2023.02.02

カテゴリ:

Web(ウェビナー)

アイレップ×ライトワークス共催「人材開発のプロが語る!本気でリスキリングを成功させる方法解説ウェビナー」

終了

開催日:2023.02.21 | 会場:オンライン

株式会社アイレップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 CEO:小坂洋人、以下アイレップ)は、企業のDX推進部門、人材開発部門のご担当者様を対象に、「人材開発のプロが語る!本気でリスキリングを成功させる方法解説ウェビナー」と題しまして、2023年2月21日(火)に株式会社ライトワークス(本社:東京都千代田区、代表取締役:江口夏郎、以下、ライトワークス)と共催でウェビナーを開催いたします。講演は、パネリストとしてライトワークス 櫻井康一氏をお招きし、モデレーターをアイレップ 竹内哲也が務めます。

昨今、各企業は、DX(デジタル・トランスフォーメーション)をキーワードに、デジタルを起点として、事業やサービスを再構築する動きが活発化しています。また、これらDXの取り組みと並行して、各企業はデジタルに関連する知識やスキルを習得するアップスキリングやリスキリングの人材育成の取り組みを全社レベルで強化する動きも活発化しています。しかし、多くの企業がDX人材を育成したいと思っている一方で、デジタル関連の知識は専門的なことが多く、自社研修のみでの人材育成は難しいとお困りの企業様も多いのではないのでしょうか。

このような背景から、日本を代表する数々の大企業にLMS(ラーニング・マネジメント・システム)※1を提供し、LMS導入先企業に対して、様々なジャンルの学習コンテンツを提供するライトワークスと、デジタルマーケティングのトレーニングプログラム「DIGIFULアカデミー」※2を提供するアイレップが連携し、企業向けにデジタル人材育成を目的としたトレーニングコースのサービス提供を開始いたしました。具体的なサービスとしては、アイレップが提供している「DIGIFULアカデミー」のコンテンツ約120本を、ライトワークスが提供する「CAREERSHIP®」※3上で利用することが可能になるとともに、同じくライトワークスが提供するeラーニング受け放題サービス「まなびプレミアム」上で「DIGIFULアカデミー」の体験版を受講することが可能になります。
本ウェビナーでは、「DIGIFULアカデミー」×「CAREERSHIP®」の具体的なサービス内容の紹介とともに、人材開発のプロの目線からリスキリングを成功させるために必要なポイントを解説します。企業のDX推進のご担当者様、人材開発部門のご担当者様、必見のウェビナーです。

※1:LMSとは eラーニングのプラットフォームのこと
※2:「DIGIFULアカデミー」https://academy.irep.co.jp/about
※3:「CAREERSHIP®」https://www.lightworks.co.jp/services/careership
eラーニング、研修管理、スキル評価、すべてを叶えるLMS(学習管理システム)のこと

ウェビナー概要

開催場所

オンライン(開催前日までにウェビナーのURLがメールで送られます)
参加費無料
開催日程2023年2月21日(火)13:00 – 13:50
お申込み下部専用フォームよりお申し込みください
締切2023年2月21日(火)10:00

※応募者多数の場合は抽選となる可能性がございますので、ご了承ください
※広告代理店、Web制作会社など、同業他社の方の参加はお断りいたします

ウェビナースケジュール

13:00 – 13:40

講演

  1. リスキリングとは何か。定義を正しく理解する
  2. リスキリングを実施する上でのポイントは?
  3. ライトワークスのプロダクトが「リスキリング」を促進する理由
  4. DIGIFULアカデミーの紹介
13:40 – 13:50

質疑応答

講演者

株式会社ライトワークス
ビジネスソリューション本部
HCMソリューション推進部
サービスディレクター
HRDスペシャリスト兼IDer(インストラクショナルデザイナー)
櫻井 康一

大手旅行会社入社後、HR領域のコンサルティングを含む様々な領域の法人営業を経験。2013年にMBA(経営学修士)を取得し、グループ本社にて事業開発・事業化支援、事業戦略策定、コスト構造改革に従事。その後、人財開発全般における企画担当として、約20,000人のグループ社員に対する人財開発を推進。2022年よりライトワークスに参画。新たにHCMソリューション推進部を立ち上げ、顧客のHCMの推進に資する各種サービスの企画・開発を牽引中。

株式会社アイレップ
執行役員
事業開発室 兼 ソリューションビジネスユニット管掌
竹内 哲也

NTTデータ、コーポレイトディレクションなどを経て、2014年にデジタル・アドバタイジング・コンソーシアムに参画。2018年よりアイレップも兼務し、グループ全体の統合デジタルマーケティングを包括的に牽引。専門は事業開発(新規事業立ち上げ)。著作『統合デジタルマーケティングの実践』『デジタル時代の基礎知識 BtoBマーケティング』

 

以上