BtoC商材におけるLINE公式アカウント活用の最適化 Case Study
カテゴリー:フルファネルマーケティング施策

課題

既存顧客に対するメルマガの効果が低下してきており、新しいコミュニケーションの方法を取り入れる必要があったことからLINEの活用を始めた。しかし、LINE公式アカウントの運用方法の最適化ができずROAS約200%、CPA約3,000円と状況が悪化してきていた。

解決策

  • (LINEの)Messaging API※1でのセグメント配信を導入し、購入見込みの高いユーザーに絞ってメッセージ配信を実施
  • セグメント配信を活用したABテストにより、勝ちパターンの導出に向けたPDCAサイクルを実現
  • LINE Ads Platform※2での集客から、Messaging API配信を用いたロイヤルカスタマーの育成までをトータルプランニング
LINEによるフルファネルアプローチ

成果

配信方法を変更、6ヶ月の運用を経て投資費用の最適化および顧客単価の引き上げに成功

  • ROAS130%増
  • CPA46%減
  • 顧客単価20%増
※1 LINE公式アカウントの各種機能を企業向けにAPIで提供し、カスタマイズして活用できるサービス。一方通行のメッセージ配信だけでなく、特定のLINEユーザーに対してより最適化されたメッセージを送り分けすることが可能。
※2 LINEおよびLINE関連サービスを対象とした広告配信プラットフォーム。LINE上のユーザー属性・興味関心分野の推計情報を活用した広告配信が可能。

Case Study関連するケーススタディ