発表した「2008年(平成20年)日本の広告費」によれば、検索連動広告費の市場規模が前年比22.9%増の1,575億円と、総広告費が前年を下回ったにも関わらず、検索連動広告費は成長を続けています。

このように、広告予算のリスティング広告へのシフト傾向が加速しており、今までマス広告等に投下していた広告費用の一部をリスティング広告へ振り分けることで、全体的なマーケティングROIの向上に成功した当社顧客企業も数多く見受けられます。

ただし、今まで以上にリスティング広告に注力することに伴い、より効果的なリスティング広告運用戦略や安定的な運用体制が必要となり、これまでの戦略や運用体制のままでは成果向上が難しくなっている企業も増えています。

また、益々重要度を増すSEOについても、Yahoo!・Googleのアルゴリズムの変化への適切な対応を行えるか否かにより、企業による差が顕在化してきています。中でも、SEOを目的とした外部リンク対策の実施は、リスクが増加しています。

本セミナーでは、最新の検索エンジンマーケティング動向をわかりやすく解説するとともに、成果に直結する「次世代SEM戦略」の策定ポイントを詳しく語ります。

「マーケティングROIを高めるリスティング広告・SEOセミナー」概要 (無料/定員制)

講演内容

  • Google & Yahoo! 検索エンジン最新動向
  • ブレンド検索の特性を活用した新しいSEO戦略
  • 外部リンク対策の効果がゼロになるケース
  • テクノロジーの進化と今後のリスティング運用戦略
  • SEOを目的としたペイ・パー・ポストの利用は危険?
  • 進むモバイルリスティング広告の活用
  • 失敗しないリスティング広告代理店の効果的活用法

*最新情報をお届けするために、上記内容は一部変更となる場合があります。

講演者

  • 株式会社アイレップ 取締役CSO SEM総合研究所 所長 渡辺隆広
    日本のSEO黎明期である1997年よりSEOサービスを開始。2002年に会社設立(株式会社イー・プロモート)後、2005年4月より株式会社アイレップにてSEM総合研究所 所長を務める。アイレップのSEOサービスを監修する他、日米欧の検索業界の市場調査、サーチマーケティング関連のソリューション開発、検索エンジン企業等への事業展開アドバイスなども行う。SEO分野での第一人者として多くの執筆・講演活動で活躍中。主な著書に「検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書」(翔泳社刊)など。また、専門誌・サイトで多数の連載記事を担当し、その高い専門性で人気を博している。
  • 株式会社アイレップ 代表取締役社長COO 紺野俊介
    EDSジャパン勤務を経て、株式会社アイレップ入社。SEM分野のトップコンサルタントとして、これまで数多くの大手クライアントのSEMを成功に導く。現在は株式会社アイレップ代表取締役社長COOとして、アイレップのSEM事業を率いるとともに、SEM関連の書籍・コラム執筆や、セミナー講演を積極的に務めている。主な著書に「検索連動型広告を成功に導くSEM戦略」(インプレスジャパン刊)、「SMO(ソーシャルメディア最適化)実践テクニック」(ソフトバンククリエイティブ刊)など。

日程・会場

  • 日時 : 2009年3月26日(木)13:00-15:00(12:30受付開始)
  • 会場 : 東京国際フォーラム G棟5階G510
         (東京都千代田区丸の内3丁目5番1号) 地図
  • 定員 : 70名(応募数多数の場合は抽選とさせていただきます)

セミナー申込要領

  • 参加費 :無料
  • お申込 :専用フォームよりお申し込みください
  • 締切 : 2009年3月19日(木)17:00

※なお、ネット広告代理店、SEOサービス会社、Web制作会社等、同業他社の方の参加はお断り致します。

以上

この記事をSNSで
共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
記事転載・引用などに
関するお問い合わせ先
TEL:03-5475-2720
FAX:03-5475-2725
報道関係:pr@irep.co.jp
弊社サービス内容関係:contact@irep.co.jp