ブログ Blog
カテゴリー:コラム

Google アナリティクス 360 によるデータ統合

Google アナリティクス 360 によるデータ統合

Google アナリティクス 360 ではBigQuery (Google が提供するデータウェアハウス)にデータをエクスポートすることができ、 ウェブ行動データとCRM等の外部データを突合することにより、さらに高度なデータ分析~活用を実現することが可能です。

データを統合することのメリットとは

部署を横断することや、コストがかかる等の理由から、データの分断が課題となっているケースが多くあります。 データを統合することのメリットは、データ取得環境をいち早く整えることにより、データが資産になることです。 マーケティング効果の最大化に向けて、短期施策だけではなく、中期/長期の視点で施策展開することが重要となってきます。

BigQuery とは

BigQuery とはGoogle が提供するクラウドサービスの一つであり、クラウド内のデータをSQLに近い言語を使用して集計や抽出ができるほか、 Google アナリティクス 360 のデータと外部データを結合・連携させ、複雑な分析を行うなど様々な活用が可能なツールです。

Google アナリティクス 360、BigQueryを活用したデータ連携の高度化

Google アナリティクス 360 ではBigQuery Export によるデータ連携をすることにより、オンラインだけではなく外部データも含めた総合的なマーケティングツールとしてご利用頂ける点が特徴となります。オンライン上でのデータ分析によるマーケティング活用に加えて、サイト外(店舗など)やCRM等の外部データでの分析を掛け合わせることによるマーケティング活用が実現できます。

Google アナリティクス 360単体のトラッキングツールとしてではなく、BigQueryをハブとした「フルファネルのマーケティングプラットフォーム」として捉えて、 構築・高度化・効率化を進めていくことが求められます。

Summary

自社データ(オフラインやCRM)を活用できていない背景として、部署を横断することなどでデータが分断するケースが多くあります。活用することのメリットは、より精度の高いユーザー行動の可視化が実現できます。Google アナリティクス 360 ×自社データ(オフラインやCRM)を活用することにより、総合的なマーケティングでの解析を実施することができます。

この記事をSNSで
共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するサービスを見る

アイレップをもっと詳しく知る

アイレップは、最新のデジタル技術と高度なマーケティング戦略を駆使し、クライアントビジネスにおける具体的なゴールを達成するパフォーマンス型のデジタルマーケティングエージェンシーです。この記事を見てアイレップに興味を持った方は、以下のコンテンツでより詳しく私たちについてご覧いただけます。

Blogその他のブログ記事