検索エンジン順位変動と動向(2014年5月)|コラム|株式会社アイレップ
コラム column

こちらのコンテンツはアイレップ運営のWebメディア「DIGIFUL(https://digiful.irep.co.jp/blog/)」に移転しました。
今後はDIGIFULでコンテンツの更新を行います。


カテゴリー:White Paper

検索エンジン順位変動と動向(2014年5月)

検索エンジン順位変動と動向(2014年5月)

2014年6月10日
株式会社アイレップ

2014年5月の検索エンジン順位変動とその動向をまとめました。 順位変動観測指標の説明についてはこちら
図1
図2
図3

※ 移動平均:当日を含む直近10日間の変動幅平均 ※ 5/8の順位変動は、順位取得システムのトラブルにより取得データ不定

2014年5月 検索エンジン動向

■米Google 、「バックリンクの重要性は薄れる」今後は著者オーソリティやコンテンツ分析へ
米Google のMatt Cutts氏は2014年5月5日、ランキングアルゴリズムにおけるバックリンクの重要性は低下するかとの質問に対して、著者やエキスパートのオーソリティ(権威性)評価やコンテンツ分析技術が進化することで、次第に重要性は低下するだろうとコメントしました。 http://www.sem-r.com/google-2010/20140507002044.html
■米Google 、Google マップにナレッジグラフを表示
2014年5月15日、米Google がGoogle マップの検索結果にナレッジグラフを表示するようにしたと発表しました。 https://plus.google.com/+GoogleMaps/posts/JuYUXbtQUHi
■米Google 、モバイルに適したページ作成支援 ・ PageSpeed Insightsをアップデート
2014年5月19日(現地時間)、米Google はスマートフォン向けに最適なページ作成を支援するPageSpeed Insightsをアップデートしたことを公式ブログで発表しました。このツールはページを分析して改善項目を指摘してくれます。 http://www.sem-r.com/google-2010/20140520043444.html
■米Google 、パンダアップデート 4.0 を発表
米Google のMatt Cutts氏は 2014年5月20日(現地時間)、パンダアップデート4.0をロールアウトし、検索アルゴリズムの更新を開始したことを明らかにしました。 パンダアップデートとは、内容が薄く低品質なコンテンツが検索上位に表示されないようにするとともに、高品質なサイトが関連するキーワードで適切に上位に表示されるようにするための、コンテンツ品質評価に関連する検索アルゴリズムの一連の更新を指します。 パンダアップデート4.0により、英語検索クエリは7.5%程度が影響を受け、一般検索ユーザーが気づくかもしれない程度だと述べました。 http://www.sem-r.com/news-2014/20140521104909.html http://www.sem-r.com/news-2014/20140522060324.html
■米Google 、Payday Loan ・ アルゴリズムの更新を発表
米Google は2014年5月20日(現地時間)、Payday Loan (ペイデイローン)アルゴリズムを 5月17日(日本時間)から ロールアウトしたことを公式に発表しました。 Payday Loanアルゴリズムとは、2013年夏に実施された“pay day loans”などの(検索結果が)スパムに汚染されがちな検索クエリをターゲットとしたアルゴリズム更新です。 Payday Loanアルゴリズムにより、英語クエリでは一般ユーザーが気がつく程度でおよそ0.2%に影響があると述べました。 http://www.sem-r.com/news-2014/20140521115002.html http://www.sem-r.com/news-2014/20140522060217.html
Google 公式発表を伴う大規模な順位変動が確認された月でした。特に、Payday Loanアルゴリズムやパンダアップデート4.0と思われる変動は、通常観測される大規模変動と比較して1.3~1.5倍程度の大きな変動幅を観測しました。例年、この時期に開催されるカンファレンス前後に複数のアルゴリズム更新が実施され、それが要因と推定される大きな変動が確認されています。Google の公式動向に注視することも重要です。
Google および Google ロゴは、Google LLC の商標です。

株式会社アイレップについて

アイレップは広告主のマーケティングを最適化する「デジタルマーケティングエージェンシー」です。デジタル領域における、リスティング広告、運用型ディスプレイ広告、SEO(検索エンジン最適化)、SMO(ソーシャルメディア最適化)、Web 解析、LPO(ランディングページ最適化)まで、多様化する広告手法やデバイスに対応した質の高い専門サービスをワンストップで提供し、企業価値の向上に努めてまいります。
株式会社アイレップ 概要
<社名>株式会社アイレップ
<所在地>東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー7F
<URL>http://www.irep.co.jp/
<代表者>紺野俊介
<設立年月>1997年11月
<資本金>5億4,914万円 (2013年9月末現在)
<事業内容>

記事転載・引用等に関するお問い合わせ先

●株式会社アイレップ TEL:03-3596-8050 FAX:03-3596-8145 【報道関係お問合せ先】広報担当 小泉 E-MAIL: pr@irep.co.jp 【弊社サービス内容に関するお問合せ先】 E-MAIL: contact@irep.co.jp
この記事をSNSで
共有しませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

アイレップをもっと詳しく知る

アイレップは、最新のデジタル技術と高度なマーケティング戦略を駆使し、クライアントビジネスにおける具体的なゴールを達成するパフォーマンス型のデジタルマーケティングエージェンシーです。この記事を見てアイレップに興味を持った方は、以下のコンテンツでより詳しく私たちについてご覧いただけます。

Columnその他のコラム記事