Google アナリティクス 360 「高度な解析」機能を使ったデータ集計|コラム|株式会社アイレップ
コラム column

こちらのコンテンツはアイレップ運営のWebメディア「DIGIFUL(https://digiful.irep.co.jp/blog/)」に移転しました。
今後はDIGIFULでコンテンツの更新を行います。


カテゴリー:コラム

Google アナリティクス 360 「高度な解析」機能を使ったデータ集計

Google アナリティクス 360 「高度な解析」機能を使ったデータ集計

「高度な解析」はGoogle アナリティクス 360 のメニュー内にある「分析」からアクセスすることができます。「高度な解析」を使うことで、複雑なデータ集計をGoogle アナリティクス 360 の画面上で行うことができます。ドラッグ&ドロップの簡単な操作で、面倒な集計作業を行わなくてもクロス集計やファネル型のレポートを作成できる機能です。

ここでは「高度な解析」について、本機能の概要と特徴を分かりやすく解説します。

Google アナリティクス 360限定の機能「高度な解析」とは

Google アナリティクス 360 限定で公開された「高度な解析 (Google Advanced Analysis )」を使うことで、画面上で簡単なクロス集計や、セグメントの重複率などを可視化することができます。<図1> 現在公開されているレポートタイプは「データ探索」、「セグメントの重なり」、「目標達成プロセスの分析」の3種類のみですが、今後もレポートタイプは追加されていくと考えられます。また作成したレポートはTSV, CSV, スプレッドシート形式でダウンロードでき、データ利用やレポート共有も可能です。

<図1>

ドラッグ&ドロップで簡単にクロス集計を実現

変数メニューに表示された「セグメント」、「ディメンション」、「指標」のパネルをドラッグ&ドロップするだけで エクセルのピボットテーブルの様なクロス集計表を作成することができます。<図2>

また棒グラフやヒートマップといった、グラフの表現も変更可能で、用途に応じた見やすい表現を選択できます。 簡易モニタリングレポートとしての利用など、工数削減に繋がる機能として期待されます。

<図2>

傾向の似たユーザーの割合をビジュアライズ

「セグメントの重なり」機能を使うことによって、セグメント毎のユーザーの重複を可視化することができます。<図3>
セグメントA、B、Cを3つを比較する場合、A, B, Cそれぞれのユーザー分析だけでなく、”AかつBのユーザー” や ”Cのみのユーザー” など追加のセグメント設定なく、詳細な分析を行えることが特徴です。

<図3>

最大10個ステップ作成可能なファネルレポート

Google アナリティクス 360 では「カスタムファネルレポート」というファネルを独自にカスタマイズできる機能が備わっていましたが、この「目標達成プロセスの分析」ではセグメントやディメンションを掛け合わせて簡単に作成できることはもちろん、各ステップ毎のユーザーの内訳も同時に表示することが可能になります。<図4> またステップの設定は最大で10件まで設定でき、より自由度の高いファネルレポートの作成を実現します。

<図4>
Summary

「高度な分析」は簡単にGoogle アナリティクスのデータを深堀りできることが特徴です。深堀り分析に必要なセグメントやカスタムレポートの設定を簡略化でき、レポート作成・共有にかける時間削減など利点の多い機能となります。Google アナリティクス 360 限定の機能として今後の機能追加に期待したいと思います。

※2019年2月現在、β版となり仕様変更など行われる可能性があります。
※Google および Google ロゴは、Google LLC の商標です。
この記事をSNSで
共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

アイレップをもっと詳しく知る

アイレップは、最新のデジタル技術と高度なマーケティング戦略を駆使し、クライアントビジネスにおける具体的なゴールを達成するパフォーマンス型のデジタルマーケティングエージェンシーです。この記事を見てアイレップに興味を持った方は、以下のコンテンツでより詳しく私たちについてご覧いただけます。

Columnその他のコラム記事