アイレップ・DAC共催「基礎から学ぶ!インフルエンサーマーケティング成功のポイント」ウェビナー
セミナー Seminar
カテゴリ: Web(ウェビナー)

アイレップ・DAC共催「基礎から学ぶ!インフルエンサーマーケティング成功のポイント」ウェビナー

受付終了
開催:2021年1月22日
会場:オンライン

2020年12月24日
株式会社アイレップ

株式会社アイレップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高梨秀一、以下アイレップ)とデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(以下DAC)は、広告・宣伝・Webマーケティング担当者様を対象に、「基礎から学ぶ!インフルエンサーマーケティング成功のポイント」ウェビナーを、2021122日(金)に開催いたします。講演は、DAC メディアソリューション本部 第一メディアソリューション部長 原悠介と、アイレップ メディアデザインUnit メディアデザインDiv 丸山沙織、第1コミュニケーションデザインUnit インタラクティブデザインDiv 池田好伸が務めます。

昨今、生活者は購買行動をはじめとするさまざまな意思決定において、より信頼のできる情報源として友人・知人の口コミのほか、好みのインフルエンサーの声を参考にする傾向が強まっています。こうしたことから企業は、認知拡大・購買・ファン化につなげる手法として、インフルエンサーを活用して商品やサービスのプロモ―ションをおこなう「インフルエンサーマーケティング」に注視しはじめています。一方で、新たな施策のため知識やノウハウがなく、インフルエンサーの選定から適切なコミュニケーションの取り方、企画や計測方法など手探りでの実施も多く、頭を悩ませる企業も多いのが現状です。

そこで本ウェビナーでは、市場規模が急拡大していくと予想されるインフルエンサーマーケティングについて、基礎知識から、アイレップ・DACが考えるインフルエンサーマーケティングの成功に欠かせないポイントについて、「キャスティング」「計測」「企画」の3つを軸にお話ししていきます。企業のマーケティング・Webご担当者様、インフルエンサーマーケティングに課題・興味をお持ちのご担当者様、必見のウェビナーです。

セミナー概要

開催場所 オンライン(開催前日までにウェビナーのURLがメールで送られます)
参加費 無料
開催日程 2021年122日(金)1400
締切 2021年115日(金)1300
※応募者多数の場合は抽選となる可能性がございますので、ご了承ください
※ネット広告代理店、Web制作会社など、同業他社の方の参加はお断りいたします

セミナースケジュール

14:00 - 1520

講演

  1. インフルエンサーマーケティングの基礎
  2. 成果を出すためのインフルエンサーキャスティング
  3. エンゲージメントを最大化するための企画の立て方
  4. いいね!シェアだけじゃない、ビジネス影響を可視化する計測とは
15:20 - 1530

質疑応答


講演者

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
メディアソリューション本部 第一メディアソリューション
部長
原  悠介

現在はインフルエンサーマーケティングの推進及び、キュレーションメディアのバイイングや商品開発に従事。直近ではグループ会社横断のインフルエンサーマーケティング対応組織の立ち上げにも携わる。

株式会社アイレップ
第1コミュニケーションデザインUnit インタラクティブデザインDivison
第2インタラクティブデザイングループ
池田 好伸

2020年アイレップ入社。前職では、イベント・プロモーション企画制作のプロダクションに15年勤務。街角のサンプリングから万国博覧会日本館の催事まで、案件の大小関わらず、大抵のBTL領域案件のプロデュースを経験。ユーチューバーもインスタグラマーもまだ少なくブロガーがインフルエンサーのメインだった時代から、インフルエンサーマーケティングの企画制作を手掛ける。

株式会社アイレップ
メディアデザインUnit メディアデザインDivison
1メディアデザイングループ
丸山 沙織

料理系メディアを経てアイレップに入社。前職ではInstagram/Facebookでコンテンツマーケティングに従事しており、ユーザーニーズやプラットフォーム特性を活かした運用経験が豊富。アイレップ入社後はメディアデザインDivisionにてSNS全体におけるプランニングを行っている。また、インフルエンサーマーケティング特化のチームに所属し、化粧品クライアントや金融系クライアント企業など幅広いジャンルでマーケティング支援に携わる。

以上

この記事をSNSで
共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles関連記事はこちらです