検索エンジン順位変動と動向(2014年8月)|ブログ|株式会社アイレップ
コラム column
カテゴリー:White Paper

検索エンジン順位変動と動向(2014年8月)

検索エンジン順位変動と動向(2014年8月)

2014年9月10日
株式会社アイレップ

2014年8月の検索エンジン順位変動とその動向をまとめました。 順位変動観測指標の説明についてはこちら
図1
図2
図3

※ 移動平均:当日を含む直近10日間の変動幅平均

業界別変動状況

各業界別順位変動状況については下記を参照

人材  旅行  小売/通販  不動産  メーカー  金融

2014年8月 検索エンジン動向

■Google 、HTTPS暗号化サイトの検索順位優遇を発表
Google は2014年8月7日、SSL通信による暗号化に対応するWebサイトをオーガニック検索順位で優遇すると公式に発表しました。 HTTPS対応の有無で検索順位を決定する手がかり(シグナル)として採用します。すでに過去数ヶ月に渡りシグナルとして利用されており、Google は暗号化対応をランキングの材料としたことで関連性も改善したとしています。重みづけは非常に僅かなもので、全検索の1%未満にしか影響していません。 http://www.sem-r.com/google-2010/20140807152342.html
■米 Google 、HTTPS暗号化のランキングシグナル、将来は暗号化強度も考慮
米Google のJohn Mueller氏はGoogle Webmaster Central office-hoursにおいて、将来的にSSL暗号化に対応したサイトの暗号化強度のレベルを考慮する可能性があることを示唆しました。 2014年8月時点では、Google はWebサイトがhttpsまたはhttpのどちらでインデックスされているのかを基準として(非常に小さな)自然検索順位のブーストの有無を決定しています。SSL証明書の鍵に用いる暗号強度は256bitもあれば(Google が推奨する)2048bitまで多岐にわたりますが、現状、その暗号強度はランキングシグナルで考慮されていないとのことです。 しかし同氏は、将来的に暗号強度のレベル(おそらく同社推奨の2048bitが基準)で自然検索の順位上昇の有無を判断する可能性があることを示唆しています。 http://www.sem-r.com/google-2010/20140827155110.html
■米 Google 、Google Authorship 中止を発表
米 Google は2014年8月28日(現地時間)、Google Authorship の中止を発表しました。今後、自然検索結果にWebページの著者名が表示されなくなります。 2011年に導入された機能ですが、3年を経て「当初想定したほどユーザーに価値を提供することができなかった」と結論づけ、中止を決定しました。今後、Web検索でAuthorshipのタグは利用されません。 なお、本件はGoogle Authorship のWeb検索での利用中止に伴う著者名表示の終了であり、他のソーシャル関連の機能には影響はしません。 今後、Google はschema.orgなどの構造化マークアップに引き続き注力していくとしています。

※Google Authorship とは、Google+ プロフィールとWebページを関連づけて、「誰」がページの記事を作成したのかを明らかにするための機能です。Webサイト運営者は自分のWebページに指定のタグを埋め込むことにより(また一定の条件を満たしているとGoogle が判断した場合に限り)、自然検索結果の自分のWebページの横にGoogle+ プロフィールに掲載する顔写真とリンクを掲載することができました。 http://www.sem-r.com/news-2014/20140829110236.html

セキュリティに対する関心が高まる中、HTTPS暗号化のランキングシグナルに関してGoogle の公式な見解が明示されました。順位変動状況においては、大規模な変動が2回確認され、一時的に大きく市場が動いた月でした。2回目の変動は弊社観測開始(2012年11月)以降、最大規模の変動を記録しました。

図4
図5
図6
図7
図8
図9
Google および Google ロゴは、Google LLC の商標です。
検索エンジン順位変動と動向(2014年7月)
検索エンジン順位変動と動向(2014年6月)
検索エンジン順位変動と動向(2014年5月)

株式会社アイレップについて

アイレップは広告主のマーケティングを最適化する「デジタルマーケティングエージェンシー」です。デジタル領域における、リスティング広告、運用型ディスプレイ広告、SEO(検索エンジン最適化)、SMO(ソーシャルメディア最適化)、Web 解析、LPO(ランディングページ最適化)まで、多様化する広告手法やデバイスに対応した質の高い専門サービスをワンストップで提供し、企業価値の向上に努めてまいります。
株式会社アイレップ 概要
<社名>株式会社アイレップ
<所在地>東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー7F
<URL>http://www.irep.co.jp/
<代表者>紺野俊介
<設立年月>1997年11月
<資本金>5億4,914万円 (2013年9月末現在)
<事業内容>

記事転載・引用等に関するお問い合わせ先

●株式会社アイレップ TEL:03-3596-8050 FAX:03-3596-8145 【報道関係お問合せ先】広報担当 小泉 E-MAIL: pr@irep.co.jp 【弊社サービス内容に関するお問合せ先】 E-MAIL: contact@irep.co.jp
この記事をSNSで
共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

アイレップをもっと詳しく知る

アイレップは、最新のデジタル技術と高度なマーケティング戦略を駆使し、クライアントビジネスにおける具体的なゴールを達成するパフォーマンス型のデジタルマーケティングエージェンシーです。この記事を見てアイレップに興味を持った方は、以下のコンテンツでより詳しく私たちについてご覧いただけます。

Columnその他のコラム記事