ブログ Blog
カテゴリー:SEO

検索エンジン順位変動と動向(2018年2月)

2018年3月23日
株式会社アイレップ

2018年2月の検索エンジン順位変動(モバイル・PC)とその動向をまとめました。
順位変動観測指標の説明についてはこちら

2018年2月変動状況:モバイル版20位まで

図1

2018年2月変動状況:モバイル版50位まで

図2

2018年2月変動状況:PC版20位まで

図3

2018年2月変動状況:PC版50位まで

図4

モバイル・PCの変動状況比較(Google 検索20位まで)

図5

※ 移動平均:当日を含む直近10日間の変動幅平均

業界別変動状況

各業界別順位変動状況については下記を参照

※業界別変動状況はモバイル版のみ掲載
※2月7~8日のデータはシステムのトラブルにより集計対象外

人材  旅行  小売/通販  不動産  メーカー  金融

2018年2月 検索エンジン動向

2018年1月30日
■ヤフー、検索結果に国立がん研究センター提供の情報を掲載開始

2018年1月30日、ヤフーは国立がん研究センターと連携し、スマートフォン版Yahoo!検索の検索結果に国立がん研究センターが提供する情報の掲載を開始しました。また2月27日頃にPC版Yahoo!検索でも掲載されるようになりました。
内閣府が行ったがん対策に関する世論調査(※1)では、60歳未満の人の半数以上が、がんの治療法や病院についての情報源として「インターネット」と回答しています。しかしインターネットの検索結果に掲載されているがん治療法の情報のうち、一般的に認められている治療法は半分以下であった、といった調査結果(※2)もあり、インターネットでの医療情報の収集には課題があります。
今回の取組みにより、がんに特化したより詳しい情報を提供できるようになりました。

※Yahoo!検索(search.yahoo.co.jp)にて「肺がん」、「胆のうがん」の検索結果の表示例

※Yahoo!検索(search.yahoo.co.jp)にて「肺がん」、「胆のうがん」の検索結果の表示例
(2018年2月28日時点)

https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2018/01/30a/
※1:http://survey.gov-online.go.jp/h26/h26-gantaisaku/2-3.html(内閣府発表 平成26年度 がん対策に関する世論調査より)
※2:http://www.jto.org/article/S1556-0864(15)32421-7/fulltext#cesec50(Differences in the Quality of Information on the Internet about Lung Cancer between the United States and Japan)

2018年1月30日
■米Google 、Google for Jobs がラテンアメリカで提供開始

2018年1月30日、米Google は求人検索サービス「 Google for Jobs 」をラテンアメリカ諸国(アルゼンチン、ブラジル、コロンビア、メキシコ、チリ)で提供開始しました。これまではアメリカのみ対象でしたが、今回初めてアメリカ以外で提供を開始したことになります。

https://losandes.com.ar/article/view?slug=google-lanza-en-argentina-su-funcion-empleos-para-facilitar-la-busqueda-de-trabajo https://support.google.com/webmasters/answer/7388807?hl=en

2018年2月6日
■Microsoft 、Microsoft StoreでのPWAの提供に向けたロードマップを発表

2018年2月6日、MicrosoftはPWA(Progressive Web Apps)に関するプレビュー段階の技術アップデートと、Microsoft StoreでのPWAの提供に向けたロードマップを発表しました。 Microsoftは、ブラウザエンジン「EdgeHTML17.17063」を搭載する「Microsoft Edge」のプレビュービルドから、Service Workerとプッシュ通知をデフォルトで有効にしていることを明らかにしました。
EdgeHTMLベースのWebプラットフォームは、Windows 10のユニバーサルWindowsプラットフォーム(UWP)の中核部分であり、EdgeHTML17が動作するデバイスは全て、PWAの技術と特徴をフルに利用できます。更にMicrosoftは、ユーザーはWebブラウザを開くことなく、Microsoft StoreからPWA に対応したWebサービスの発見、インストール、実行までの一連の動作を可能にする予定です。一方、PWAをWebブラウザで利用する際には、ユーザーはWebサイトが提供するプッシュ通知などの機能を利用できるようになり、ユーザーはいずれかの操作を選択できます
なお、Microsoft StoreのPWA提供時期はWindows10の次期リリースと同時期になります。またMicrosoft Storeへの登録方法は以下を予定しています。
・開発者が前もってPWA対応サービスをMicrosoft Storeに提示(任意)
・Microsoft StoreがBingのWebクローラを利用して、PWAのインデックスを自動的に作成
※PWA(プログレッシブウェブアプリ)とは、Webとアプリの両方の利点を兼ね備えたインストールが不要なアプリ。不安定なネットワークでも迅速に起動し、あらゆるデバイスで起動可能。

https://blogs.windows.com/msedgedev/2018/02/06/welcoming-progressive-web-apps-edge-windows-10/

2018年2月7日
■米Google 、AMP対応記事ページに掲載する画像のサイズ要件を変更

2018年2月7日、米Google はAMP対応記事ページに掲載する画像のサイズ要件を変更しました。AMP対応記事ページとは、ニュース・ブログ・スポーツ記事などArticleをマークアップするAMPページのことを指します。

※AMP対応記事ページの画像サイズ要件の変更内容

※AMP対応記事ページの画像サイズ要件の変更内容

https://developers.google.com/search/docs/data-types/article

2018年2月13日
■AMP Project、AMP Conf 2018を開催

2018年2月13日~14日、AMP ProjectはアムステルダムでAMP Conf 2018を開催しました。
発表内容は以下の通りです。
① AMP Stories:
モバイル向けに画像、ビデオ、アニメーションを多量に含んだWebページを短いロード時間で提供できるAMP Storiesを公開
② ECサイトでのAMP利用:
ECサイトで利用できる「Date-picker(日付選択機能)」「Add to Cart(カートに入れる機能)」「Payment(支払機能)」などの新しい機能を公開
③ AdWords でのAMP利用:
ショッピング広告のカルーセルにAMPページを表示するテストを開始
④ amp-toolbox-optimizer:
オリジンサーバー(元のサーバー)からAMPページを配信しても、キャッシュと同じように高速に配信できる仕組みを公開
⑤ AMP解析:
Googleアナリティクス でAMP Client ID APIを導入し、AMPページに流入したユーザーを正確に解析可能に
⑥ WordPressのAMP対応:
WordPressのAMPプラグインが公開
⑦ EメールでのAMP利用:
GmailがAMPのサポートを発表。メール上でAMPカルーセルやAMPアコーディオンのようなAMPコンポーネントが使用可能に。またメール上でスケジュール登録、アンケートへの回答、天気予報や株価情報が更新可能に。

https://www.youtube.com/playlist?list=PLXTOW_XMsIDSl5iyPxgtEI0ts5HfBTH8c

2018年2月の総括

2018年2月の順位変動は、下旬にPC検索で非常に大きな順位変動が発生しました。またモバイル検索でも同時期に比較的大きめの順位変動が発生しています。
検索エンジンの動向では、最近問題になっている医療系キーワードでの検索結果についてヤフーが国立がん研究センター提供の情報を掲載するようになり、Google に続いてヤフーも対策を行ったことになります。
その他、PWA についてMicrosoftがロードマップを発表し、スマートフォンだけでなくPCでも対応が進んでいる状況です。またAMPもカンファレンスで様々な新しい機能などが発表され進展し続けていることが窺えます。画像サイズの要件変更の適用時期は不明ですが、要件変更に従わなかった場合はガイドライン違反として、検索結果にAMPページ が表示されなくなる恐れがあります。該当するWebサイトは新しい要件に可能な限り対応しておくことを推奨します。

2018年2月変動状況:モバイル版20位まで:人材業界

図6

2018年2月変動状況:モバイル版20位まで:旅行業界

図7

2018年2月変動状況:モバイル版20位まで:小売/通販業界

図8

2018年2月変動状況:モバイル版20位まで:不動産業界

図9

2018年2月変動状況:モバイル版20位まで:メーカー系(自動車・コスメ・家電)

図10

2018年2月変動状況:モバイル版20位まで:金融業界

図11
検索エンジン順位変動と動向(2018年1月) 2017年総括 検索エンジン順位変動と動向 検索エンジン順位変動と動向(2017年12月)

株式会社アイレップについて

アイレップは広告主のマーケティング成果を最大化するデジタルマーケティングエージェンシーです。国内圧倒的ナンバーワンのSEM領域に、データを起点とした新たな広告事業・ソリューション事業を加えることで、「ユーザーへの最適な情報流通により、国内外のクライアント企業の成果を最大化へと導くエージェンシー」の立場を確固たるものにしていきます。

株式会社アイレップ 概要
<社名>株式会社アイレップ
<所在地>東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー7F
<URL>https://www.irep.co.jp/
<代表者>紺野俊介
<設立年月>1997年11月
<資本金>5億5,064万円 (2017年9月末現在)

<事業内容>

  • 広告代理事業
  • ソリューション事業
  • ツール事業
  • その他(デジタルメディア事業等)

記事転載・引用等に関するお問い合わせ先

●株式会社アイレップ
TEL:03-3596-8050 FAX:03-3596-8145
【報道関係お問合せ先】広報担当 E-MAIL: pr@irep.co.jp
【弊社サービス内容に関するお問合せ先】 E-MAIL: contact@irep.co.jp
※アイレップは、D.A.コンソーシアムホールティングスの100%子会社です

D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社
D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社
<代表者>島田雅也
<所在地>東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー
<設立年月>2016年10月
<上場市場>東京証券取引所市場第二部(証券コード:6534)
この記事をSNSで
共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

アイレップをもっと詳しく知る

アイレップは、最新のデジタル技術と高度なマーケティング戦略を駆使し、クライアントビジネスにおける具体的なゴールを達成するパフォーマンス型のデジタルマーケティングエージェンシーです。この記事を見てアイレップに興味を持った方は、以下のコンテンツでより詳しく私たちについてご覧いただけます。

Blogその他のブログ記事