アイレップ、オーバーチュアよりゲストスピーカーを招き、「成功するオーバーチュア スポンサードサーチ&インタレストマッチ広告最新戦略セミナー」を東京・大阪にて開催(定員制/無料)|株式会社アイレップ
プレスリリース News
カテゴリー:プレスリリース

アイレップ、オーバーチュアよりゲストスピーカーを招き、「成功するオーバーチュア スポンサードサーチ&インタレストマッチ広告最新戦略セミナー」を東京・大阪にて開催(定員制/無料)

日本最大のリスティング広告「オーバーチュア」と、
SEM専門企業日本No.1のアイレップが語る

検索連動型広告として日本最大のシェアを占める「オーバーチュア スポンサードサーチ®」。そして、2008年9月より開始となった興味関心連動型広告「オーバーチュア インタレストマッチTM」。これらのオーバーチュア社の広告サービスでいかに効果的・効率的な集客成果を実現するかが、Webマーケティング上の最重要テーマの1つであることは間違いないことでしょう。

しかし、キーワード選定や入札、管理画面上での設定方法、ツール活用など、運用ノウハウ次第でその費用対効果を大きく向上させることができるのがリスティングの特徴です。広告主企業としては、リスティング広告の変化や特性を理解した上での積極活用が求められるのはもちろん、広告運用管理手法の高度化・自動化への対応も重要となっています。

このセミナーでは、オーバーチュア社よりゲストスピーカーを招き「オーバーチュア スポンサードサーチ®」と「オーバーチュア インタレストマッチTM」という2大広告手法で、より良い成果をあげたい企業様のための最新動向を解説するとともに、企業担当者が知っておくべき「今後の戦略立案ための視点」を共有します。

「成功するオーバーチュア スポンサードサーチ&
インタレストマッチ広告最新戦略セミナー」概要

講演内容

スポンサードサーチ広告編:

  • スポンサードサーチ広告の最新情報&トピック
  • 成功するスポンサードサーチ広告の運用戦略とは?

インタレストマッチ広告編:

  • インタレストマッチ広告の最新情報&トピック
  • インタレストマッチ広告の賢い活用方法とは?

質疑応答編:

  • スポンサードサーチ広告に関する質問
  • インタレストマッチ広告に関する質問 etc.

*最新情報をお届けするために、上記内容は一部変更となる場合があります。

講演者

  • オーバーチュア株式会社 マーケティングコミュニケーションズ
    マネージャー 河田顕治氏

    1973年、滋賀県生まれ。大阪大学人間科学部卒業。写真業界誌の編集記者、海外ビジネス系通信社のWeb サイト企画・運営を経て、2003年1月より検索エンジンマーケティング(SEM)に携わり、その有効性について広く訴求・啓蒙につとめる。2006年9月より現職。

  • 株式会社アイレップ 専務取締役 インターネットマーケティング事業部長
    紺野俊介

    EDSジャパン勤務を経て、株式会社アイレップ入社。SEM分野のトップコンサルタントとして、これまで数多くの大手クライアントのSEMを成功に導く。現在は株式会社アイレップ専務取締役 兼インターネットマーケティング事業部長として、アイレップのSEM事業を率いるとともに、SEM関連の書籍・コラム執筆や、セミナー講演を積極的に務めている。主な著書は、「検索連動型広告を成功に導くSEM戦略」(インプレスジャパン刊)、「SMO(ソーシャルメディア最適化)実践テクニック」(ソフトバンククリエイティブ刊)など。

日程・会場

■東京会場

  • 日時 : 2008年11月17日(月)14:00-16:00(13:30受付開始)
  • 会場 : ダイヤモンド社石山記念ホール
         (東京都渋谷区渋谷1-1-8 青山ダイヤモンドビル9F) 地図
  • 定員 : 80名(応募数多数の場合は抽選とさせていただきます)

■大阪会場

  • 日時 : 2008年11月19日(水)13:30-15:30(13:15受付開始)
  • 会場 : ハートンホール日生御堂筋ビル12F
         (大阪市中央区南船場4-2-4 日本生命御堂筋ビル12階) 地図
  • 定員 : 30名(応募数多数の場合は抽選とさせていただきます)

セミナー申込要領

  • 参加費 :無料
  • お申込 :専用フォームよりお申し込みください
  • 締切 : 2008年11月11日(火)17:00

※なお、広告代理店、SEOサービス会社、Web制作会社等、同業他社の方の参加はお断り致します。

以上

この記事をSNSで
共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
記事転載・引用などに<br>関するお問い合わせ先記事転載・引用などに<br>関するお問い合わせ先
Contact IREPデジタルマーケティングに関することならお気軽にご相談ください