アイレップ公式サイト

Googleアドワーズ広告

Googleアドワーズ広告とは

Googleアドワーズ広告は、検索やサイトの閲覧時など、ユーザー購買行動や興味・関心に応じて広告を配信できる、広告プラットフォームです。
Googleアドワーズ広告には、主な広告として「キーワードターゲット」と「ディスプレイネットワーク」があります。テキスト、イメージ、動画、スマートフォン、モバイル(従来型携帯電話)、タブレット端末等の複数デバイスなど、さまざまなフォーマット・デバイスに対応した広告配信を選択することができます。

Googleアドワーズ広告キーワードターゲット

Googleアドワーズ広告 キーワードターゲットは、Googleの検索結果等の掲載パートナーサイトの検索結果に、検索キーワードに連動して掲載される検索連動型広告です。料金は広告がクリックされた場合のみ発生するクリック課金型です。広告の掲載順位は、入札価格と品質スコア(=広告の品質、クリック率などをもとに決定)で決定されます。

検索結果

Googleディスプレイネットワークとは

Googleディスプレイネットワークには、Webサイトのコンテンツに連動した広告が配信される「コンテンツターゲット」、ユーザーの行動をターゲティングして広告を配信する「インタレストベース広告」があります。

Googleアドワーズ広告 コンテンツターゲット

「Googleアドワーズ広告 コンテンツターゲット」は、Googleのテクノロジーを用いて、Googleのコンテンツネットワーク内のWebサイトのテーマを解析し、サイトを指定しなくとも、関連するサイトに対し自動的に広告が配信されるコンテンツ連動型広告です。またコンテンツターゲットには、「プレースメントターゲット」という配信手法があり、広告主が広告の目的に合わせて、配信先をピンポイントに指定することも可能です。課金方式は広告クリックごとの課金の他、インプレッション課金方式(CPM:1000回表示ごとの上限価格を設定)があります。

Googleアドワーズ広告 インタレストベース広告

Google アドワーズ広告における「インタレストベース広告」には、ターゲティング方法として、「リマーケティング機能」と「インタレストカテゴリ」があります。リマーケティング機能は、過去にWebサイトを訪れたユーザーに対し、閲覧履歴をもとに「広告の表示」or「広告の非表示」を選択できる機能です。Webサイトのページごとにタグを埋め込むことで、ユーザーがそのページを閲覧したことがあるかをCookie情報をもとに判断し、広告の配信を行います。インタレストカテゴリは、ユーザが訪れたディスプレイネットワーク上のサイトコンテンツや同じカテゴリのサイトへのアクセス頻度などのデータを元に、ユーザーの興味や属性を分析し、そのカテゴリに基づいて広告を配信することが可能です。

Googleとのパートナーシップ

google partner

アイレップは、Google認定パートナー制度の開始初期(2010年5月)より、認定パートナーの一員として検索連動型広告をはじめとしたリスティング広告サービスを提供してまいます。「Google認定パートナー」に認定された企業は、「Google AdWords 認定資格プログラム」の学習カリキュラムを社内のトレーニングに活用し、Googleアドワーズ広告の運用に際し、広告主様へ十分な知識とノウハウを持ちクオリティーの高いサービスを提供することが可能です。また、アイレップはGoogleアドワーズ広告における最新知識と実践的なスキルを証明する「Google AdWords認定資格プログラム」の資格取得を強化し、日本で最大級の資格取得コンサルタントが所属するGoogle認定パートナー企業となっています。(合格者192名、2016年7月時点)(※1)

※2016年7月時点で、Google認定パートナー各企業ページ記載の認定資格を取得している社員数

Google women will

アイレップは、Google women willのサポーター企業です。

サービスに関するお問い合わせ

お気軽にお問合わせください。
03-3596-8050
リスティング広告、SEOなどのデジタル
マーケティングについて無料相談、随時受付中!
サービスに関するお問い合わせ