アイレップ主催 「ライブコマース実践ウェビナー ~ゆうこすとアイレップが定義するコマーサー人材とは~」|セミナー|株式会社アイレップ
セミナー Seminar
カテゴリ: Web(ウェビナー)

アイレップ主催 「ライブコマース実践ウェビナー ~ゆうこすとアイレップが定義するコマーサー人材とは~」

終了
開催:2021年5月27日
会場:オンライン

2021年04月27日
株式会社アイレップ

株式会社アイレップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小坂洋人、以下アイレップ)は、広告・宣伝・Webマーケティング担当者様を対象に、「ライブコマース実践ウェビナー ~ゆうこすとアイレップが定義するコマーサー人材とは~」を、2021年5月27日(木)に開催いたします。講演は、ライブ配信の開拓者であり、インフルエンサー“ゆうこす”として活躍する菅本裕子氏をお迎えし、アイレップ プランニング&クリエイティブUnit インタラクティブデザインDiv ディレクター 池田好伸と、ライブコマース・エヴァンジェリスト 武者慶佑が務めます。

新型コロナウイルスの影響を受け、ECの市場規模が急速に拡大を続けるなか、ECにおける新たなマーケティングの取り組みとして、企業のライブコマースに着手する動きが加速しています。その一方で、ライブコマースの活用方法について知識やノウハウがない、ライブコマースをやってみたいが何から着手すればよいか分からない、なかなか成果に繋がらないと、頭を悩ませている企業も少なくありません。また、大きな課題のひとつとして、ライブコマースにおける配信者のスキル不足が挙げられます。配信者は、リアルタイムにユーザーの質問やコメントに答えながらタイムコントロールをおこない、購買意欲を醸成するスキルが必要となり、そのスキルを兼ね揃えた配信者が国内ではまだまだ少ない傾向にあります。

そこで本ウェビナーでは、ライブ配信の開拓者・モテクリエイターとして、SNSを中心にタレントやインフルエンサーとして活躍中の “ゆうこす”こと菅本裕子氏を交え、ライブコマースの効果的な活用方法、“コマーサー”というライブコマースに特化した新しい人材の考え方や育成方法について、実践を交えながら解説していきます。企業のマーケティング・Webご担当者様、ライブコマースを活用することで利益拡大に繋げたいご担当者様、ライブコマースに課題をお持ちのご担当者様、必見のウェビナーです。

※コマーサー:アイレップが定義する人材の概念。フォロワーの多いインスタグラマーやYouTuberではなく、リアルタイムにユーザーの質問やコメントに応えながら商品・サービスを自身の言葉で伝えるライブコマースに特化した配信者を指す。

セミナー概要

開催場所 オンライン
参加費 無料
開催日程 2021年5月27日(木)14:00
締切 2021年5月20日(木)13:00
※応募者多数の場合は抽選となる可能性がございますので、ご了承ください
※ネット広告代理店、Web制作会社など、同業他社の方の参加はお断りいたします

セミナースケジュール

14:00 - 15:10

講演内容

  1. 321inc×アイレップの“コマーサー育成”について
  2. ライブコマース 4つの「型」:4象限別のコマーサーの役割
  3. ライブコマース 4つの「型」:コマーサー、インハウスコマーサーの役割の違いとは
  4. ゆうこす(菅本裕子氏)によるライブコマース実演
  5. 321プロコマーサー候補の紹介
15:10 - 15:30

質疑応答


講演者

株式会社321
ファウンダー
菅本 裕子(ゆうこす)

1994年、福岡県生まれ。「モテクリエイター」として、SNSを中心にタレント、インフルエンサーとして活躍中。スキンケアブランド「YOAN」の立ち上げや、ライバー事務所「321」のファウンダー、アパレルブランド「REVEYU」、カラーコンタクト「chu’s me」のプロデュースなど、多岐に渡り事業を展開。その他、著書に『#ライブ配信の教科書』など。SNSの総フォロワー数は165万人以上。

株式会社アイレップ
プランニング&クリエイティブUnit インタラクティブデザインDivison
第3インタラクティブデザイングループ ディレクター
池田 好伸

2020年アイレップに入社。前職では、イベント・プロモーション企画制作のプロダクションに15年勤務。街角のサンプリングから万国博覧会日本館の催事まで、案件の大小に関わらず、大抵のBTL領域案件のプロデュースを経験。アイレップでは、ライブコマースを中心としたソーシャル統合提案プロジェクト「TAKE ZERO」のオーナーを務めている。

株式会社アイレップ
プランニング&クリエイティブUnit インタラクティブデザインDivison
第1インタラクティブデザイングループ ライブコマース・エヴァンジェリスト
日本グミ協会会長
武者 慶佑

2012年、株式会社シェアコトに入社。エンタメ×企業のタイアッププロモーション、映画プロモーションなどSNS分析をベースに構築。参天製薬、トリドール、パソナテック、GMO、カンロ、中京テレビ、「この世界の片隅に」、「響-HIBIKI」など商材を問わずファンとSNSを繋ぐプロモーション企画やコンサルティングを実施。2013年に日本グミ協会を設立し、『マツコの知らない世界』に出演。Twitterフォロワー69,000人。9月3日のグミの日にはTwitterトレンド1位を獲得。2021年よりアイレップに参画。

以上

この記事をSNSで
共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles関連記事はこちらです