アイレップ公式サイト

社長インタビュー

お客様ときちんと向き合いたい人が働く会社

アイレップをどんな会社にしたいか。核としているのは「お客様ときちんと向き合いたい人が働く会社にしたい」という考え方です。企業理念であるIREP WAYにも「お客様側にたつ」という考え方が記されています。

では、私たちインターネットマーケティング会社にとって「お客様側にたつとは何か?」と問われると、「お客様以上にお客様の成功を考え、投資効果の高いマーケティングソリューションを提供する」「お客様と、その先にいるユーザ、双方の視点を持つ」の2つだとお答えしています。

マーケティング会社は、お客様との関係においてジレンマを感じるケースがあります。それは、お客様に対して投資効果を考え、より適切な手法をご提案する一方、自社の売上目標達成のために、できるだけ多くのサービスをご利用いただきたいという側面を併せ持つためです。

当社では売上を増やすためにお客様の成功に繋がる可能性が低いサービスを提供することを良しとせず、お客様に喜んで対価をお支払いいただけるサービスを提案する文化が自然と根付いています。それはお客様にご満足いただき、長期的な信頼関係ならびにWin-Winの関係を築き上げることで、後から自社の売上がついてくるという考えによるものです。

また、お客様に真の意味で満足いただくためには、お客様のニーズはもとより、その先にいるユーザ、いわば“お客様のお客様”のニーズを捉えたご提案が必要不可欠です。当社はマーケティングを通じて、情報流通の最適化に貢献する。そのために、お客様とその先にいるユーザ双方に喜んでいただくための仕組みを作り、提供する。これこそがアイレップの原点であり、今後も目指す方向性です。

“今”や“未来”と向き合い、変化に適応できる会社

もう一つ大切にしているのは、「市場の変化に適応できる会社であり続けたい」という考え方。変化を受容し、柔軟に対応することを社員一人ひとりに対して求めています。

この業界は技術進化が目まぐるしく、お客様に提供するサービスも変化し続けています。常に“今”や“未来”と向き合う必要がある業界と言えるでしょう。

注意しなければならないのは、組織や社員が過去の実績や経験に縛られて変化できないことです。役職に就いたからといって現状に甘んじ、既得権を守ることに固執してしまうことは避けるべきでしょうし、既存の役職者が会社の成長についていけないのであれば、対応できる人間がそのポジションに就くべきと考えています。もちろん、社長の私も例外ではありません。今後もアイレップが変化に適応できる会社であるためにも、「適切な人材が適切なポジションに就く」という考えを実行できる組織であるべきと考えています。

求めているのは高いレベルでバランスが取れている方

当社が求める人材像についても触れておきましょう。専門家集団というイメージからか、採用基準としてSEMの専門技術を有している必要があると思われる方が多くいらっしゃいます。

言うまでもなく、専門技術を有しているに越したことはありません。しかし、そのような人材はあまりにも稀な存在です。SEM業界は立ち上がって間もない業界です。経験者を中心に採用を進めていきたい考えもありますが、数少ない経験者を採用しようとすると、会社の成長に合わせた採用活動ができないというのが正直なところです。ですから過去採用してきた方も業界未経験者が8割以上を占めており、入社後に技術を習得しています。

ではSEMの専門技術でなければ、どういった能力を有する人材を求めているのか。それは、複数の能力を高いレベルでバランス良く有する人材です。確かに技術は大切です。ただ、私たちは自己満足の技術屋ではなく、技術を活かしてお客様に価値を提供するマーケッターです。ですから技術だけではなく、次に挙げる能力をバランスよく保有している方とお会いしたいと考えています。

<ロジカルに物事を考えて、その考えとともに行動に移せる人>
よく言われる、「走る前に考える人」と「まず、走り出す人」。どちらがよいのかという回答ではなくて、言うなれば両方できる人。極めてスピードの速い業界なので、この両立が大切だと考えています。

<何事にも興味を持ち、情報のアンテナを高く持てる人>
前述の通り、私たちはサーチ領域のテクニックのみを提供している会社ではありません。提供しているのはサーチを介してのマーケティングソリューション。情報のアンテナを高く持ち、お客様のビジネスに興味を持つ人でないとマーケッターは務まりません。情報を貪欲に求めている方、言うなれば知的好奇心の強い方に向いている仕事ではないでしょうか。

<変化を楽しむ人>
アイレップは、まだでき上がっていない会社です。未整備である環境だからこそ、変化させる側に回るという気概を持てる人。もしくは、そういう変化を享受しながら自分が成長していける人と一緒に仕事をしていきたいですね。

新しい形の“検索”の登場 そして、新しいマーケットの誕生

この先、既存のSEMマーケットが成長するだけではなく、新たなSEM関連のマーケットが誕生すると考えています。今後予見されること。それは新しい形の“検索”の登場です。

一部の家電製品は現在もインターネットと繋がっていますが、近い将来、家電製品とインターネットの融合はさらに広がっていくことが想定されます。デジタルツールは人の生活を便利にし、そのことにより、ユーザは新しいデジタルツールを活用し始め、そこにユーザの集合する“場”が生まれるでしょう。そして、企業はその“場”に集まったユーザへアプローチをしたいと考えます。

今まではパソコンやケータイで検索をしていたのが、他のデジタル家電でも“探す”行為がなされる可能性が十分あります。新しい形の“検索”が登場したとしても、現在のSEMで培った私たちの専門スキルが必要とされる領域は、まだまだ広がっていくでしょう。マーケットの拡大・変化を恐れる事なく、むしろその変化を楽しむくらいの気概を持って、お客様やマーケットのニーズに適応していきたいですね。

今後の方針 ~お客様や提供するサービスに真摯に向き合い続ける~

当社の所属するインターネット広告業界は変化のスピードが速いため、その変化を予測しつつ、迅速に適応していく必要があります。その一方で、企業理念や経営方針といった当社の軸となる部分については、不況だからと言ってむやみに変えることは考えていません。

景気の低迷により、お客様の一部に広告費削減の動きが見られるのは事実ですが、費用対効果が見えやすいインターネット広告は、今後より一層必要とされるマーケティング手法であり、まだまだマーケットは大きくなると見込んでいます。当社の方針は、今後も変わらずサービスレベルの向上に努め、お客様のことを真剣に考えていくこと。そして、SEMだけではなく、Webマーケティング全般に関わるお客様の課題にお応えできるように取り組んでいくことだと考えています。

そのための大きな一歩となったのが、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社との業務・資本提携でしょう。この提携により、SEM専業会社から、総合的な提案を行う“デジタルマーケティングエージェンシー”へと展開していきます。今後はアフィリエイト広告、クリエイティブ領域、そしてモバイル領域等での提携を進め、広告周辺領域全般に対しての課題に向き合うことができる体制を築いていきます。

今後も、これまでと同様「お客様側にたつ」という考えを中心に据え、お客様や提供するサービスに真摯に向き合いながら、事業を発展させていきたいと考えています。

プロフィール

代表取締役社長CEO 紺野 俊介

大手外資系企業を退職後、当時社員が20名規模のアイレップに、一営業として入社。
一心不乱に仕事に打ち込み、業界でも著名なコンサルタントとして名を轟かせるようになる。リスティング広告の登場とともにコンサルティング体制の必要性を感じ、社内の構造改革に着手。コンサルティング力に定評がある現在のアイレップを作り、社長まで駆け上がった。自身の価値観、求める人材像、そして会社の展望を語る。