アイレップ主催「最新トレンドがわかる!Google マーケティング プラットフォーム利活用セミナー」2020年2月13日(木)東京にて開催(無料定員制)|セミナー|株式会社アイレップ
セミナー Seminar
カテゴリ: デジタルマーケティング

アイレップ主催「最新トレンドがわかる!Google マーケティング プラットフォーム利活用セミナー」2020年2月13日(木)東京にて開催(無料定員制)

終了
開催:2020年2月13日
会場:恵比寿ガーデンプレイスタワー 21F

令和2年1月17日
株式会社アイレップ

株式会社アイレップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高梨秀一、以下アイレップ)は、デジタルマーケティングを推進する事業責任者や実務担当者を対象に、「最新トレンドがわかる!Google マーケティング プラットフォーム利活用セミナー」を2020年2月13日(木)東京・恵比寿ガーデンプレイスタワーで開催いたします。

セミナー開催の背景

昨今、企業のデジタルマーケティングの推進が加速するなかで、一般的な広告配信・マーケティングの手法だけではなく、さまざまなテクノロジーや保有する自社データを掛け合わせることにより、定量的な指標を持ってPDCAを回して成果を出していくことが求められています。本セミナーでは、テクノロジーやデータを利活用するうえで、プラットフォーム基盤として数多く採用されているGoogle マーケティング プラットフォームの製品を理解し、どのように自社のマーケティング施策に活用していくかについて、「データ統合」「顧客分析」「クロスチャネル分析」の3つの観点から業務に役立つノウハウをご紹介します。

第1部では、企業が保有する分断されたオンラインデータやオフラインデータなどの顧客情報を統合することの重要性と統合されたデータを活用したGoogle マーケティング プラットフォームによる広告配信の最新事例をお話しします。第2部で、データ統合の具体的な手法とデータを基にした顧客の高度な分析について、株式会社イー・エージェンシーよりご紹介します。第3部では、Google アナリティクスを活用したマーケティング プラットフォームの最新活用についてお話ししていきます。

企業のマーケティング・Webご担当者様、データ活用における最新のトレンドや施策を理解したいご担当者様、現状のGoogle マーケティング プラットフォームの活用に課題やお悩みを感じているご担当者様、必見のセミナーです。

セミナー概要

参加費 無料
開催日程 2020年2月13日(木)14:30-16:30(14:00受付開始)
締 切 2020年2月5日(水)17:00
会 場 恵比寿ガーデンプレイスタワー
(東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号恵比寿ガーデンプレイスタワー21F)
定 員 40名(抽選とさせていただきます)
お申込 下部専用フォームよりお申し込みください

セミナースケジュール

14:30 - 15:00

第1部「データを最大限に活用!Google マーケティング プラットフォーム講座」

(講演:株式会社アイレップ 杉山 郁也/秋吉 哲也)

・分断しているデータの活用による課題解決
・ロイヤルユーザーの発掘とアプローチ手法
・GMPを用いた広告配信最新ケーススタディ
15:00 - 15:30

第2部「Google マーケティング プラットフォームを利用したデータ活用モデル」

(講演:株式会社イー・エージェンシー 橋梅 希代子)

・計測基盤の構築について
・データの可視化と拡張について
・機械学習による予測を元にした接客について
・アプリ + ウェブプロパティの活用について
15:30 - 15:45

休憩

15:45 - 16:15

第3部「Next for Google アナリティクス2020」

(講演:グーグル合同会社 古賀 雄高/矢野 友加里)

・アプリ + ウェブプロパティ実装推進とその背景
・新しいGoogle アナリティクスのアトリビューション
16:15 - 16:30

質疑応答

*講演内容は一部変更となる場合もございますのでご了承ください。

講演者

株式会社イー・エージェンシー
データ事業本部 事業副本部長
橋梅 希代子

広告配信メディア、アクセス解析ツールベンダー、広告代理店を経て、データ活用コンサルティングの営業活動に従事。Google マーケティング プラットフォーム導入クライアントの営業担当として、データ活用支援を行う。

グーグル合同会社
Google マーケティング プラットフォーム パートナー技術リード
古賀 雄高

ゲーム・モバイル・Web サイトの開発者を経て、2010年から外資系ツール ベンダーにてコンサルタントとしてアクセス解析やA/Bテストなど、顧客企業のデジタル マーケティングの課題解決を支援してきた。2013年より現職にて、Google アナリティクスのソリューション コンサルタントとして、お客様の支援を行うとともに、国内外のカンファレンスなどで Google アナリティクスをはじめとする普及活動に当たっている。

グーグル合同会社
マーケティング テクノロジー本部 パートナーマネージャー
矢野 友加里

広告制作ディレクターを経て、2007年グーグル ジャパン入社。広告営業部にてアカウントプランナーとして、主に小売、一般消費財、電機メーカー、エンターテイメント業界の顧客に Google 製品を包括的に活用したソリューション提案に従事。2013年、旧 Google アナリティクス プレミアム セールスの立ち上げメンバーとして参画以降、現職にてパートナーファーストのデータソリューション プログラムを推進。

株式会社アイレップ
ソリューションビジネスUnit データドリブンビジネスDivision
アナリティクスグループ グループリーダー
杉山 郁也

国内大手コンサルティング会社に在籍後、2018年にアイレップ入社。前職では、ソフトウェア導入を通じた業務改革、データ分析組織立ち上げ支援、官公庁委託調査を経験。現在は、統計モデル作成およびデータの統合・可視化を中心とするデータ利活用支援を通じた企業の意思決定支援を推進している。

株式会社アイレップ
ソリューションビジネスUnit データドリブンビジネスDivision
解析基盤設計グループ
秋吉 哲也

2014年アイレップに入社し2019年デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社に出向。検索連動型広告やディスプレイ広告などの運用型広告を統合管理し、配信の最適化を行うプラットフォームを担当。現在はデータドリブンマーケティングの推進に従事。



以上

株式会社アイレップについて

アイレップは、広告主のマーケティング成果を最大化する統合デジタルマーケティングエージェンシーです。国内圧倒的ナンバーワンの SEM 領域に、データを起点とした新たな広告事業・ソリューション事業、そしてクリエイティブ事業を加え、高度なプランニングを展開することで、「ユーザーへの最適な情報流通により、国内外のクライアント企業の成果を最大化へと導く統合マーケティングエージェンシー」の立場を確固たるものにしていきます。 ※アイレップは博報堂DYグループの企業です。

株式会社アイレップ 概要
<社名>
株式会社アイレップ
<所在地>
東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー21F
<URL>
https://www.irep.co.jp/
<代表者>
高梨秀一
<設立年月>
1997年11月
<資本金>
5億5,064万円 (2019年3月末現在)
<事業内容>
  • 広告代理事業
  • ソリューション事業
  • クリエイティブ事業
  • その他
この記事をSNSで
共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles関連記事はこちらです