検索エンジン順位変動と動向(2019年6月)|ブログ|株式会社アイレップ
コラム column
カテゴリー:White Paper

検索エンジン順位変動と動向(2019年6月)

2019年7月5日
株式会社アイレップ

2019年6月の検索エンジン順位変動(モバイル・PC)とその動向をまとめました。
順位変動観測指標の説明についてはこちら

2019年6月変動状況:モバイル版20位まで

図1

2019年6月変動状況:モバイル版50位まで

図2

2019年6月変動状況:PC版20位まで

図3

2019年6月変動状況:PC版50位まで

図4

モバイル・PCの変動状況比較(Google 検索20位まで)

図5

※ 移動平均:当日を含む直近10日間の変動幅平均

業界別変動状況

各業界別順位変動状況については下記を参照

※ 業界別変動状況はモバイル版のみ掲載

2019年6月 検索エンジン動向

2019年6月3日
米Google 、リッチリザルト テスト にPCとモバイルを切り替える機能を実装
2019年6月3日、米Google はリッチリザルト テスト にPC用Googlebotとモバイル用Googlebot の ユーザーエージェントを切り替える機能を実装しました。

図6

※リッチリザルト テスト のユーザーエージェントの切り替え機能

https://twitter.com/googlewmc/status/1135517154990809088

2019年6月3日
米Google 、コアアルゴリズム アップデート を実施
2019年6月3日、米Google はコアアルゴリズム(Google の検索技術の中核を成すアルゴリズム) のアップデートを実施しました。また本アップデートが6月8日に完了したとGoogle のダニー・サリバン氏 が発言しました。
なおGoogle は本アップデートを「June 2019 Core Update」と名づけました。
当社内で定点観測しているキーワードにおいて、6月5日ごろに比較的大きな順位変動を観測しています。

https://twitter.com/searchliaison/status/1135275028834947073

2019年6月6日
米Google 、検索結果の1ドメインあたりの表示件数を変更
2019年6月6日、米Google は検索結果に表示する1ドメインあたりのURL数を原則2件までにすると発表しました。
今回の仕様変更は検索結果の多様性を高めるためになります。
なお特定の検索において関連性が高いWebサイトのURLを3件以上表示する場合もあります。

https://twitter.com/searchliaison/status/1136739062843432960

2019年6月18日
米Google 、旧Search Console の「使用するドメインの設定(www の有無)」を廃止
2019年6月18日、米Google は旧Search Console の「使用するドメインの設定(www の有無)」を廃止しました。
代替となる機能は実装されず、Webサイトに以下の設定を行うことを推奨しています。

  • linkタグもしくはHTTPヘッダーでcanonicalを設定して正規URLを指定する
  • 正規URLへ301リダイレクトする
  • XMLサイトマップを使用する
図7

※廃止した「使用するドメインの設定(www の有無)」機能

https://webmasters.googleblog.com/2019/06/bye-bye-preferred-domain-setting.html

2019年6月26日
米Google 、Search Console 上にMFI移行状況がわかる機能を実装
2019年6月26日、米Google はSearch Console にMFI(モバイル ファースト インデックス)移行済みメッセージとインデックスしたときのクローラーの種類が分かる機能を実装しました。
管理サイトがMFI移行済みの場合、サマリーの画面にポップアップでメッセージを表示します。
またインデックスに使用しているGooglebotのユーザーエージェントを表示する機能と、カバレッジ レポートにメインのクローラーを表示する機能も合わせて実装しました。

図8

※MFI移行済みのWebサイトに表示するメッセージ例

https://twitter.com/googlewmc/status/1143891809325785088

2019年6月の総括

2019年6月の順位変動は、モバイル検索とPC検索ともに上旬と中旬に比較的大きな順位変動が発生しました。特に上旬に発生した順位変動はコアアルゴリズム アップデートによるものになります。
検索エンジンの動向では、検索結果に関するトピックとSearch Console に関するトピックが複数ありました。検索結果のトピックでは、上記に記載しましたコアアルゴリズム アップデート、また検索結果に表示する1ドメインあたりのページ数変更です。Search Console では使用するドメインの設定機能の廃止とMFI移行済みのメッセージ表示になります。特に使用するドメインの設定機能の廃止については、Webサイト側の設定が必要になる場合がありますので、管理サイトの状況を改めて確認することを推奨します。

2019年6月変動状況:モバイル版20位まで:人材業界

図9

2019年6月変動状況:モバイル版20位まで:旅行業界

図10

2019年6月変動状況:モバイル版20位まで:小売/通販業界

図11

2019年6月変動状況:モバイル版20位まで:不動産業界

図12

2019年6月変動状況:モバイル版20位まで:メーカー系(自動車・コスメ・家電)

図13

2019年6月変動状況:モバイル版20位まで:金融業界

図14
Google および Google ロゴは、Google LLC の商標です。

過去の検索エンジン順位変動と動向


以上

株式会社アイレップについて

アイレップは、広告主のマーケティング成果を最大化する統合デジタルマーケティングエージェンシーです。国内圧倒的ナンバーワンの SEM 領域に、データを起点とした新たな広告事業・ソリューション事業、そしてクリエイティブ事業を加え、高度なプランニングを展開することで、「ユーザーへの最適な情報流通により、国内外のクライアント企業の成果を最大化へと導く統合マーケティングエージェンシー」の立場を確固たるものにしていきます。

株式会社アイレップ 概要
<社名>
株式会社アイレップ
<所在地>
東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー21F
<URL>
https://www.irep.co.jp/
<代表者>
高梨秀一
<設立年月>
1997年11月
<資本金>
5億5,064万円 (2018年3月末現在)
<事業内容>
  • 広告代理事業
  • ソリューション事業
  • ツール事業
  • その他(デジタルメディア事業等)
この記事をSNSで
共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

アイレップをもっと詳しく知る

アイレップは、最新のデジタル技術と高度なマーケティング戦略を駆使し、クライアントビジネスにおける具体的なゴールを達成するパフォーマンス型のデジタルマーケティングエージェンシーです。この記事を見てアイレップに興味を持った方は、以下のコンテンツでより詳しく私たちについてご覧いただけます。

Columnその他のコラム記事