検索エンジンマーケティング業界の10大ニュース

アイレップSEM総合研究所では、毎年、業界に大きなインパクトを与えた様々な検索エンジンマーケティング(SEM)にまつわるニュースの中から、特に話題を集めたニュースを選定し、10大ニュースとして発表をしています。選定にあたり、日本のSEOの第一人者である株式会社アイレップ SEM総合研究所 所長 渡辺隆広を中心に討議を重ね、デジタルマーケティング領域専門企業アイレップならではの視点で、特に影響度の高いものをセレクトしています。

2016年の検索エンジンマーケティング業界の10大ニュースは下記の通りです。

2016年の検索エンジンマーケティング業界の10大ニュース

  1. 1検索各社、自然検索結果右側の広告を廃止
  2. 1Google 、モバイルファーストインデックスを発表
  3. 1Google 、モバイルフレンドリーの強化
  4. 1偽ニュース判定の課題
  5. 1医療・健康情報と検索エンジンの課題
  6. 1検索広告のフォーマット変更
  7. 1「来店コンバージョン」測定機能
  8. 1Google Assistant のリリース
  9. 1ビューアビリティー元年
  10. 1Google アナリティクス 360 スイートの展開

詳細はプレスリリースをご覧ください。

過去のプレスリリース

■株式会社アイレップ SEM総合研究所 所長 渡辺隆広

日本のSEO黎明期である1997年よりSEOサービスを開始。2002年に会社設立(株式会社イー・プロモート)後、2005年4月より株式会社アイレップにてSEM総合研究所 所長を務める。アイレップのSEOサービスを監修する他、日米欧の検索業界の市場調査、サーチマーケティング関連のソリューション開発、検索エンジン企業等への事業展開アドバイスなども行う。SEO分野での第一人者として多くの執筆・講演活動で活躍中。主な著書に「検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書」(翔泳社刊)等。また、専門誌・サイトで多数の連載記事を担当し、その高い専門性で人気を博している。

■株式会社アイレップ SEM総合研究所について

アイレップはSEM(検索エンジンマーケティング)を主軸とし、リスティング広告、SEO、Web解析、LPO(ランディングページ最適化)まで、SEM 関連の専門サービスをワンストップで提供しております。SEM総合研究所は、アイレップが2004年6月1日に検索エンジンマーケティングに関する専門的 な研究を手がけるシンクタンクとして設立した研究所です。日本最先端のSEMのノウハウ・情報を有するアイレップは、今後も有益な最新情報を継続的に提供 して参ります。