レスポンシブWebデザインとは|用語集|株式会社アイレップ
用語集 Glossary

こちらのコンテンツはアイレップ運営のWebメディア「DIGIFUL(https://digiful.irep.co.jp/)」に移転しました。
今後はDIGIFULでコンテンツの更新を行います。

         

レスポンシブWebデザイン

レスポンシブWebデザインとは、ブラウザのスクリーンサイズに従って、WebページのデザインやレイアウトをCSSにより調整することである。

パソコン、スマートフォン、タブレットなど様々なデバイスに単一のHTMLで表示する制作手法であり、各デバイス毎に専用のWebページを用意する必要が無くなるというメリットがある。

スマートフォンの急速な普及により、従来のパソコン向けWebサイトに加えて、小さな画面のスマートフォンでも見やすいようにデザインされたレスポンシブWebデザインが用いられることがある。

関連用語

この記事をSNSで
共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

アイレップをもっと詳しく知る

アイレップは、最新のデジタル技術と高度なマーケティング戦略を駆使し、クライアントビジネスにおける具体的なゴールを達成するパフォーマンス型のデジタルマーケティングエージェンシーです。この記事を見てアイレップに興味を持った方は、以下のコンテンツでより詳しく私たちについてご覧いただけます。