アイレップ・シェアコト共催「成果に繋がる!最新事例から紐解く、Instagram運用ウェビナー」|セミナー|株式会社アイレップ
セミナー Seminar
カテゴリ: Web(ウェビナー)

アイレップ・シェアコト共催「成果に繋がる!最新事例から紐解く、Instagram運用ウェビナー」

終了
開催:2020年8月28日
会場:オンライン

2020年08月03日
株式会社アイレップ

株式会社アイレップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高梨秀一、以下アイレップ)は、広告・宣伝・Webマーケティング担当者様を対象に、「成果に繋がる!最新事例から紐解く、Instagram運用ウェビナー」を、株式会社シェアコト(本社:東京都渋谷区、代表取締役:田中 孝治、以下シェアコト)と2020年8月28日(金)に共催いたします。講演は、AIQ株式会社 吉田健一氏をゲストに迎え、シェアコト 庄司有香、アイレップ 川田麻由佳が務めます。

近年、デジタルデバイスの普及やライフスタイルの変化、また新型コロナウィルスによる外出自粛などの影響により、SNSでの情報取得や拡散は著しく加速しています。それに伴い、Eコマース(以下EC)の市場規模も急速に拡大を続けています。EC事業者は既存顧客に対してはエンゲージメントを高めファン化を促進し、新規顧客に対しては質の高い顧客の取り込みがより重要となっています。ファン化させるという点においてSNSとECが融合するソーシャルコマースの市場は更に伸長することが予想されます。

さらに、米Facebookは2020年5月20日(現地時間)、FacebookとInstagram上に簡単かつ無料でオンラインストアを開設できる「Facebookショップ」の提供を発表し、2020年6月16日に日本でのサービス展開を発表しました。※1日本国内で月間利用者数3,300万人(2019年6月時点)を誇るInstagramは※2、ソーシャルコマース市場において大いに期待できます。

本ウェビナーでは、AIQ、シェアコト、アイレップの3社が、今後よりニーズが高まるEC領域において成果に繋がるInstagram運用についてお話しします。企業のマーケティング・Webご担当者様、Instagramの運用を行っているが成果に繋がっていないご担当者様、ECショップをお持ちでInstagramのアカウント運用に課題をお持ちのご担当者様、必見のウェビナーです。


セミナー概要

開催場所 オンライン(開催前日までにウェビナーのURLがメールで送られます)
参加費 無料
開催日程 2020年8月28日(金)15:00
締切 2020年8月21日(金)13:00
※応募者多数の場合は抽選となる可能性がございますので、ご了承ください
※ネット広告代理店、Web制作会社など、同業他社の方の参加はお断りいたします

セミナースケジュール

15:00 - 15:50

講演

  • Instagramで成果につなげるためには?
  • 効果的な運用を実現するために必要な要素とは?事例を交えたご紹介

15:50 - 16:00

質疑応答

講演者

AIQ株式会社
コミュニケーションデザイン部
シニアコミュニケーションデザイナー
吉田 健一

2006年から上海に移住し中国ビジネスに5年間携わる。2011年帰国後、商社で海外ビジネスの開拓やホテル経営に従事。2019年からAIQ株式会社へ。プロファイリングAIを活用し、企業のインサイトマーケティングを支援。

株式会社シェアコト
営業部
庄司 有香

2019年4月にシェアコトに入社後、コスメ・ヘアケア・ホテル・教育・飲食・通信会社等のSNS活用支援に従事。インスタグラムの運用からノウハウまでの最新ニュースをお届けするブログ「Instagramラボ (http://www.sharecoto.co.jp/instagramlab/) 」の編集も担当。

株式会社アイレップ
ソリューションビジネスUnit カスタマーリレーションDivision
カスタマーリレーショングループマネージャー
川田 麻由佳

2009年、株式会社アイレップ入社。健康食品、製薬企業、金融企業の案件に5年間従事し運用型広告の仕組み作りを推進。その後、データドリブンマーケティング事業の立ち上げメンバーとして数々の案件獲得に貢献。2019年4月より、ソーシャルメディアマーケティングからオフラインを含むカスタマーサポート業務まで統合的に業務を推進する、カスタマーリレーションDivisionのマネージャーに就任。ソーシャルメディアを活用したフルファネル型のコミュニケーション施策やソーシャルコマース、AIを活用した顧客対応ソリューションの提供など、CRM領域を包括的に推進。

以上

この記事をSNSで
共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles関連記事はこちらです