「運用型テレビCM “科学するテレビCM” 解説ウェビナー ~効果測定編~」|セミナー|株式会社アイレップ
セミナー Seminar
カテゴリ: Web(ウェビナー)

「運用型テレビCM “科学するテレビCM” 解説ウェビナー ~効果測定編~」

受付中
開催:2021年9月30日
会場:オンライン

2021年07月21日
株式会社アイレップ

株式会社アイレップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小坂洋人、以下アイレップ)は、広告・宣伝・Webマーケティング担当者様を対象に、「運用型テレビCM “科学するテレビCM” 解説ウェビナー ~効果測定編~」を、2021820日(金)、9月30日(木)の両日、開催いたします。講演は、アイレップ 第1コミュニケーションデザインUnit 冨田真吾と、プランニング&クリエイティブUnit 青山友樹が務めます。

昨今、1兆円を超える市場規模1であるテレビCMの広告費ですが、成果を可視化する効果測定について、その手法や進め方が分からないという担当者も少なくありません。テレビCMの効果測定については、広告の接触人数・ブランドリフト率など、配信やアンケート調査の指標等を利用するのが一般的なのに対し、デジタル広告では、成果ベースでの効果測定を実施しており、「運用」という側面でもデジタル広告に後れを取っているのが現状です。

そこでアイレップでは、テレビCMの効果測定において広告出稿実績とWebアクセスデータ等を紐づけ、CM一本あたりの放送前後効果を可視化することで最適な出稿枠を導き出し、スポット作案時の線引きやSAS2でのテレビCM放映枠の検討に活用しています。加えて、時系列のKPI実績データを統計分析することにより、デジタル広告と同じ指標で成果を可視化でき、予算配分の最適化を実現させています。

本ウェビナーでは、アイレップが確立した“科学するテレビCM”で、成果ベースでのPDCAサイクルを回す手法と課題の解決法についてお話ししていきます。企業のマーケティングご担当者様、これからテレビCMを実施したいとお考えのご担当者様、テレビCMを実施しているが成果の可視化についてお悩みのご担当者様、必見のウェビナーです。


※2  スマートアドセールス

セミナー概要

開催場所 オンライン(開催前日までにウェビナーのURLがメールで送られます)
参加費 無料
開催日程 ①2021年8月20日(金)14:00
②2021年9月30日(木)14:00
※①、②ともに同じ内容となります。ご都合の良い日時にご参加ください。
締切 ①2021年8月13日(金)13:00
②2021年9月22日(水)13:00
※応募者多数の場合は抽選となる可能性がございますので、ご了承ください
※広告代理店、Web制作会社など、同業他社の方の参加はお断りいたします

セミナースケジュール

14:00 – 1440

講演

  1. 運用型テレビCM「科学するテレビCM」とは
  2. 効果測定を科学する
14:40 – 1500

質疑応答

 

講演者

株式会社アイレップ
1コミュニケーションデザインUnit
運用型TVCM推進Division
冨田 真吾

ITベンダーでの通信業界向けの営業を経て、2007年にデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社に入社。アドサーバを中心とした媒体社向けのソリューション営業、出向先の広告会社でアクセス解析の事業推進に従事。2011年からは、トレーディングデスクやDSPプロダクト推進など様々な立場で運用型広告の責任者として業務に携わる。2017年からの3年間、コンサルティング会社におけるテレビCM×デジタル動画広告ソリューションプロダクトを推進しさまざまなクライアント企業へ導入。202011月にアイレップにジョインし、運用型テレビCM推進Divisionの責任者に着任。

株式会社アイレップ
プランニング&クリエイティブUnit
ストラテジックプランニングDivision
青山 友樹

2014年アイレップ入社。運用型広告スペシャリストとして金融・通信・不動産など国内を代表する企業の広告運用・設計・検証を6年間に渡って従事。2020年よりストラテジックプランニングDivision責任者就任。広告運用領域で得たメディアアドテクへの知見を活かしながら、クライアント企業のマーケティング戦略立案・コミュニケーション設計・テレビCMなどの効果検証手法開発に従事している。

 

以上

この記事をSNSで
共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles関連記事はこちらです