検索エンジン順位変動と動向(2015年3月)|コラム|株式会社アイレップ
コラム column

こちらのコンテンツはアイレップ運営のWebメディア「DIGIFUL(https://digiful.irep.co.jp/)」に移転しました。
今後はDIGIFULでコンテンツの更新を行います。


カテゴリー:White Paper

検索エンジン順位変動と動向(2015年3月)

検索エンジン順位変動と動向(2015年3月)

2015年4月10日
株式会社アイレップ

2015年3月の検索エンジン順位変動とその動向をまとめました。 順位変動観測指標の説明についてはこちら
図1
図2
図3

※ 移動平均:当日を含む直近10日間の変動幅平均
※ 3月6日のGoogle 順位変動は、検索結果画面もしくは順位取得システムの一時的なトラブルにより取得データ不定

業界別変動状況

各業界別順位変動状況については下記を参照

人材  旅行  小売/通販  不動産  メーカー  金融

2015年3月 検索エンジン動向

2015年3月5日 ■米Google 、モバイルフレンドリーについて詳細を発表
2015年3月5日、米Google は2015年4月21日に実施予定のモバイルフレンドリーに関する詳細な内容をオンラインセッション内で発表しました。 ・モバイル検索にだけ影響し、デスクトップPC検索には影響しない ・モバイルフレンドリーテストに合格すれば加点、不合格なら加点無し、中間評価は無し ・ページ単位で評価 https://plus.google.com/events/c689c4j45m6qu05qnhso5bau148
2015年3月11日 ■Google 、ウェブマスターツールに機能追加
2015年3月11日(現地時間)、Google は下記のウェブマスターツールの新機能を2つ発表しました。 1. 「 Fetch as Google 」にGooglebot とブラウザのレンダリング結果を比較できる機能 2. Googlebot がクロールできなかったJavaScriptやCSSなどのリソースを確認できる機能 Google は、クロールのブロックが、デスクトップPC・モバイル双方における自然検索結果の順位低下につながると明言しています。ブロックされているリソースがある場合は、今回追加された機能を活用して問題に対処する必要があります。 http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2015/03/unblocking-resources-with-webmaster.html
2015年3月16日 ■Google 、ドアウェイページ(誘導ページ)を対象にランキング調整を近日中実施
2015年3月16日(現地時間)、Google は近日中にドアウェイページ(誘導ページ)を対象としたランキングの調整を実施すると発表しました。同時にドアウェイページについての品質ガイドラインも更新しています。なお2015年3月31日時点では実施に関する公式な発表はありません。 ドアウェイページとは、特定の検索キーワードで検索結果の上位に表示されることだけを目的としたスパム的なWebサイトやページのことを指します。Google はこの調整により、ドアウェイページを大規模に使用しているサイトには大きな影響があることを示唆しています。 http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2015/03/an-update-on-doorway-pages.html
2015年3月30日 ■ヤフー、プライバシー侵害情報の削除ポリシーを公開
2015年3月30日、ヤフーはプライバシーに関する情報の削除申請ポリシーを公開しました。ヤフーが侵害を認定した場合、検索結果画面上での「リンクの非表示」「タイトル・スニペットの非表示」のいずれかが実施されます。リンク非表示措置により、Yahoo!検索とGoogle 検索結果の順位に差が生じる可能性がありますが、ごく一部の検索結果のみの影響と考えられます。 http://publicpolicy.yahoo.co.jp/2015/03/3016.html

注目度の高いトピックが続いた2015年3月の順位変動状況は、月初と中旬に大規模な変動が確認されました。2015年4月以降にはGoogle 公式発表のアルゴリズム更新によって、インパクトの大きな変動が予想されています。検索ユーザーの市場がデスクトップPCとモバイルに大きく二分化する状況に応じて、今後、市場動向を把握するためには、デスクトップPCとモバイルの個別評価による各検索結果画面の変動を確認することが重要になっていきます。

図4
図5
図6
図7
図8
図9
Google および Google ロゴは、Google LLC の商標です。
検索エンジン順位変動と動向(2015年2月)
検索エンジン順位変動と動向(2015年1月)
検索エンジン順位変動と動向(2014年12月)

株式会社アイレップについて

アイレップは広告主のマーケティングを最適化する「デジタルマーケティングエージェンシー」です。デジタル領域における、リスティング広告、運用型ディスプレイ広告、SEO(検索エンジン最適化)、SMO(ソーシャルメディア最適化)、Web 解析、LPO(ランディングページ最適化)まで、多様化する広告手法やデバイスに対応した質の高い専門サービスをワンストップで提供し、企業価値の向上に努めてまいります。
株式会社アイレップ 概要
<社名>株式会社アイレップ
<所在地>東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー7F
<URL>http://www.irep.co.jp/
<代表者>紺野俊介
<設立年月>1997年11月
<資本金>5億5,014万円 (2014年9月末現在)
<事業内容>
  • デジタルマーケティング領域
    • SEMサービス(PC/モバイル/スマートデバイス)
    • 運用型ディスプレイ広告
    • ソーシャルメディアマーケティング
    • アフィリエイトマーケティング
    • インターネット広告
  • デジタルメディア領域

記事転載・引用等に関するお問い合わせ先

●株式会社アイレップ TEL:03-3596-8050 FAX:03-3596-8145 【報道関係お問合せ先】広報担当 小泉 E-MAIL: pr@irep.co.jp 【弊社サービス内容に関するお問合せ先】 E-MAIL: contact@irep.co.jp
この記事をSNSで
共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

アイレップをもっと詳しく知る

アイレップは、最新のデジタル技術と高度なマーケティング戦略を駆使し、クライアントビジネスにおける具体的なゴールを達成するパフォーマンス型のデジタルマーケティングエージェンシーです。この記事を見てアイレップに興味を持った方は、以下のコンテンツでより詳しく私たちについてご覧いただけます。

Columnその他のコラム記事