検索エンジン順位変動と動向(2015年2月)|コラム|株式会社アイレップ
コラム column

こちらのコンテンツはアイレップ運営のWebメディア「DIGIFUL(https://digiful.irep.co.jp/)」に移転しました。
今後はDIGIFULでコンテンツの更新を行います。


カテゴリー:White Paper

検索エンジン順位変動と動向(2015年2月)

検索エンジン順位変動と動向(2015年2月)

2015年3月10日
株式会社アイレップ

2015年2月の検索エンジン順位変動とその動向をまとめました。 順位変動観測指標の説明についてはこちら
図1
図2
図3

※ 移動平均:当日を含む直近10日間の変動幅平均
※ 2月3日・4日 のYahoo!順位変動は、検索結果画面もしくは順位取得システムの一時的なトラブルにより取得データ不定

業界別変動状況

各業界別順位変動状況については下記を参照

人材  旅行  小売/通販  不動産  メーカー  金融

2015年2月 検索エンジン動向

2015年2月4日 ■TwitterとGoogleが提携合意
2015年2月4日、Twitterは、決算説明会で、Google へのデータ提供再開について合意に達したと公式発表しました。詳細についての発表はありませんでした。 Bloomberg Businessの報道によると、両社のエンジニアがプロジェクトを進めており、Google は2015年前半を目標にリアルタイムツイート検索機能を追加する予定です。 Google は2009年にTwitterと提携し、ツイートのリアルタイム検索の提供を開始しました。2011年7月2日に契約終了期限を迎えましたが、両社は契約延長で合意に達せず、リアルタイム検索も終了していました。 http://www.sem-r.com/news-2015/20150205121854.html
2015年2月6日 ■米Google 、検索順位の「微調整」実施、アップデートは否定
2015年2月6日、米Google は2月5日から6日にかけて発生した大きな順位変動についてのアップデートを否定しました。Search Engine LandがGoogle へ問い合わせたところ、「いつものように検索結果にマイナーチェンジを施しているが、現時点で発表する特定のアップデートはない」との回答でした。 http://www.sem-r.com/news-2015/20150207093046.html
2015年2月26日 ■米Google 、モバイルフレンドリーをランキングシグナルに活用すると正式発表
2015年2月26日(現地時間)、米Google はスマートフォンへの対応度(モバイルフレンドリー)をランキングシグナルとして活用することを公式ブログで発表しました。2015年4月21日より全世界、全言語に適用となる予定です。 また公式ブログ内で、スマートフォン検索結果に重大なインパクトをもたらすだろうとコメントしており、導入により大きな影響が発生する可能性を示唆しています。 http://www.sem-r.com/google-2010/20150227083655.html
2015年2月26日 ■米Google 、App Indexingをランキングシグナルの1つとして導入
2015年2月26日(現地時間)、米Google はApp Indexing(アプリインデックス)に対応したWebサイトの情報をランキングシグナルの1つとして導入すると発表しました。 App Indexingは、Webサイトのページとスマートフォンアプリの特定コンテンツとを結びつける機能で、検索結果で見つけたコンテンツを該当アプリで直接開けるようになります。「該当アプリのインストール」「Google アカウントへのログイン」「Android端末の使用」という全条件を満たすユーザーがスマートフォンで検索すると、アプリが検索結果に表示されやすくなります。なお、本変更は発表時(2015年2月26日現在)、既に導入済みです。 http://www.sem-r.com/google-2010/20150227082458.html

スマートフォンの検索結果に関連する、新しいランキングシグナルの公式発表が相次いだ先月の順位変動状況は、月初に大規模な変動を観測した後は目立った動きは少なく、2014年3月以来の数週間落ち着いた状態が続いた月でした。

図4
図5
図6
図7
図8
図9
Google および Google ロゴは、Google LLC の商標です。
検索エンジン順位変動と動向(2015年1月)
検索エンジン順位変動と動向(2014年12月)
検索エンジン順位変動と動向(2014年11月)

株式会社アイレップについて

アイレップは広告主のマーケティングを最適化する「デジタルマーケティングエージェンシー」です。デジタル領域における、リスティング広告、運用型ディスプレイ広告、SEO(検索エンジン最適化)、SMO(ソーシャルメディア最適化)、Web 解析、LPO(ランディングページ最適化)まで、多様化する広告手法やデバイスに対応した質の高い専門サービスをワンストップで提供し、企業価値の向上に努めてまいります。
株式会社アイレップ 概要
<社名>株式会社アイレップ
<所在地>東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー7F
<URL>http://www.irep.co.jp/
<代表者>紺野俊介
<設立年月>1997年11月
<資本金>5億5,014万円 (2014年9月末現在)
<事業内容>

記事転載・引用等に関するお問い合わせ先

●株式会社アイレップ TEL:03-3596-8050 FAX:03-3596-8145 【報道関係お問合せ先】広報担当 小泉 E-MAIL: pr@irep.co.jp 【弊社サービス内容に関するお問合せ先】 E-MAIL: contact@irep.co.jp
この記事をSNSで
共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

アイレップをもっと詳しく知る

アイレップは、最新のデジタル技術と高度なマーケティング戦略を駆使し、クライアントビジネスにおける具体的なゴールを達成するパフォーマンス型のデジタルマーケティングエージェンシーです。この記事を見てアイレップに興味を持った方は、以下のコンテンツでより詳しく私たちについてご覧いただけます。

Columnその他のコラム記事